自分だけ就職できない。就職できない人にありがちな5つの特徴

就職活動を続けていてもなかなか内定がもらえないと、

なんで就職できないんだろう……
このまま就職先がきまらずに卒業したらどうしよう
就職するためにはどうすればいいのかな?

といった悩みや不安がでてくるのではないでしょうか。自分はだめな人間なんだとネガティブな感情に駆られてしまうこともあると思います。

就職できない人には共通する理由があります。これらを把握した上でしっかりと対策を行えば、就職活動をうまくすすめることができますよ。

いま、内定がでずにお悩みの方はぜひこの記事を読んで、内定を掴み取ってください。

では、いってみましょう!

就職できない人に共通する5つの特徴

さっそく本題にはいりますが、就職できない人の特徴共通点があります。

それは、

  • 面接で模範解答しかできない
  • 身だしなみやマナーができていない
  • 分析が甘い
  • 適性にあっていない企業を受けている
  • 人気企業ばかり受けている

ということです。

このなかにあなたが当てはまる項目もあるのではないでしょうか。これらをしっかりと対策することで内定獲得にぐっと近づきますよ。

それではそれぞれの項目を詳しうご紹介します。

 

面接時の身だしなみやマナーができていない

いかに面接でいい回答ができたとしても、就職できない人がいます。

それが、最低限の「マナー」ができていない人。

身だしなみやマナーが出来ていなければ、内定をもらうことは難しいでしょう。

例えば、しわしわのシャツや汚れたスーツ等で面接に挑むと、第一印象で好印象を得ることはほとんどありません。

また、染髪したままだったり、極端な髪型で面接へ挑むのも良くありません。

面接に向かうときは、好印象がもらえるよう身だしなみを整えておきましょう。

面接の際は、最低限のマナーも身に付けておくといいでしょう。着席時の対応やノックの回数など、基本的な部分を押さえておくだけでも面接官に好印象を持ってもらえますよ。

【今さら聞けない】知らないと損する面接マナーまとめ

自己分析や企業研究ができていない

就職できない人に多く見受けられるのが、分析が甘いということです。

分析とは、自己分析企業研究のことで、それぞれ就活において重要な役割を持っています。

自己分析ができていれば、あなた自身の強みや課題を明確に把握することができて、面接で自身が反映された回答をしやすくなったり、企業選びで自身にあった企業をピックアップできるようになります。

自己分析を行ったうえで、面接に挑む企業の研究も時間を掛けてしっかりと行いましょう。

企業研究は、志望動機や自己PRでどんな文脈が企業に刺さるのかを理解するのに非常に重要な役割を持ちます。

いろいろな企業を受けているのに書類段階で落選してしまうことが多い人は一度企業研究をしっかりと行う癖を付けておきましょう。

適性とあっていない企業ばかり受けている

就職できない人がやりがちなのが、自分のやりたいことを優先して適性とあっていない企業ばかり受けていることです。

たしかに自身のやりたい事を優先したほうがモチベーションに繋がりますし、明確な志望動機などもかけるでしょうが、好きなことが全てあなたの適性にあっているとは限りません。

社会人で自分のやりたいことだけを仕事にできている人はけっして多くありません。

こだわりを持つことは悪いことではありませんが、その分野の企業でなかなか内定を貰えない場合は、適性とあっていない可能性があります。

先程の自己分析にも繋がりますが、あなたの強みを理解したうえで、自分の強みを活かせる業界を探してみましょう。

ライバルの多い企業ばかり受けている

なかには電通やGoogle、Lineなど誰でもしっているような大企業ばかりを受けて、就職できないと悩んでいる方も見受けられます。

しかし、これらの大企業は当然優秀な人材が集まりますし、ライバルの数も桁違い。その中から選ばれた精鋭だけが内定をもらうことができるとても狭い門です。

当然、大企業ばかりでは内定をもらえる確率はぐんと下がりますので、一度あなたにあった企業が本当に大企業しかないのか見直してみましょう。

面接対策が甘く模範解答しかできない

就活を行ううえで、面接対策に関する書籍やWeb情報を色々と仕入れるのはいまや当たり前のことですよね。

しかし、これらの情報を鵜呑みにしてまるごとコピーしたような回答では内定をもらうことは出来ません。

面接官は多くの学生を見てきたプロフェッショナルです。中身のない回答はすぐに見抜かれてしまいます。

もちろん、書籍やWeb情報が間違っているという訳ではありませんが、あなたの意思が回答に反映されていなければ、高い評価を得ることは難しいでしょう。

以下の記事で面接練習の方法をご紹介しているので、面接に苦手意識のある方は読んでみてください。

【関連記事】

就活で面接練習なし?練習方法と無料でプロからアドバイスをもらうやり方

就職できない。内定を取るためにいまからすべきこと

ここまで就職できない人の共通点を解説してきました。では、上記の項目に当てはまる方はどうすればいいのでしょう。

ここからは、実際に内定をもらうために何をすべきかをご紹介します。

就活の戦略を見直してみよう

内定が出ていない人が始めに行いたいのが、就活に対する戦略の見直しです。

ここまでに多くの企業を受けて、全て落ちてしまったのなら何かしら就活の戦略を間違えている可能性が非常に高いといえます。

一度、自己分析をして自分の強みや課題を洗い出し、あなたにあった業界を探してみましょう。

コツとしては、自己分析のあと第三者に確認してもらうことです。たとえば、あなたの両親や兄弟、親友などあなたの事をよく理解している人に確認してもらうのがいいでしょう。

もし、あなたがどうしても自己分析が苦手で強みがよく分からないといった悩みがあるなら、就活のプロに相談することをおすすめします。

最近では、就活生向けのエージェントが多くあります。

これらを活用することで業界のプロにあなたの悩みを相談することができますよ。

就活のエージェントに関してはこちらの記事で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

【関連記事】

【就職のプロ】就活相談で本当に役立った5社のおすすめ就職サイト

【就活エージェントおすすめ】新卒就活で内定が取れるエージェント特集

内定直結イベントに参加しよう

就活生向けのイベントは多く開催されていますが、なかにはその日のうちに内定がもらえるイベントもあることをご存知ですか?

このイベントでは就活生を探している企業が集まって、一度に5〜10社ほどの採用担当者とコミュニケーションを取ることができます。

もともと参加している企業はいい人材を探しているので、積極的にコミュニケーションを取ることで、多くの内定を貰える可能性があるので就職できない人におすすめです。

特にIT系のベンチャー企業などが多く参加しているので、こういったスタートアップ企業やベンチャー企業に興味のある方はぜひ活用してみてください。

こちらの記事では内定直結イベントについて詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

【内定直結イベント関連記事】

就活でおすすめの内定直結イベントおすすめ3選!その日に内定決めよう

就職できない。内定がもらえずに卒業してしまったら?

内定をもらうための対策を解説しましたが、どうしても就職できずに卒業を迎えてしまいそうな方も、なかにはいらっしゃいますよね。

そこで内定をもらえずに卒業を迎えてしまった時の対処法も合わせてご紹介します。

卒業後はフリーターや大学院などの道がありますが、おすすめなのは派遣社員になること職業訓練校に通うことです。では、なぜこの2つがおすすめなのか詳しくご紹介します。

派遣社員になる

派遣社員と聞くと、あまりいいイメージを持つ方は多くないと思いますが、現代の日本では実は多様性があり優れた働き方のひとつです。

確かに正社員に比べると、給料面は大きく下がってしまいますが、それでもフリーターに比べたら大幅に給料を多くもらえます。ボーナスは出ませんが、時給換算で大体1500〜2000円、専門職であれば時給3000円以上もらえるケースも多いです。

また、正社員に比べて責任を背負わされるような業務を受け持つことが圧倒的に少ないです。そのため、必要以上に責任を負う必要がなく、無駄なストレスを抱えずにすみます。

人間関係の悪い会社にあたってしまった時も正社員より簡単にやめることができるので、比較的自由度が高いというのも魅力的ですね。

職業訓練校に通う

次におすすめなのが、職業訓練校に通うことです。職業訓練校は大学在学中は受講できませんが、卒業後であれば無料で受講することができます。

なぜ職業訓練校がおすすめなのかというと、専門職に必要なスキルを無料で身につけることができるからです。しかも、国が認定したカリキュラムなので、専門学校などと同様のレベルのスキルを身につけることができます。

運営しているのがハローワークなので、スキルを身につけた後の就職支援まで受けられるのも非常に魅力的ですね。

求職者の適性に合った就職プランを提示してくれるほか、訓練期間中も職業相談をすることができるので、何か悩みがあった時も気軽に相談することができます。

さらに職業訓練校では、月に10万円の経済支援をもらえます。そのため、最低限の生活水準を維持したままスキルを身につけられるので、安心ですね。

10万円じゃ足りないという方の場合は、支援金とは別に単身者は月5万円、配偶者のいる方は月10万円までの融資をうけることもできます。

もちろん融資なので、後で返済しなければなりませんが、訓練後は就職できるので無理な負債になることがないのも嬉しいポイントですね。

専門スキルがつく就職支援付きサービスを使う

面接やエントリーシートの提出を繰り返しても就職できない人は専門スキルがつく就職支援付きサービスを使うのもありでしょう。

資格取得の支援や面接対策などを無料で行ってくれます。

例えば、カイゴジョブアカデミーという介護系の就職支援付きサービスでは、介護の資格取得を支援してくれるサービスや就職支援を受けることができます。

一般的な就職活動では、面接のレベルが高くないと内定は取れませんが、専門スキルをつけると面接の重要性が薄れるため、面接に苦手意識のある方でも内定を取りやすいです。

また、特待生に選出されると授業料が全額免除になるので、介護職に少しでも興味がある方は、一度相談してみるよいいでしょう。

カイゴジョブアカデミーはこちらから

まとめ

いかがでしたか?

この記事を読んでも、まだ就職できずに不安を抱えている方は、まずプロに相談してみましょう。

ひとりで就活を進めるよりも、就職エージェントなどを活用したほうが、内定を貰える可能性はぐっと上がりますよ。

まずは気軽に就活イベントに参加してみるのはどうでしょうか。こちらの記事では就活イベントについて詳しくまとめているので、ぜひ活用してみてください。

就活でおすすめの内定直結イベントおすすめ3選!その日に内定決めよう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です