就活で有利な経験って?資格はこれっぽちも関係ない

2018年11月6日

人生の一大イベントである就活。

 

この就活に不安を持っている人が多いのではないでしょうか。

そこできになるのが、就活で有利になる経験。

 

就活で有利になる経験をしておけば、面接での通過確率は上がります。

ということで、この記事では就活で有利になる経験をご紹介します。

 

 

就活で有利になる経験①長期インターンに参加

 

就活で有利になる経験1つ目が長期インターンに参加すること。

 

短期インターンではなくあくまで長期インターン。

長期インターンのメリットは学生でいながら社会人と同じような業務をこなせること。

 

社会人と同じような仕事をすることによって、どんな人材が欲しいか見えてくるから面接も強くなくなります。

また、社会人と話す機会が多かったりするから、コミュニケーション能力が上がります。

 

学生同士ではなく、社会に出て働くことは大いに役に立つでしょう。

 

長期インターンとは?私が長期インターンに救われた理由

 

就活で有利になる経験②専門的スキル

 

就活で有利になる方法2つ目が専門的なスキルをみにつけること。

 

専門的なスキルは評価される職種は限られますが、その職種での評価はかなり上がります。

特に、エンジニアやマーケターなどの市場価値が高い職種であれば、就活が有利になるだけではなく、生涯年収が増えたり、フリーランスのような自由な働き方を実現できるようになります。

 

専門的な仕事に関しては好き嫌いが分かれるのですが、好きな仕事に出会えればとにかく楽しいです。

 

僕は、専門的なスキルを活かして働く人のことをプロフェショナル人材と呼んでいて、学生のうちからプロフェショナルな技術を学んでおけば有利な経験になりますし、いい条件で働くので、プロフェショナルな技術を学ぶことをおすすめします。

 

プロフェショナル人材のなり方

 

就活で有利になる経験③バイト

 

就活で有利になる経験3つ目がバイト。

 

皆が当たり前にやっているバイトですが、実はこのバイト経験も役に立ちます。

ただ、バイトの経験を役に立てるためには、頑張って働く必要があります。

 

人事側が学生時代で頑張っていたことなどの質問で求めることが、どのように改善したかです。

改善に力を入れて取り組んだことと、どのように頭を使って改善したかが重要であって、物事の大小は見ていません。

 

小さい範囲でもいいので、その中でよくするためになにをして、どのような結果が出たのかを話しましょう。

それが、小さい改善だとしても、論理的な頭のいい学生という印象を残すことができます。

 

バイトでも、働き方次第では就活で有利な経験となります。

 

就活で有利になる経験④英会話

 

英会話もできれば就活で有利になります。

 

2010年代に入りグローバル化の流れが急速に進み、楽天など大手日系企業でも社内公用語が英語になったりしています。

企業によっては、英語を使える人材を求めています。

 

なので、そういう企業を受ける際にはかなり有利になりますし、webマーケティングの世界でも海外マーケティングができる人はほんとに希少なので、かなり有利にはたらきます。

 

ただ、そもそも英語能力を求めていない企業も多いので、一部企業の先行で有利になるくらいと認識しておきましょう。

 

もし、英語能力を鍛えたいのであれば、スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランがおすすめです。

 

 

資格は全く有利にならない

 

資格は就活で有利にならない。

 

そもそも、企業はどんな人材を欲しがっているのか考えてみよう。

企業が欲しがっているのは、勉強できる人材でも資格を取得している人材でもない。

 

一言で言えば、活躍してくれる人材がほしいのだ。

この活躍している人材は資格取得と相関関係があるかといえば、ほとんどない。

 

企業で活躍している人材の多くは、高いコミュニケーション能力を持っている。

というのも、仕事において自分一人で行うことってあまりなく、複数人のチーム、プロジェクトとして動く。

 

チームとして動く時にコミュニケーション能力が高いと円滑に進んでいくから、結果が出やすい。

コミュニケーション能力がある人は、見栄えがいいために実力以上に見えたりもする。

 

そんな先輩たちの姿を見て人事は、コミュニケーション能力が高い人を欲しがるのだ。

資格を見るのは、どちらを採用するか迷った時くらい。

 

ほんとにちょっとした+aにしかならない。

 

新卒学生に求めているのは、能力ではなくてポテンシャル。

資格なら後で取ることもできるけど、ポテンシャルは変わらないからね。

 

資格勉強している暇があったら、面接対策をし続けていたほうがよっぽど効率的といえるだろう。

 

 

学生時代頑張ったことで使えるが・・・

 

就活の学生時代頑張ったことで資格取得は使えなくもない。

 

うまい文章を作れば、伝わるだろうがもったいないと思う。

資格取得ってまあまあな時間的コストがかかるから、他に振り分けたほうがいいと思うんだよね。

 

ただただ遊ぶのもありだと思う。

社会に出て改めて気付かされたけど、最も大事な能力はコミュニケーション能力。

 

他にも、時間を有効に使えば市場価値の高い専門スキルをつけられたりするし。

資格よりも有利になる経験ってたくさんあるからね。

 

まとめ

 

ここまで就活で有利になる経験をご紹介してきました。

 

就活では今までの経験も重要ですが、面接でのコミュニケーション能力もかなり重要です。

 

いくらいい経験を積んだからってその経験を面接でうまく伝えられなと落ちてしまいますし、大した経験がなくても面接で自分の能力を存分に発揮すれば、内定がもらえます。

 

就活で有利になる経験を積むのもいいですが、しっかりと面接対策をしましょう。

 

就活の面接練習方法!無料でプロと練習できる方法って?

 

【就活で有利になる経験を知りたい人向け記事一覧】

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

【OB訪問のやり方・必要性】OB訪問は本当にやったほうがいいの?

ベンチャー企業の志望動機は?ベンチャーからたくさん内定もった僕が教えます

おすすめの就活スカウトサイトまとめ!スカウトサイトを使ったほうがいい理由

就活のアドバイス!やったほうがいいことまとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

就活就活

Posted by koi