ベンチャー企業で長期インターンってどうなの?気になるメリットやデメリットは?

Rene
こんにちは!行動力がとんでもないといろんな人からお墨付きのReneです!

今回はベンチャー企業の長期インターンについてお伝えしていきたいと思います!

突然ですが、皆さんは

「ベンチャー企業のインターンに応募したいけどどのサイトで探せばいいのか分からない…」
「本当にお給料もらえるのかな…?」

などと思ったことはありませんか?

確かにベンチャーと聞くと、不安定なイメージを持ってしまいますよね。

ですが安心してください。この記事を読めばメリットやデメリットが分かり、不安な気持ちがなくなります。また、どのようにすれば実際にベンチャー企業でインターンができるのかも分かります。

この記事はスキルがない状態で仕事を取ってきた私が書いているので、読み終わった頃にはすべきことが明確になっているでしょう。

サクッと読めてしまいますので、ぜひ読んでみてくださいね。

ベンチャーで長期インターンをするメリット

ベンチャーでの長期インターンは、メリットが大きく分けて以下の3つがあります。

個人の裁量が大きい
自由度が高い
就活で経験値をアピールできる

いざベンチャーでインターンをしたい!と思っても、イメージが漠然としていると不安になってしまいますよね。
物事を決断するときに、慎重になりすぎてしまうタイプだと尚更心配になってしまうのではないでしょうか。

自分にとってのメリットやデメリットが分からないと行動ができないと思います。
そんな方のために、まずはメリットから解説させていただきますので是非読んでみてください!

個人の裁量が大きい

ベンチャー企業と大企業のそもそもの違いとしてあげられるのが社員数。
人数が少ないからベンチャー企業、人数が多いから大企業、と決まってるわけではありません。

しかし、大企業は人数が多いので一人一人の裁量が小さくなってしまいます

ベンチャー企業は人数も少なく、相対的に仕事も増えるので、自分の裁量を発揮したい人にとっては最高の環境になるでしょう。

自由度が高い

ベンチャー企業でのメリットとして、まず自由度の高さがあげられます。これを語らずしてベンチャーを語るなかれというくらいです。

大企業と違って、上下関係があまりありません。
経営者との距離も大企業とは比べものにならないほど近く、直接アドバイスをいただける機会も多いです。

確認を取らないといけない相手も必然的に減りますので、企画やプロジェクトがサクサクと進みます。

大企業では取いろんな上司に確認を取らないといけないので縛られるのが嫌だ!という人にはうってつけでしょう。

また、アイディアが採用されやすいのもベンチャー企業の特徴だと言えます。
ベンチャー企業では年齢はあまり関係なく、能力ファーストなので良いアイディアを出せば採用して貰えることが多いです。

就活で経験値をアピールできる

ベンチャー企業で長期インターンをするメリットとして次にあげられのが、就活で経験値をアピールできるということです。

ベンチャー企業では、すぐにお仕事を任せてもらえるので、実際の業務を通してスキルアップができる上に、ビジネススキルまで身につきます。

また、社会人と同様の扱いを受けることにより社会の厳しさを肌身に感じとることができます。タスク管理や報連相がしっかりできないと、相手からの信用を損ないます。それにより自ずと責任感が湧いてきて、自分自身の経験値になることを期待できます。

面接を受ける際も、自分の実績をアピールしたり、将来のビジョンについて熱く語ったりすることができて、学生時代をバイトやサークルだけに費やしてきた人とは一線を画すことができるでしょう。

もしインターン先の業界や会社があわなくても1度身につけたスキルは一生モノになり、他の分野で応用することができるので損になりません。
むしろ違う分野や環境で学んだことというのは、斬新な発想に繋がることがあるため重宝される可能性があります。

ベンチャーで長期インターンをするデメリット

次はベンチャーで長期インターンをするデメリットを3つほど紹介させていただきます。

学業との両立が困難
責任感に押し潰される
周囲の人を見下してしまう

ベンチャー企業で長期インターンをするメリットについて知り、絶対ベンチャー企業でインターンをする!と決めてしまった人もいるのではないでしょうか。

しかし何事も表裏一体。
一般的にメリットだと言われることが、もしかしたらあなたにとってはデメリットかもしれません。デメリットを踏まえて、その上で検討してくださいね。

学業との両立が困難

お仕事をしながら学業もこなす…誰もが憧れる大学生の姿なのではないでしょうか。
しかし現実は厳しいです。

長期インターンとなると週3日以上のものがほとんどです。週3日以上働いた方がスキルアップを望めますが、どうしても厳しいという人は週に1日か2日でも働けるベンチャー企業を探しましょう。

また、どうしても週3で働きたいんだ…!って人は大学を変えるか、休学することをオススメします。大学を休むという大きな決断をすることで行動に責任が持てますし、何より仕事に集中できます

インターンをしている学生で休学している人は意外といるので、1度検討してみてはいかがでしょうか。(実際の体験談はこちら)

責任感に押し潰される

ベンチャー企業では様々な仕事を任せてもらえますが、その反面求められている能力が高いです。

働きながらどんどんスキルアップしていくのがベンチャー企業でのインターンの基本です。
業務内容は結構きついと思います。新しい挑戦をどんどんすることになるので。

かと言って仕事を放り出すわけにもいかないので重圧感や責任感に押し潰されそうになることもあります。

そんなときに「できない」とか「無理です」とか責任感のないことを言ってしまうとお仕事がもらえなくなりますし、体調を崩して出社できなくなる、ということがあると辞めさせられてしまいます。人件費が勿体ないですし。

分からないことやできないことを相手に伝えるのも大切ですが、心構えをしてから望んだほうが良いでしょう。

周囲の人を見下してしまう

他人を見下す

大学1年生や2年生など、早いうちからインターンをしている人に特にありがちです。

自分が将来のために必要だと判断してインターンをしているだけにも関わらず、なんだかすごいことをやっているような気になってしまって、周りの人を「ひまそうだな〜」とか「人生つまんなさそうだな〜」とかって見下すようになるんです。

これは非常に危ないです。
今の自分にとって必要なものは人それぞれ違います。
たとえば、お医者さんは白衣を着るのが一般的とされていますね。あれはお医者さんが必要だと思っているから着ているのです。もしあなたがお医者さんに、「なんで君は白衣着てないの?」ってバカにされたらどう思いますか?
なに言ってるんだ、自分には必要ないから着るわけないって思うはずです。
大袈裟と思うかもしれないけどそういうことです。

他人と自分を比べていたらきりがありません。そのうち自分より若くて仕事ができる人と比べるようになって辛くなるだけです。

周りを下げるのではなく、自分を上げましょう。日々自分のことを見つめ直して淡々とやるべきことをやっていれば、半年も経たずに見違えるように変わります。

他者へのリスペクトを持ちましょう。

長期インターンを行っているベンチャーを探す方法

ベンチャーでインターンをするメリットやデメリットについてお分かりいただけたのではないでしょうか。

しかしデメリットも踏まえた上で、いざベンチャーでインターンをしたい!と思っても、どうやって探せばいいのか分からない人もいるでしょう。

ここでは実際に長期インターンを行っているベンチャーを探す方法についてお伝えします。

Twitterで隠れた優良ベンチャー企業を発掘する

びっくりしました?
実はこれ、結構チャンスあるんです。

私はツイッターをフル活用して皆さんが普段活用しているサイトの社長にお話を聞きに行ったことがありますし、そもそも面接の知恵袋のライターとしてのお仕事もツイッターで見つけてきました。

やり方を簡単に説明させていただくと、興味ある分野(今回ならベンチャー)で活躍なさってる方のツイッターをフォローしてリプやDMを送るだけです。
タダで大した手間もかからないのでかなりオススメです。

ちなみに絡み方にはコツがあります。
すごい人のツイッターって大きく2つに分けられています。
1つは真面目なツイートが多い(botみたいな)アカウントで、もう1つはネタっぽいツイートが多いアカウントです。

まず、自己啓発系のアカウントありますよね?
わかりにくいと思うので具体例をあげさせてもらいますね。
たとえばマナブさん。有名なのでご存知の方も多いと思います。

元のツイートはこちら

ひたすらノウハウだけツイートしてるような。ああいう人には、その人のツイートをみてどんな風に行動を変えたのかとか、その人がオススメしている本を読んでどんなことを学んだのかとかをIDをつけてツイートするといいです。

普通、仲良くなるときってお互いの趣味や出身地の話から入りますよね。
しかし意識が高くて実績を出している人は時間を無駄にすることを嫌います。
当然ですよね。彼らの時給は何万円という単位ですし、時間は戻ってきません。
なのでリプやDMでのだる絡みは避けておきましょう

彼らは企画を行うことが多いです。
最近だと「返済不要な5万円を3ヶ月配布する」というものです。

こういう企画をきっかけに自分のビジョンややりたいことを語るのも効果が期待できます。
5万円自体はもらえなくても、お金では買えないようなアドバイスをいただける可能性があります。リスクもないんだし、やってみるだけやってみてはいかがでしょうか。

次は、有名で結果も出してるけど面白いツイート多めのアカウントについて解説していきます。

このようなアカウントに対してはツイートに対して面白いリプを送ったり、DMで軽く自己紹介をしたりして自分がどんなことで悩んでるのか相談してみるといいでしょう。

こういう人はご飯いきませんかツイートをしていることが多いです。

(元のツイートはこちら)

フォロワーがたくさんいる人にコンタクトを取るとなると
「いきなりご飯なんて無理だよ!」
「なに話せばいいかわからない…!」

って思うかもしれませんが、意外といけます。人との関わりを大切にするツイッタラーは基本的にコミュ力が高いです。一生懸命話してたら何とか意図を汲み取ってくれます。
自分が知らない分野のお仕事を教えてもらえたり、お仕事をいただけることもあります

私はいつも事前に質問をまとめてから行ってますが、これは本当にオススメです。
問題点を明確にすることによって聞かれた方も答えやすくなりますし、的確なアドバイスをいただける確率が上がります。たかがご飯でも、有意義にするかどうかはあなた次第です。

そして、聞いたことは全てメモりましょう。人間は意外と忘れますからね。

たまにTwitterで新卒の募集をかけている場合もあります。麻生さんは、質問箱を運営している「ジラフ」という会社の社長さんです。内定直結イベントを開催していますね。

気になった方はTwitterをフォローしてDMを送ってみることをオススメします。とても気さくな方です。

やはりTwitterを活用すると、世界が広がります。効率的に使っていきましょう。

インターンサイトを使う

2つ目は、インターンサイトを使う方法についてお伝えします。
これもオススメな方法のうちの1つです。
なぜなら、インターンサイトでは業種や時給などを詳しく指定できるからです。

学生向けのインターンサイトといえば、Wantedly、キャリアバイト、InfrAなどが有名どころとしてあげられます。(詳しくはこちら)

Wantedlyはインターン初心者にオススメです。というのも、本気度を「今すぐ働きたい」「まずは話だけ聞きたい」「少し興味がある」の3段階から選べて、気軽に社員さんにお話を伺うことができます。

InfrAは希望業種が決まっている人にオススメです。なぜなら、採用祝い金が5000円だからです。5000円、結構大きくないですか?
採用が決まったプチ祝いに使うのもいいし、新生活に向けて貯金するのもいいでしょう。
会社にあまり拘りがない人にはもってこいのサイトです。

ちなみに、JEEKというインターンサイトも、採用が決まると勉強支度金としてAmazonギフト券3000円分を支給しています。

また、中には「そもそもどの職業が合うのかわからないよ〜!」って悩んでいる方もいらっしゃいますよね。
そんな方にはキャリアバイトをオススメします。
なぜなら、キャリアバイトではスキルテストで適正職業を調べることができるからです。(詳しくはこちら)
全て有給インターンとなっているので、どの業種を選ぼうが全てお給料が出ます。
ベンチャー企業だと短期で無給なケースが多いので、自分のやりたいことが定まっていない人はキャリアバイトで探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまでの記事を読んでみて、どう思いましたか?
ベンチャー企業での長期インターンは、人によって向き不向きが分かれると思います。
向上心があって、スキルアップを本気で考えている人にとっては充実すること間違いなしです。

何もベンチャー企業でのインターンが全てではありませんし、大企業の方が自分にあっている可能性もあります。

しかし、やらないで後悔するよりはやって後悔したほうがいいと思います。
どうせ失敗しても誰にも怒られないのだから、うだうだ悩む前にやりたいことはどんどんやってしまいましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします