就活に疲れてしまった!そんなあなたに届ける3つの対策法

就活に疲れたと感じることは、誰にでもあります。

就活中に選考に落ちたり、忙しい生活を送っていたりすると、気持ちも体力も疲れますよね。

内定が決まらない日々が続いてしまうと、「このまま内定取れないないのでは?」などと、焦りからくる気疲れもあることでしょう。

そんな就活の際に感じる「疲れ」というのは、元をたどると就活が上手くいっていないことが理由かもしれません。

内定が取れていると、実際に感じる気疲れが大きく軽減し、他の面接なども上手くいく可能性があります。

つまり就活の疲れの元凶は、内定が取れていないことにあるのです。

就活に疲れている現状を分析し、改善を図ることで、内定をゲットし疲れの根本原因を解決できる可能性が高いのです。

この記事では、就活に疲れる時のいくつかのパターンと、就活に疲れた際にできることを解説します。

そんなこと当たり前だ!と思う内容もあるかもしれませんが、就活に疲れた今だからこそ、自分自身の就活パターンを見直してみるのをおススメします。

この記事で分かること

[aside type=”boader”]
  • 就活に疲れるパターンの分析
  • 疲れた際にするべき行動
  • 就活を続けるためにすべきこと
[/aside]

就活が疲れる時ってどんな時?

最初に就活が疲れると感じるパターンを見てみましょう。

就活に疲れていると、「何となく疲れている」と感じることがあることでしょう。

そのような時は、自分が何に疲れているのかを整理してみると、次の行動を起こす時のヒントが見つかる可能性があります。

就活をしていて、よくある疲れを感じる状況ごとに分析をしてみましょう。

本命の選考に落ちた時

多くの方が疲れを感じるのは、まさに本命の選考に落ちたという理由でしょう。

本命の選考であれば、他の選考よりも気合を入れて臨むものですが、本命の選考で落ちてしまうとつらく感じます。

選考の前には、エントリーシートや履歴書を書き、面接の練習を行います。

第一志望の企業の前には、念入りに練習をするでしょう。

選考に落ちてしまうと、これまでの努力が無駄だったのではと感じてしまい疲れてしまうのです。

内定が決まらない時

内定が決まらないことも、自分に疲れを感じさせる大きな要因です。

何回もエントリーシートを提出し、面接に行っているのに、内定が決まらないというのは、非常にストレスになります。

1回、2回ならまだしも、何十回と面接に行っていると、「今回もダメなんじゃないか。。」と思ってしまいます。

実際に選考に行くので、体力的にも疲れますし、それよりも内定が決まらないことからの気疲れや焦りがストレスとなるのです。

内定が全然決まらない状態も、就活中に疲れを感じさせる要因です。

友達と比較をした時

友達と比較をして、自分の就活が上手くいっていないと感じる時も、疲れを感じさせます。

自分には内定の通知が来ていないのに、友達は内定をもらっている場合、友達に会うだけでも、ネガティブな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

自分では比較をしていないつもりでも、就活の話になるとどこかで比較をしてしまって、疲れを感じさせることもあります。

比較をすることは、就活に疲れを感じさせる大きな要因となるのです。

就活に疲れた時にできること

就活に疲れを感じている場合にできる、2つのことを見ていきましょう。疲れで頭がいっぱいになっている今だからこそ、2つの点を再考してみるのをおすすめします。

業種を絞らずに企業を探す

最初におすすめしたいのは、業種を絞らずに企業を探すということです。

もしかすると、今まで就活で成功できなかったのは、業界研究の方法が良くなかったからかもしれません。

就活では、相性が良い企業を探すこともポイントとなります。

企業との相性が良くなければ、入社してからもストレスを抱えながら仕事をすることになりかねません。

もしかすると、他の業種の中にも、自分の性格に合った仕事を行う企業を探せる可能性もあるのです。

もう一度、今まで選んでこなかった業種の中から企業を探すことも、内定率を向上させるカギになるでしょう。

どんな仕事をしたいのかイメージする

別の方法は、どんな仕事をしたいのかイメージすることです。

仕事をイメージすることと、就活と関係があるのか?と感じるかもしれません。

でも、具体的に仕事をしているイメージをするのは、就活にプラスになるでしょう。

例えば、朝に出勤をして志望する企業の中で働いているイメージをすると、ぜひこの企業で働きたいと、熱意を高めることができます。

もし面接の時に、面接官に熱意が伝わると、自分の印象を高めることができます。

新卒の面接では、能力の面では就活生にほとんど差がないこともあるでしょう。

つまり、仕事をしているイメージをすると合否を分けるポイントになる可能性も高くなるのです。
また、実際に働いているイメージをすると、志望企業のことをさらに調べることも行えます。

具体的に働いていると、どんな仕事をしているのか、詳細な情報を調査する必要があるからです。

十分に志望企業の研究をするためにも、仕事をしているイメージをするのは大切です。

就活を続けるためにしておいた方が良いこと

就活に疲れている現状でも、就活を続けるためにできるポイントをご紹介します。

きっと今までも、工夫をしてこられたと思いますが、さらに効果的に就活するためのメソッドを解説しましょう。

再度自己分析する

最初にできるのは、自己分析を見直すことです。

あらためて自己分析をし直してみると、今までは気が付かなかった一面を知ることができるかもしれません。

本当にしたい仕事が、別の企業に見つかるということもあるのです。

いくつもの面接を受けて、結果として内定が決まっていないなら、もう一度自己分析をしてみましょう。

中小企業は数も多いので、内定を早く出すケースも多いくなっています。

早い段階から、中小企業も選択肢に含めて自己分析してみると良いでしょう。

自分自身を再度見直すことで、相性が良い企業を見つける近道になるからです。

面接を見直す

面接を見直すことも、内定を早くゲットするためにできることです。

例えば、今までの面接では何かを成し遂げたことをアピールしてきたかもしれません。

でも企業が知りたいのは、「他の人をどのように関わってきたのか」や「人を巻き込んで行動したポイント」などです。

自分が志望企業の中で、どのように人と関わって活躍できるのかを面接官は知りたいのです。

面接官に良い印象を持ってもらえるように、話を掘り下げてもらいたい内容を考えておき、聞いて欲しい部分を重点して話せるように準備しておきましょう。

就活イベントに参加する

就活イベントに参加するのも、1つの方法となります。

就職説明会などでは、企業で説明会が開かれたり、学内で複数の企業が集まって同時に説明会を開催することもあります。

説明会では、複数の企業の説明を、1つのイベントで聞くことができるのが特徴です。

様々な企業の担当者と出会うことができ、多くの企業に出会えるチャンス。

インターンシップも、企業で実際に働くという職業体験の1つです。

インターンシップの前には、選考がありますが、実際に働いてみることで、就活に活かせる経験ができるでしょう。

様々な形態の就活イベントに参加してみることで、企業のことや業界のことをさらに知ることができます。

また就活イベントに参加しているかどうかが、選考の1つとなっている企業もあるので、良いアピールともなります

疲れた人におすすめの就活支援サービス

もし就活に疲れてしまっているなら、就活支援サービスを利用することを検討してみてください。

自分に合った企業を見つけるためにも、就活支援サービスは大きな助けとなります。

例えば、JobSpringは就活生が自分に合った企業で内定をもらえるように、サポートしてくれるのが特徴です。

せっかく内定をもらって働き始めても、「仕事がしんどくて疲れる」というのは、残念な結果ですよね。

その点、JobSpringは入社後の活躍も考えてサポートしてくれるのが魅力となるポイントです。

JobSpringでは圧倒的な低離職率となっているのが、他の就活支援サービスを比較をした際のメリット。

就職先で楽しく働きたいと思っている就活生におすすめの就活サービスです。

まとめ

就活に疲れを感じるパターンと、疲れを感じた時にしてみると良いポイントを紹介してきました。

疲れを感じている段階では、何もしたくないと感じるかもしれませんが、就活の過程を見直してみることは、内定を得るために大切なポイントです。

本記事で紹介した就活支援サービスの利用を考慮しながら、内定をゲットできるように面接を改善し、就活を乗り越えていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です