就活の失敗は3つの理由が!?タイプ別に改善法を分析しよう

就活を行う時には、誰もが内定を取れるのか、就活に失敗しないかと心配になるものです。

もちろん人手不足が叫ばれているので、就活生にとって有利な環境なはずなのですが、どうしても失敗を恐れるのは仕方ありません。

しかし失敗を恐れてしまうのは全員同じだと思うかもしれませんが、就活の失敗を恐れているなら、3つのタイプに分けられます。

[aside type=”boader”]
  • やる前から恐れる
  • 結果が分からない前から失敗を妄想する
  • 選考の失敗を認識できない
[/aside]

就活で失敗してしまう人は、大まかに分けると上記の3つの中のどれかに属している可能性が非常に高いです。

結論から言ってしまうと、自分がどのタイプに属しているのかを認識し、課題を突き詰めて、改善することは、就活を成功させるのに絶対に必要です。

しかも根本となる課題に、今まで気が付けていないからこそ、就活で失敗してしまいます。

そこでこの記事では、就活で失敗する人の3つのタイプを分析し、タイプ別に最適な改善方法を提案します。

念願の内定をゲットするために、自分に当てはまる改善方法がないかどうか、チェックしていきましょう。

この記事で分かること

[aside type=”boader”]
  • 就活で失敗する3つのタイプの特徴
  • 就活で失敗しないための課題
  • タイプ別の改善策
[/aside]

就活で失敗する人には3つのタイプがある

まず知ってもらいたいのは、就活で失敗する人には、3つのタイプがあることです。簡単に説明すると、既述の3つのタイプは、時系列別に不必要な感情があるのです。

もう一度3つのタイプを見てください。

[aside type=”boader”]
  • やる前から恐れる
  • 結果が分からない前から失敗を妄想する
  • 選考の失敗を認識できない
[/aside]

選考の前、選考期間中、そして最後に選考に失敗した後です。

それぞれの特徴となるポイントを見ていきましょう。

やる前から失敗を恐れるタイプ

やる前から失敗を恐れるタイプは、就活そのものに勢いがありません。

自分は内定をもらえない可能性が高いと、最初からあきらめ半分で選考を受けているかもしれません。

もちろん最初は内定をもらう気で、選考に向かっているかもしれないのですが、これまで落ち続けているなどの理由から、失敗を恐れることがあります。

面接などに向かう前から、失敗を恐れる状態になっていると、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

新しい企業に面接に行っても、すでに失敗を恐れているので、上手くいかないという結果になります。

失敗を恐れているというベースがあると、面接が上手くいかないのは想像が容易にできます。

課題を見つけて改善しないなら、負のスパイラルを抜け出すことが難しくなるでしょう。

合否が分かっていない段階で失敗を妄想するタイプ

合否が分かっていない段階で、失敗を妄想するタイプは、選考が終わると自分はダメだったという気持ちになり、失敗した結果を妄想してしまいます。

確かに内定をもらえるのかは、面接が終わった段階では分かりませんし、失敗した部分が少なからずあった可能性はあるでしょう。

しかし合否が分かっていない段階で、悩み始めていてもプラスには作用しません。

別の選考があるなら、本来は次の面接に向けて準備や練習をする必要がありますが、練習にも身が入らないなんてことも生じますね。

実際に面接や筆記試験での失敗を認識できていないタイプ

失敗を認識できないタイプは、いつも自分の就活がベストを尽くしているので、大丈夫などと自信を持ってしまっていることが原因かもしれません。

もしくは、就活に真剣に取り組んでいるように見えても、改善を図る必要性を感じていないので同じことを繰り返しているだけになります。

現に選考を受けていて内定がもらえていないなら、何かが原因で失敗しているのですが、失敗と思っていないことが問題になるタイプです。

【タイプ別】就活で失敗しないために課題を突き止めよう

就活にも必要な考え方として、「PDCA」があります。

何かを取り組む際には、実行した後に結果を検証し、改善することが必要となるのです。

就活で失敗しているのには、PDCAサイクルのどこかに課題があるでしょう。

タイプ別に課題となる点を見ていきます。

やる前から失敗を恐れるタイプ

やる前から失敗を恐れるタイプでは、企画を立てて、実行する段階が上手くいっていません。

失敗を恐れているなら、面接のために企画を立てて、実行することが難しくなるからです。

実行する前に、失敗が怖くなっているので、ベストな力を発揮できないのです。

失敗を恐れずに、改善された面接の受け答えを実行できないことが課題となります。

合否が分かっていない段階で失敗を妄想するタイプ

合否が分かっていない段階で、失敗を妄想してしまうと、検証して改善するという2つのステップができていません。

改善された方法を実行するまでは良いのですが、実行後に失敗したと感じてしまうと、上手に検証したり改善することができません。

就活を成功させるには、今回の面接を検証してみて、さらに改善点を探す必要があるのです。

面接をチェックしてみて、さらに良いものにすることができないことが課題となるタイプです。

実際に面接や筆記試験での失敗を認識できていないタイプ

失敗を認識できていないタイプも、検証と改善の2ステップができていません。

しかし失敗を認識できていないタイプでは、恐れからではなく、気づいていないことが課題です。

失敗を認識できていないので、改善を図ることもできません。

もしろん何が問題かも気づくことができないので、流れ作業のように面接や筆記試験を受け続けることでしょう。

何も改善できないまま、面接や筆記試験が過ぎていくことが、失敗を認識できないタイプの問題点です。

【タイプ別】就活の失敗しないための改善案

課題となる点を、タイプ別に考えた後は、どう改善していくのかを見ていきましょう。タイプ別に改善案を見ていくと、効果的に就活を行い、内定の獲得が期待できます。

やる前から失敗を恐れるタイプ

やる前から失敗を恐れるタイプは、失敗しないことを前提に企画を立ててみましょう。

今回の面接では、どのような点を頑張ってみるのか、成功したイメージをしながら戦略を立ててみます。

成功イメージをしてみることで、今回の面接ではどの点を頑張ってみようか、考えることができたかもしれません。

今までは、計画→失敗という消極的なイメージをしてきましたよね。

それを、計画→成功のイメージを作っていき、モチベショーンを変化させるのです。

失敗を恐れずに、改善できたと思われるポイントを、全力で活用してみるのをおすすめします。

合否が分かっていない段階で失敗を妄想するタイプ

合否が分かっていない段階で失敗を妄想するタイプなら、面接の後に検証をして、改善することを念頭に置いていきましょう。

現在の課題は、面接が終わると失敗をイメージして、検証と改善ができていないこと。

面接が終わったなら、何が良かったのか、何を改善していく必要があるのか、時間を取って考えてみるのです。

もちろん失敗した点もあるでしょう。

しかし重要なのは、改善点を見つけることで、これまでのように失敗したと決めつける必要はなにのです。

面接が終わったなら、次回に向けて改善を図るという習慣をつけてみましょう。

実際に面接や筆記試験での失敗を認識できていないタイプ

面接や試験での失敗を認識できないタイプも、検証と改善の習慣をつけることが改善案となります。

これまでは、流れのように面接に挑んでいたかもしれません。

まずは立ち止まって、何が良くなかったのか、何を改善できるのか、と失敗したポイントを考えてみましょう。

就活を成功させる秘訣は、計画して実行、結果を検証し改善する、この繰り返しです。

しっかりと4つのステップを繰り返すことで、自分の就活をさらに良いものへと変化させていきましょう。

PDCAサイクルを回しているなら、内定をゲットできる日も、そう遠くはないでしょう!

就活の失敗から学んでチャンスに変えよう

就活で失敗しているということは、何かを改善する必要があるということ。

就活で失敗している人のパターン別に、改善できる点も解説してきました。

今度の面接では、この点を変えてみようかなと感じた部分もあったかもしれません。

もしくは、PDCAサイクルを回す必要があるのは分かったかが、1人でできるか分からないという方もおられるかもしれません。

もし何を変えると効果的なのか分からないという場合には、就活エージェントなどを利用してみるのが良いでしょう。

就活のプロが面接のポイントから、改善点までしっかりサポートします。

どんなサービスがあるのかは、こちらの記事で本当に役立つサービスを紹介しています。

ぜひチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です