【辛口評価】リクナビの評判は悪い?リアルな口コミだけで徹底評価

就職サイトの大手と言えばリクナビですが、実際使うとなると口コミ情報が気になる方も多いのではないでしょうか?

最近では内定辞退率データに関する問題があったので、安心して利用できるのか知りたい方も多いですよね。

この記事ではリクナビの評判を、良いものから悪いものまで徹底的に評価していきます。「リクナビについて知っておきたい」方向けに分かりやすく解説しますので、最後まで読めば使いこなせるかどうかの判断ができるようになります。

とりあえず結果を知りたいという方は、リクナビの評判・口コミを総合的に評価をチェック!

リクナビの特徴を表でまとめてみた

リクナビの特徴となる点をまとめてみた表がこちら。

参考:
キャリアマート https://www.careermart.co.jp/blog/blog/archives/6657
HR NOTE https://hrnote.jp/contents/a-contents-saiyou-2020siteopen-0301/
リクナビ2020 https://job.rikunabi.com/2020/company/
リクナビ2021 https://job.rikunabi.com/2021/?isc=r21rcnz00055

リクナビの特徴はこちら

  • サイト掲載企業数が増加(年間2万社)
  • マイナビに次いで登録者数が多い

リクナビはサイト掲載企業数が毎年伸びており、年間で2万社を超えています。またマイナビに次いで登録者数が多い点も魅力の一つです。

リクナビのリアルな口コミだけをまとめてみた(良い評判)

リクナビの口コミ情報を見ていきます。最初に、良い評判から紹介します。

内定をもらうことができた

リクナビを通して、内定をもらったというケースがあります。こちらのツイートです。

就職活動は、「内定獲得」がゴールになります。やっぱり内定をもらったというのはうれしい結果ですよね。実は就活エージェントにとっても、就活生の内定は1つのゴールとなります。担当者もあなたの内定のために、情報提供やサポートなどをしてくれるのです。したがってリクナビを使うと内定獲得までの近道となりますね。

提供される情報が役立った

リクナビでは、企業を掲載しているだけでなく、就活に役立つ情報や自己診断するための情報を提供しています。それで、就活サイトに掲載されている情報を活用して、就活を進めることができるのです。

こちらは実際に自己分析をしてみた方の口コミです。親御さんもびっくりするほど正確だったようです!自分では気が付きにくい特性や強さを知ることで、どの企業にエントリーするべきか判断できるので、試しに1度利用してみるのも

リクナビのリアルな口コミだけをまとめてみた(悪い評判)

悪い評判も見ておきましょう。すでに利用した方が何に不満を持っていたかを知っておくと、注意点が分かり安心して利用することができます

リクナビの個人情報提供がやばい

リクナビの個人情報問題を受けてほとんどの方が心配するのは、個人情報がどこまで漏れているのかということです。就活生も気になっているようです。

この個人情報漏洩問題でポイントとなるのは、個人情報そのものをリクナビが利用し内定辞退率を予測していたことです。2019年2月以前までは、クッキー(サイトを訪問したデータ)を元にして内定辞職率を予測していました。なので個人情報が漏れてはいませんでした。

しかし、2019年3月以降の約8000人の分に関しては、就活生の同意なしに氏名などの個人情報を企業がリクナビに提供していたのです。またサイト閲覧履歴から内定辞退率を予測し、企業に販売していました。個人情報そのものを企業に手渡していたことが、就活生の不安をあおっています。

これに懲りて今後は個人情報が渡されることはないでしょうけど、やっぱり心配になりますよね。

リクナビを今後利用するのが不安

リクナビ問題を受けて、今後リクナビを利用するのが不安という口コミもたくさんあります

すでに問題が明らかになっているので、今後同じように個人情報が販売されるとは考えにくいものです。しかし1度問題があった企業のサービスは、利用するのが不安という声もありました

その反面、就活エージェントに登録することで得られる、複数の企業を比較したりエントリーできる利便性は捨てられないという声もありましたね。

例えば、日経が行ったアンケートでは、就活情報サイトを使わずに就職活動ができるかというアンケートには59%の人が「できない」と答えました。また今後リクナビを利用するかという問いには、60%の人が利用すると答えています。

引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO50535010T01C19A0000000/

不安がありつつも就活情報を得たいというのが、就活生の望みなのですね。

ちなみにですが、問題となった「リクナビDMPフォロー」サービスは廃止されており、公式ホームページでもサービス廃止がアナウンスされています。今後は安心して利用できます。
参考:https://job.rikunabi.com/2021/contents/article/edit~dmp_follow~index/u/?original=1

リクナビと他エージェントとの比較をした評判・口コミ

リクナビと他の就活エージェントを比較した場合の、口コミも見ていきましょう。就活期間中には、他のサービスと併用することも考えられますが、就活生はどのような感想を持っているでしょうか?

マイナビを利用する人の方が多い

リクナビと並んで、就活エージェント大手のマイナビを利用する方も多いです。

リクナビとマイナビは、掲載企業数や説明会に予約できる企業数などで訴求合戦を行っています。それで、多くの就活生が両方のサイトを利用していることも多いのです。

マイナビは掲載企業が多いだけでなく、スマホアプリで利用できたり、エントリーシートの添削などもあったりするのが就活生の評価を集めていますね。多くの学生が支持していることは、マイナビの利便性が良いことの表れでしょう。

リクナビの診断を活用した

リクナビの診断機能は、就活生の評判が良くなっているポイントですね!例えばこちら。

自己分析や自身の強みの把握のために、グッドポイント診断というものを利用した。また、応募する際にグッドポイント診断の結果を添えるかどうかの案内があったのでとりあえず利用してみた。引用元:https://agent.jobmark.jp/rikunabi-next.html

自分の強みを知りたいという時に、リクナビのグッドポイント診断を活用してみたようです。もちろん企業への応募の際には、どこまで診断結果が影響しているのかは判断できません。

しかし就活生の悩みの大半は、自己分析できていないことにあります。それで、就活サイトを通して、自分を見つめなおせるのは大きなメリットでしょう。

自己分析については、下記の記事も要チェック!
効果が100倍違う!自己分析の目的から掘り下げ方までを徹底解説

リクナビの評判・口コミを総合的に評価

リクナビの評判を確認してきましたが、総合的に判断するとポイントになるのは、以下の3つ。

  • 大手の企業掲載数
  • 自己分析などの機能が便利
  • 個人情報の取り扱いが気になる

大手ならばではの企業掲載数は、やはり就活生にとって魅力です。たくさんの企業の中から、自分に合う企業をピックアップできる可能性が高いからです。さらに、自分ではやりにくい自己分析ができる機能もあります。

気になる点として、個人情報の取り扱いです。どのようにリクナビが対応していくのか、今後の情報も気になるところですね。

リクナビ以外のおすすめ就活エージェント3選

リクナビ以外でも、就活エージェントはあります。おすすめの就活エージェントを3つご紹介しましょう。「どんなサービスなの?」と気になる方のために、簡潔に特徴を紹介します!

キャリアチケット

キャリアチケットの特徴は以下の3つ!

  • 就活のプロが人事目線でアドバイス
  • 優良企業の求人を多数保持
  • 面接やエントリーシートの豊富なノウハウ

人事目線でのアドバイスが聞けるのは、うれしいポイントですよね?採用をする立場ならではのアドバイスで、あなたの就活に役立つ情報をゲットできるでしょう。

キャリアチケットの公式サイト

 

JobSpring(ジョブスプリング)

JobSpringのポイントを紹介します!

  • 入社後を考えたサポート
  • 内定率91%
  • キャリアプランの相談

もちろんどの就活エージェントでも、就活生のサポートをしています。でもJobSpringは入社後まで考えてサポートしているのが魅力です。最低3回の面談をして、あなたの適性にあった企業を紹介してくれるのです。強みを分析してくれるので、内定率が高く、入社後も満足して働けます。

JobSpringの公式サイト

DODA新卒エージェント

DODA新卒エージェントの特徴はこちら!

  • 手厚いサポート
  • 就活生の満足度の高さ
  • 国家資格を持ったキャリアコンサルタント在籍

求人数は、大手のリクナビよりも少ないですが、サポートが手厚いことから満足度が高いサービスです。選考毎にフィードバックがあるので、効率的な就活ができること間違いなしです。

DODA新卒エージェントの公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です