即日内定を出す企業は危険?優良企業とブラック企業の見分け方

こんにちは。就活の知恵袋編集部です。

就活生の中には企業から「即日内定」をもらえた方もいらっしゃると思います。その場では嬉しいですが翌々考えてみると、

なんで即日で内定をくれたんだろう、本当にこの企業は大丈夫かな……。
即日内定につい承諾しちゃったけどブラックだったらどうしよう……。

といった不安を抱えているかたも多いのではないでしょうか? 実際、即日内定を出す企業の中には人手不足で手が回らずとりあえず採用しておくといった企業もあります。

そういった企業に就職してしまうとあなたが思っていたような社会人生活を歩むことが出来ないことも考えられます。

そこでこの記事では、即日内定を出す企業の意図即日内定のいいケースと悪いケースの見分け方をご紹介します。

また、すでに即日内定を承諾してしまったけど今になって不安になってきた――といった方がどう対処すればいいのか等もお伝えするのでぜひ最後まで御覧ください。

この記事を読めば、あなたが今抱えている「即日内定に対する不安」はなくなりますよ。

ではいってみましょう!

即日内定に対する企業側の意図

即日内定を出す企業には3つの意図があると考えられます。

それは、

  • 優秀な人材を早く確保する
  • 面接での上層部の判断
  • 最終面接前に決まっている

ということです。現在、就活市場は「売り手市場」と言われています。そのため、企業側も人材を逃さないため即日内定を決めるケースが増えてきました。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

優秀な人材を早く確保する

どの企業も優秀な人材はいち早く確保したいと考えています。しかし社会人経験のない新卒生を採用する場合、実務経験などでは判断できません。そのため、面接でポテンシャルの高い人材と採用担当が判断すれば即日で内定が出ることは大いに有り得るでしょう。

また採用担当者にも目標採用人数が定められています。ポテンシャルの高い人材は、他の企業にとってもニーズの高い人材であるため、早めに採用しなければ他企業へ取られてしまうことも考えられます。企業としてはなるべくポテンシャルの高い人材を確保したいというのが本音でしょう。

面接での上層部の判断

基本的に企業は面接を全て終えた段階で合否の判断をします。しかし面接を役員や取締役といった上層部が行っている場合、例外としてその場で内定が出されることもあります。

採用担当者よりも上層部の方が当然権限が強いため、通常の流れとは違う形で内定を得ることが出来ます。しかしこのケースは相当面接時に好印象を残すことが出来なければ起こりえないため、異例の事例と言えるでしょう。

最終面接前に決まっている

大手の企業であるほど、面接は何段階にも分かれています。書類選考・一次面接・二次面接と進んでいき最終面接に臨む頃には、企業としてもある程度あなたのことを理解しています。最終面接の場合、役員クラスが対応することが多いですが、もちろんここまでの面接内容を採用担当者から共有されているため、ほとんど最終面接を受ける前に決まっているケースも多いです。

こういった場合は、最終面接でよほど問題がなければ即日で内定を出す企業もあるでしょう。

即日内定に対する就活生の不安

就活生にとって内定がもらえるのは一つのゴールであり、大変喜ばしいことですよね。しかし即日内定となると本当にこの企業でいいのか……。と不安になる方もいらっしゃると思います。

そこで、実際に就活生が即日内定に対してどのようなことを考えているのかTwitterの情報をもとにご紹介いたします。


https://twitter.com/yukinko8tori/status/1128974952395182081
突然の即日内定だと就活生は不安に感じるようですね。しかし即日内定は最近ではそこまで珍しいケースではないので、「即日内定=ブラック」のような考え方はおすすめしません。

ではどうやって即日内定先の企業が優良企業かブラック企業なのかを判断すればいいのか――ここからは即日内定における3つのケースをご紹介します。

即日内定がいいケースと悪いケース

即日内定にはいいケースと悪いケースがあります。それぞれの特徴を知っておくと、これから即日内定をもらった際の判断材料に出来るでしょう。

即日内定の悪いケース

書類選考→一次面談→即日内定

上記のケースはあまりいいケースとはいえません。基本的に企業の面接は一次面接・二次面接・三次面接・最終面接といった流れが一般的です。

一次面接ではあまりあなたの人柄などを理解できてるとも思えませんし、人手不足で誰でもいいから採用したいという場合が考えられます。こういった場合はその場で内定を承諾するのではなく、一度保留して企業の評判などを確認してみましょう。

即日内定のいいケース

企業が最初から即日内定を告知している場合や即日内定ありでの就活イベントなどであれば特に問題はないでしょう。

企業の採用担当者も採用だけが仕事ではありません。採用期間を設けてあまり経費と時間を掛けずに人材を確保するというやり方は効率的ですし、採用に工夫がされていて柔軟性のある企業と判断できます。

最終面談後の即日内定に関しても比較的好意的に捉えていいケースです。

この段階になると、書類選考から数々の面接を得て、あなたの人となりは企業もある程度把握しています。先に紹介したとおり、最終面接に通った就活生の場合はほとんど内定が決まっていて、役員との顔合わせ的な場に使われることもあります。

こういった場合であれば、即日内定であっても比較的安心できるでしょう。

即日内定をもらったときの対応方法

ここからは即日内定をもらったときの対処法についてご紹介します。

基本的に即日内定をもらった企業が第一志望であるならば承諾してもいいでしょう。しかし早い段階で第一志望ではない企業から即日内定をもらった場合は一度考えてみましょう。

少しでも迷いがあるならば保留をおすすめします。内定をもらえたらその場の勢いで承諾してしまいそうになるかも知れませんが後々内定を辞退してしまうと企業にも迷惑が掛かってしまいます。

一度落ち着いて本当にその企業に就職すべきかを冷静に判断しましょう。

即日内定を保留するには?

即日内定をもらっても、

正直、第一志望じゃないし保留したいけど言いづらいな…。

このような方もいるのではないでしょうか? 確かに内定を出してくれた企業に対して内定を保留にしてほしいと伝えるのは少し気が引けますよね。

なかには内定承諾書にサインするよう求めてくる場合もあり、流れで承諾してしまうケースも見受けられます。実は内定承諾書に法的な拘束力はありません。しかしこちらにサインしてしまうと辞退し辛く感じてしまう就活生が多いです。

そこでどうすればスムーズに内定を保留出来るかご紹介致します。

内定保留の伝え方

内定を保留したい時は、丁寧かつ保留したい旨を正直に伝えるのがいいでしょう。

例えば、

「内定をいただきありがとうございます。他社の選考も控えているため、3日ほど時間を頂いてからお返事させていただく形でもよろしいでしょうか?」

といった形で、企業へのお礼をしつつ何時頃までに返事ができるかを可能な限り正確に伝えましょう。

企業にも事情があるのであなたの指定期間まで待っていただけるかはわかりませんのでなるべく早めに返事をするよう意識しておくと企業側にも迷惑を掛けずにすみます。

もし考えた結果、辞退することにした場合でも必ず結果は電話で担当者へ直接連絡しましょう。辞退だからといって放置したりすると学校自体の評価が下がるなど次年度の後輩に迷惑が掛かってしまうので要注意です。

まとめ

いかがでしたか?

即日内定は喜びと不安、両方の面を持っています。「本当にこの企業でいいのか?」「もしブラックだったらどうしよう。」このように悩む方も多いですよね。

しかし即日内定には企業側ももちろん意図があります。今回ご紹介した内容を把握しておけば即日内定に対する見方も変わるのではないでしょうか? この記事があなたの就職活動の後押しになれば幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします