早期内定で成功する人と失敗する人の違いは?それぞれの特徴を紹介

早期内定を狙っている大学生って結構いるかと思います。

早期内定をもらうことができれば、自信にも繋がるしその後の大学ライフも余裕を持って生活を送れますよね。

ですが、不安の声もあるみたいです。

「成功する人と失敗する人ってどう違うの?」
「早期内定を受けられる企業ってどんなところなの?」
「早期内定だけではなく他の企業も受けてから企業を決めたい」

など、いろんな不安はありますよね。

それもそのはず、これからの人生で一番長い時間を過ごす社会人になるわけなので、この企業選考で失敗したくないと思う人がほとんどです。

「本当に早期内定だけで、決めてしまっていいのか?」

このように感じるはずです。

そこで今回は

  • 早期内定で成功する人と失敗する人の特徴
  • 早期内定を成功させるためにはどうすればいいのか

この内容をご紹介します。

早期内定で成功する人と失敗する人の特徴は?

早期内定で気になるのが、成功している人と失敗する人でどのような特徴があるのかということだと思います。

この特徴を知ることができれば、あなたも早期内定で成功する可能性が上がります。

成功する人の特徴

働きたい企業・業界が明確になっている

自分が今後、働きたいと思っている企業・業界が明確になっている人は、その企業・業界の情報に対して常にアンテナを張っているので、早期内定を受けて入社しても成功する可能性が高いでしょう。

情報を取り入れることで、その企業・業界の内部事情や事業活動などを知ることができます。この情報があるからこそ、その企業・業界が安心して仕事ができる環境なのか判断できるんです。

自分のアピールポイントを理解している

自分のアピールポイントを理解して、そこをしっかり伝えることも重要になります。

企業から内定がもらえる可能性が上がるだけではなく、そのアピールポイントを伝えてその企業と自分が本当にマッチするのかを確認しましょう。

その企業の人と話した時に、自分のアピールポイントに共感を得てくれたり、逆に質問してくれる企業なんかは好印象と言えるでしょう。

失敗する人の特徴

早期を意識しすぎてしまう人

早期内定を意識しすぎるあまり、とにかく内定をもらうことを目的に動いている人などは注意が必要です。

入社したあとに「こんなはずじゃなかった」なんてことになってしまいます。

早期内定を出している企業の中には

人材がほしい→人材不足→仕事量が多い→仕事がキツイ→遅くまで残業

こんな企業も中にはあるので、企業選考はしっかり行いましょう。

素直・真面目すぎる人は要注意

イベントやその企業の人と話をしていると、いい話しか聞かなに場合が多いです。

素直・真面目な人はそのいい話を信じ込んでしまい、早期内定を決めてしまう人もいます。

実際に話している内容が正しい企業もあれば、人材がほしいのでいい話しかしない企業も多くあります。その場合は、信じるのではなくしっかりこちらから質問しましょう。

給料面や仕事内容だけではなく、その会社が何を目的として仕事を進めていて、どんな人のために動いているのかなど、質問するといいでしょう。

早期内定を成功させるための方法とは

保留と辞退をうまく使う

早期内定を成功させるための方法として、保留と辞退をうまく使う方法があります。この2つをうまく使うことができれば、他の企業にも挑戦することができるので、選択の幅が広がります。せっかく決まった内定を保留にする必要はありますが、しっかり保留にする理由は伝えましょう。

例えばこんな感じです。

「就活を行えるのは、この大学生の時期だけです。この就活を通じて他の業界の知識や情報を知り、自分をもっと成長させたいです。ただ御社にはとても興味があるので保留とさせてください」

このように、その企業には興味があるが就活を通じて自分を成長させたいと伝えるだけです。

もし仮に、企業側から「◯月◯日までに就活をやめてください」なんてことを言われた場合は、辞退しても大丈夫です。

自分が本当に入りたい企業ではない限り、そういったところは「とにかく人材がほしい」と思っている場合が多いので注意が必要です。

本当にほしい人材なら、口説きに来るはずなので強制はしないでしょう。このように、保留と辞退をうまく使い分けましょう。

インターンで雰囲気を知る

早期内定を獲得する方法として「長期インターン」として企業に入ることです。

イメージ的に「企業体験」を想像してもらえれば大丈夫です。その名の通り、企業に体験入社できるので、その企業・業界の働き方のイメージを掴むには一番いい方法です。

インターンとして働くことで、面談をしなくてもその企業からスカウトされる場合もあります。

一緒に働いていた分、信頼もあるのでもし辞退した場合でも、後から受け入れてくれる可能性も大いにあります。

まずは気になる企業・業界でインターンとして入社できないか探してみましょう。

長期インターンってどのサイトがいいの?面談に行った私が比較してみた

OBに情報を聞く

卒業して企業に務めた先輩方に、業界の情報を聞くのも一つの手です。

その先輩がどんな企業に務め、どんな仕事内容なのかをリアルに聞けます。体験している人の意見は信頼が高く、企業を選考する場合の大きな判断材料になります。

お茶の一杯なんかをおごり、話を詳しく聞いてみましょう。

イベントに参加しよう

早期内定を獲得するためのイベントは多数あります。その中でも「選考会」「スカウトイベント」この2つに参加するといいでしょう。

選考会に参加する

選考会とは「内定直結型のインターンシップ」とイメージしてもらえれば大丈夫です。選考会はただの説明会ではなく、内定も考えて実施されています。

この選考会は、12月、1月あたりから開催されていて、常に早期内定にアンテナを張っていないと気づかず、受けることはできません。早めに情報に気づき、選考会に参加することで、他の人と圧倒的な差を付けることができます。

選考会の情報などは「digmee」で確認することができます。登録も簡単なので、ぜひ登録して活用してみてください。

digmeeの評判・口コミ!LINEで就活できる手軽さが魅力

地方の方だと、イベント情報が少ないと思う人がいると思います。そんな人はこのアプリを使い、他の学生と情報で圧倒的な差を付けましょう。

スカウトイベント

スカウトイベントとは、その名の通り企業側から「あなたが必要なので御社に来てほしい」とスカウトされることです。

よく「企業合同説明会」なんてイベントがありますが、このイベントでは企業の情報しか得ることはできません。そんな情報を聞いても、いい情報しか基本話さないし、調べればすぐわかる情報ばかりです。

スカウトイベントは違います。企業説明をするだけではなく「ワーク」形式であなたのスキルを見る場が設けられます。そのスキルを見た企業の人が、「あなたのスキルはぜひ御社に必要だ」とスカウトをしてくれて、そこから選考に進みます。

このようなスカウトイベント情報は「キミスカ」と言うアプリで見ることができます。

キミスカの怪しい評判って本当?口コミや内定のコツを徹底解説

その他にも、あなたのプロフィールを見て企業からスカウトメールが飛んでくる場合もあります。

このスカウトイベント・メールは、あなたのスキルを最大限に活かせる企業との出会いがある可能性が高いので、ぜひ活用しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

早期内定は、しっかりと自分の考えや目標がある人にとっては有利になります。逆に、早期な内定に不安や疑問がある人は、保留や辞退をうまく使ったり、インターンシップで働いてみるなどすれば、デメリットになることはないでしょう。

早期内定を成功させれば、残りの大学生活もゆとりある有意義な時間を過ごせます。

なので、この記事を見てぜひ早期内定で成功を掴みましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします