就活が無理、やめたい… でも諦めたくない時どうしたらいい?

就職活動を進めていくうちに、自分が思っていたように内定がもらえない、内定がもらえないどころかESすらも通らないという状態に陥ることがあると思います。

なかなか結果を出せない自分に苛立ち、就活が辛くて自分にはもう無理だ、やめてしまいたいとすら思ってしまう人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

就活において評価されるのはひとりの人間としての自分であるばかりに、強烈に自己を否定されたと感じ、もう無理だと落ち込んでしまう人もいるでしょう。

ここでは、どうして就活を無理と感じてしまうのかの理由を踏まえて、辛くても就活を諦めたくない人のために、どうしたら就活にまた気持ちを入れ替えて取り組めるかを説明します。

就活を無理と思ってしまう理由

「内定に繋がらない」=「自分に価値がない」と思ってしまうから

あなたは内定がもらえないことを自分自身に価値がないからだ、魅力がないからだと思ってはいませんか?

就活というのはしばしば恋愛に似ていると言われます。恋愛において必ずしもスペックが高い人が選ばれるのではなく相性がいい人が選ばれるように、企業も自分と相性のいい就活生を選ぼうとしています。

ESや初期段階の面接で面接で落ち続けてしまう場合は、能力面で評価してもらえていないかもしれませんが、それ以降の選考でうまくいかない原因は企業に相性が悪いと判断されている可能性が高いです。

企業が選考において第一に考えることは「この学生がこの会社と合うか、活躍できる場所であるか」ということです。

就職活動でうまくいかない場合は、自分の能力が劣っていると頭ごなしに決めつけるのではなく、「この企業と自分は合わなかったんだ」という捉え方をすると、自分の興味や性格と業界、企業の相性を改めて見つめ直す時間を作るきっかけとなり、結果的に就活において内定への近道になるのではないでしょうか。

周囲の存在を気にしすぎてしまうから

就活をしていると、どうしても気になってしまうのが周りの就活生でしょう。部活やサークル・ゼミの友達は順調に就活を進めているのに、自分だけが上手くいかない。
同じように学生生活を送っているはずなのに、周りと自分とは何が違うんだろうと暗い気持ちになってしまうこともあると思います。

学生のころは自分が属しているコミュニティの中、つまり自分のごく近い存在の人にばかり目が行きがちになり、視野が狭くなってしまうことも多いですが、同じように就活が無理だ、辛いと苦しんでいる就活生は当たり前のようにたくさんいます。

自分一人だけがダメなのだと思うのでなく、同じように上手くいかない人と話したり、就活を経験した人に話を聞いたりすると気持ちが楽になるでしょう。

また、売り手市場とはいえ大手は今でも倍率が極めて高いのが現状です。周りが大手志望だからと自分も大手、しかも人気の業界を狙ってはいませんか?中小企業やベンチャー企業にも目を向けてみましょう。

そもそも自分がやりたいことがわかっていないから

就活を始めた頃は誰もがやりたいことがわからないと悩むものです。自己分析、OB訪問、説明会と身を粉にし、やっとの事で業界や企業を絞り込む。そんな企業に不採用と突き返されると辛い苦しい気持ちになるのは当たり前です。

しかし、自分が今「やりたいこと」と信じ込んでいる仕事は、本当に自分が「やりたいこと」なのか、自分が今「入りたい企業」は本当に「入りたい企業」なのかを改めて問いかけてみてください

名前知れているから、かっこいいから、年収がいいから、周りに人気だから、そこに入ったらみんなに認めてもらえそうだから…

こうした理由で企業を選んでしまう人は少なくないと思います。というよりも、学生のうちから自分にはこれしかない、これを仕事にしたいというものを見つけられている学生が一握りであると言った方がいいかも知れません。

自分がやりたくないことを無理にやりたいと思い込むと、自分の本心と行動との間に溝が生まれ、その溝が大きくなればなるほど辛くなってしまいます。

辛くなってしまう原因は、不採用と言われてしまうことだけでなく、自分に嘘をついてやりたくもないことををやりたいことだと言い聞かせて必死に取り組んでいる自分に嫌気がさしてしまうことも大きな原因の一つです。

そんな心のサインに耳を傾け、改めて自分がやりたいことを探してみてください。やりたいことなどわからないという方は、自分に合っているものは何か、より興味がある方が何かを考えてみてください。

就活を無理だと思った時にやるべきこと

就活を「点」で考えるのをやめる

あなたは就活を点、すなわち就活というイベントとして捉えてしまってはいませんか?
就活は本来、その後の人生の多くの時間をつぎ込むことになるであろう仕事を見つけるための活動です。

それでも世間や身の回りで「就活」「就活生」というワードを耳にするたびに、自分は「就活生」であり、どうにかしてこの「就活」というイベントを切り抜けなくてはならないという、焦りや重圧を感じてしまいがちになります。

就活を点で捉えてしまうと、とにかく希望の企業に内定をもらうことだけがゴールになってしまうので、自分がこの先この仕事を続けていけるか、本当に興味をもてる内容なのかと言った大事な点をおざなりにしてしまいかねません。

就活は自分のこの先の人生を決定するための活動であると思うと、他人に流されて就活するのをやめ、自分のために最善の選択をしようと意識を転換させられるのではないでしょうか。
もしかしたら今就活することだけが正解ではなく、大学院に進むことや留学すると言った新たな選択肢が見えてくるかも知れません。

就活相談サービスを利用する

就活の悩みは、周りの友達にも親にも打ち明けられないという人は多いのではないでしょうか。

就活が順調な親友に相談したところで惨めだと思われそう、このままだと就活浪人するかもなんて口が裂けても親に言えないと言った具合に、身近な人にこそ話しづらいこともあると思います。

意を決して話してみても、身近な存在であるばかりに客観的なアドバイスをもらうことは難しいかも知れません。

そんな時には、就活相談サービスを利用してみることをおすすめします。
相談した後企業と繋いでもらえる就活エージェント系、OBと繋がれるマッチングサービス系などがあり、無料で相談できるサイトが多く存在します。

こうしたサービスを利用した場合、多くは初対面の人に相談することになります。
就活においても初対面の大人に一から自分について伝えなくてはならないように、こうしたサービスにおいても、相手に相談するために自分の人生やキャリア観について一から伝えていかなくてはなりません。
「初対面の人と話すこと」=「前提を共有しない人と話すということ」なので、自分の中では当たり前のように思っていた部分も改めて言葉にすることで自分を冷静に見つめ直せる他、こうしたサービスは面接でなく相談であるのでありのままを話せるというメリットもあります。

もちろん相談する相手は自分や周囲の就活生よりもキャリアを積んだ大人であるため、広い視野からアドバイスがもらえることが期待できます。

 

【就職のプロ】就活相談で本当に役立った5社のおすすめ就職サイト

一旦就活から離れてみる

何をしても辛い、やはり就活は自分にはもう無理だと感じるなら、一度就活から距離をおいてみることも一つの手段です。
距離を置くと言っても、就活を一切やめるということではありません。

就活について考えずに遊びに出かける日を1日だけ作ってみる、そんな程度でも良いと思います。本を読んで狭くなった視野を広める、なんでも構いません。

就活についてばかり考えていると、先述した通り目の前のことにしか目が向かなくなってしまいます。悩みの種から少し離れて気分転換し、先のことまで考えて就活に向き合えるようになると、結果的に自分にとって最良の選択ができるのではないでしょうか。

まとめ

就活は大学三年生から大学四年生に訪れるただのイベントではなく、その後の人生で何をするかを決めるための期間です。
就活がうまくいかないことは必ずしも自分の能力不足ではなく、原因はもっと違うところにあることもあります。
就活をただ辛いものとみなすのでなく、自らのキャリア選択の機会と捉え直して、人に流されることなく自分のために取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします