OB訪問とは?アポの取り方やメリット・デメリットを徹底解説

就活の基礎知識

就職活動をしていて、「会社の雰囲気がわからない…」「社員の具体的な仕事内容をもっと知りたい!」と思うことはありませんか?

自分が何年も働く会社を少ない情報で決めるのは不安ですよね。

これらの悩みを解決できるのがOB訪問です。OB訪問では、大学の卒業生を訪問して企業での働き方や企業の社風について話を聞くことができます。
OB訪問は会社説明会や会社のホームページでの企業側から提供される情報とは違い、現場の社員の「生きた情報」を得ることができます。現場で働いている社員の方の話を聞くと、「あなたが入社した場合どんな環境でどんな仕事をするのか」が見えてきます。

今回の記事ではOB訪問のメリットやデメリット、OB訪問の仕方などをご紹介します。

OB訪問とは

OB訪問とは、大学のOBやOGを訪問し企業や仕事に関する話を聞くことです。主に大学生が就職活動を行うときに情報収集の一環として行います。説明会だけではわからない話を聞き、企業理解を深めることができます。OB訪問は企業で働いている大学の先輩(OB)を訪ね、仕事内容や会社の雰囲気について質問します。

業界研究や企業研究をする上で役立ちます。選考を受けるのに必須ではありませんが、OB訪問を通して得た知識は選考でも役立ちます。訪問時にはカフェや訪問先の企業のオフィスで30分~1 時間程度話をするという形が多いです。

給料や福利厚生など、人事には直接聞きにくいこともOB訪問では聞くことができます。
OB訪問をすることで会社説明会の資料、会社案内やウェブサイトに掲載されている「企業側の情報」だけでなく、各企業の特徴、経営の特徴、社員などを現場感覚で感じることができ、「生きた」情報を得る機会となります。

OB訪問は企業への志望動機をより具体的なものにし、志望動機を高めることを目的にしましょう。

OB訪問のメリット

OB訪問のメリットにはキャリア観形成、志望企業の理解、選考が有利になる可能性があることです。学生時代に社会人と接点を持つことで自分のキャリアについて考える機会になります。就活生の場合、志望企業の企業研究や選考対策に役立ちます。

OB訪問は直接選考に関りがないことが多いですが、メリットは大きいです。
普段社会人と関わることの少ない大学生が社会人と会い自分のキャリアについて考え、企業研究を深めましょう。

キャリア観形成

大学に普通に通っていても社会人との接点はなかなかありません。そんな大学生が自身のキャリア観を形成するためにOB訪問を行います。普段会うことの少ない社会人に会い、話を聞く中で「自分がどう働きたいか」といったキャリアを考えるきっかけになります。

実際に社会で働いている人がどういった考え方をしているのかをOB訪問ではよくわかります。普段の大学生活の中では社会人と交流することは少ないのでいい機会になるでしょう。

「働くこと」についても社会人目線からアドバイスをもらえるかもしれません。アルバイトではなく、実際に正社員として働くとはどんなことなのか理解を深めたい方にはOB訪問はおすすめです。

学生が社会人としてどのようなキャリアを作っていくかイメージすることは難しいと思います。OB訪問は社会人をロールモデルとして自分のキャリアについて考える機会になります。

OB訪問は就活生が行うのが一般的ですが、中にはキャリア観形成のために1,2年生のうちからOB訪問をする大学生もいます。早いうちからOB訪問をすることで、自分が思い描くキャリアを築くために大学生の時点で何をしておけばいいか考えることもできます。

志望企業について深く知る

OB訪問を行う学生の多くは、志望企業について深く知るためにOB訪問をしているはずです。OB訪問では志望企業の企業研究や業界研究に役立ちます。

就職活動をしていく中で、企業の説明会やホームページで情報を集めるのが一般的です。ただ、説明会やホームページでは実際の企業の雰囲気はわかりません。人事担当者には聞けない社会人の本音が聞けたり、具体的な仕事内容を聞くことができます。

大学生が思っているイメージと、実際の仕事にギャップがあればそれをOB訪問で解消することができます。志望企業で働くOBの話を聞いて志望企業について深く知ることで入社時のミスマッチも少なくなります。

OB訪問を通して企業説明会やホームページでは得ることのできない生きた情報を集めましょう。
「こんな会社だと思っていなかった…。」と入社後に後悔しないためにも志望企業について深く知るようにしましょう。

将来自分が働く姿をリアルに描ける

OB訪問を通して、自分がその会社でどんなキャリアを描くのかリアルに想像できます。社員の方の経歴や働き方を聞けるので、キャリアについて具体的なイメージができます。もちろん、OB訪問で得られる情報にも限りがあります。しかし、企業説明会やホームページで得られる情報よりも、OB訪問での実際に現場で働く社員の話を聞くほうが自分が働く姿を想像できます。

自分が新卒入社して働く会社のキャリアビジョンを持っておくことで入社時のミスマッチを防ぐことができます。自分がその会社に入ってやりたいことができるかどうかを見極めるためにもOB訪問は積極的に行いましょう。

OB訪問のデメリット

 

OB訪問のデメリットとしては、選考の悪影響になる場合があること、就活をしたつもりになってしまう場合があることです。

OB訪問でのマナーの悪さで選考が不利になる場合もあります。せっかくOB訪問をしたのに選考に悪影響であればもったいないですよね。
社会人の方に失礼のないようにしましょう。

OB訪問では普段交流することのない社会人を訪問します。社会人に会うことで就活をしているつもりになってしまうこともあります。
就活で重視するべきことは、筆記試験やエントリーシート、面接を突破することです。OB訪問をすることで得た情報は就活に役立ちますが、OB訪問そのものが就活に役立つことは多くはありません。

就活したつもりになることも

OB訪問は、社会人に会って志望企業について深く知るチャンスです。ただ、普段会うことのない社会人に会うことで、周りの人より一歩先に就活をしている気になりがちです。

キャリアについて考えたり業界研究を深めるのがOB訪問の本来の目的です。OB訪問をすること自体が目的になっている学生も少なからずいるようです。

自分が得たい情報を明確にしたうえでOB訪問を行いましょう。情報を得て実際に就活に生かすことが重要です。

マナーの悪さが選考の悪影響に

OB訪問をすることで、企業に対する志望度を示すことはできますが、OB訪問でのマナーが悪いと選考に悪影響がある場合があります。
OB訪問は選考に直接関係ないことが多いですが、OB訪問を重視する企業では、OB訪問中の振る舞いがみられていることもあります。

マナーや態度が悪ければOBの方に悪い印象を与えてしまいます。社員の方からの印象がいいに越したことはないので、マナーや態度には注意しましょう。
そもそもOB訪問は社会人の貴重な時間を頂いてしていることなので、失礼のないようにしましょう。

OB訪問を行った方がいい人

OB訪問を行った方がいい人はOB訪問を重視する企業を受ける人、リクルーター制度がある企業を受ける人、実際に働く人を見て入社を決めたい人です。
OB訪問を重視する企業も少なくありません。選考の優遇や社員の雰囲気などを知りたい人はOB訪問を行ったほうがいいです。

上記に当てはまる人にかかわらず、志望企業のOB訪問は基本的には行ったほうがいいでしょう。
OB訪問では企業説明会やホームページでは得られない情報を得ることができます。入社する企業を選ぶうえで社風や仕事内容について理解を深めましょう。

OB訪問を重視する企業を受ける人

OB訪問を重視する企業は日系企業に多いです。中でも、総合商社、銀行、保険、広告代理店はOB訪問を比較的重視しています。これらの業界は優秀な学生が選考を受けるので、学生の熱意を図る基準としてOB訪問の有無を確認している場合があります。

毎年、「30人以上の社会人にOB訪問をした」というような就活生がいます。
志望度を示すためにも、企業研究・業界研究のためにもOB訪問は行っておいたほうがよいでしょう。
エントリーシートの設問の中に「何人の社員にOB訪問しましたか?」というような設問がある企業もあります。そうした企業はOB訪問を重視しているので、積極的にOB訪問をしましょう。

リクルーター制度がある企業を受ける人

リクルーターについては前述しましたが、リクルーターとは入社希望者と企業側が直接コンタクトを目的に選ばれた社員です。リクルーター制度は金融・保険・インフラなどの業界で採用されています。リクルーターは早い段階から学生と面談を行い優秀者の絞り込みを行います。

リクルーターがつく場合、面談などを通して就活をサポートしてくれることもありますし、志望企業に関する情報を集めやすいです。選考が優遇されることも。
リクルーター制度がある企業はOB訪問を行うことをおすすめします。

実際に働く人を見て入社を決めたい人

内定を決めた理由として「人」を上げる就活生は多いです。この人と働きたい、社員が優秀だったからという理由で入社を決める人もいます。志望企業で働く人の人となりを知ることは重要です。

社会人生活の中で、一緒に働く人がどういう人なのかは重要です。1日何時間も接する社員が自分に合うのか、社風は自分に合うのかは大事なポイントです。

注意点としては、その企業の社員一人を見て会社のイメージを決めつけてしまうことです。
志望度の高い企業では、できるだけ複数の社員にOB訪問して納得したうえで入社を決めましょう。

OB訪問を行なわない方がいい人

OB訪問を行なわない方がいい人は、打ち込むことがあり時間がない人、外資系企業などの能力重視の会社を受ける人、応募先の企業について精通している人です。
OB訪問を行わないほうがいい人はそんなに多くないと思います。OB訪問を行わなくていい人は他にやることがあって時間がない人などOB訪問の優先順位が低い人です。

基本的にOB訪問は行ったほうがいいですが、OB訪問自体が選考に関わらないことを念頭に置いておきましょう。

打ち込むことがあり時間がない人

研究や体育会など、何かに打ち込んでいて時間がない人はOB訪問を行わないほうがいいです。
なぜなら、OB訪問は直接選考に関わることは少ないからです。研究室や体育会ならOBのほうから時間を作ってくれることもあるので、新たにOB訪問をすることの優先順位は低いでしょう。

就活では、「学生時代に頑張ったこと」について面接で質問されることが多いです。今何かに打ち込んでいるのであれば、その活動に力を入れたほうが就活がうまくいくでしょう。

直接選考に関りのないOB訪問に時間を使うなら、今打ち込んでいる活動に時間をかけ、成果をあげましょう。
何かに打ち込んだ経験は、いい経験になりますし面接でのエピソードのネタになります。

外資系企業などの能力重視の会社を受ける人

主に外資系企業ではOB訪問が選考で有利になることはありません。日系企業は比較的、企業に対する志望度や熱意を重視しています。

それらをアピールするためにOB訪問は有効です。しかし、一部の外資系企業をはじめとした能力重視の会社ではOB訪問による熱意のアピールはプラスになりません。もちろん、その企業の社風や仕事内容について細かく知りたい場合にはOB訪問は有効です。

能力重視の企業では、企業への志望度や熱意を示すためにOB訪問を行う必要はありません。

応募先の企業について精通している人

こちらに該当する人は少ないかもしれません。ベンチャー企業で長期インターンなどをしてその企業について十分精通している場合OB訪問は必要ありません。

働いていたインターン先の企業であれば、仕事内容について十分に理解できているはずですしミスマッチの心配も少ないでしょう。
長期インターン先で学生でありながら成果を出していれば、企業側のほうからオファーが来ることもあります。

OB訪問で起きた事件

最近、OB訪問に関連して事件が起こりました。今年の2月に大手ゼネコン「大林組」の社員がOB訪問で女子大生にわいせつ行為で逮捕されました。社会人と学生をつないでOB訪問を支援するアプリを使って知り合いわいせつ行為に及んだといいます。

3月には住友商事の社員がOB訪問を受けた女子大学生を泥酔させ性的暴行を加えて逮捕されました。OB訪問アプリを利用して社員と学生が接触し事件が起こりました。

いずれの被害者もOB/OG訪問アプリの利用者でした。OB訪問アプリは便利である一方、犯罪のリスクもあります。

OB訪問は就活生が普段接することのない社会人と会って企業理解を深めるチャンスです。
しかし、セクハラや性的暴行の被害にあっている学生がいるのも事実です。

OB訪問で事件に遭わない方法

OB訪問は学生にとって有益な就活の手段である一方被害にあってしまう学生もいます。
OB訪問で事件に会わない方法としては、異性と会わないこと、居酒屋や自宅でのOB訪問は避けること、

異性と会わない

今回起こった事件は女子大生が男性社員から被害を受けたものです。OB訪問では異性にOB訪問をすることを控えたほうがよいでしょう。OB訪問をした女子学生が被害にあう事件は度々起きており、警戒する必要があります。

ただ、総合商社の総合職などをはじめ、女性社員が少ない職種もあります。
異性と会わずOB訪問することが身を守るためには大切ですのでできれば同性の社員にOB訪問しましょう。

居酒屋や自宅は避ける

お酒を飲まされたり、自宅でのOB訪問はやめておいたほうがいいでしょう。
喫茶店やレストラン、企業のオフィスなどでOB訪問を行うことが一般的です。

居酒屋や自宅でわざわざOB訪問をする理由がありません。お酒についても、勧められても絶対に飲まないようにしましょう。被害に遭ってしまう可能性もあるので居酒屋や自宅でのOB訪問は避けましょう。

怪しいと思ったら録音する

OB訪問した社員の言動が怪しいと思ったら録音をしておきましょう。
OB訪問でのセクハラの被害は泣き寝入りしてしまうことも少なくないようです。
録音しておくことで証拠にもなりますし、抑止にもなります。

「企業研究のために今回のOB訪問を振り返るために録音してもいいですか?」などというだけでも十分抑止効果があります。社員側も企業研究のためならと許してくれる人もいると思いますし、録音されるということ自体が抑止につながります。

OB訪問を行う方法

OB訪問を行うには、大学のOBリストを使う方法、ゼミやサークルの先輩への依頼、OB訪問サービスの利用の3つの方法があります。初めてOB訪問する場合は3~5年目の社員に話を聞くのが話しやすいかもしれません。

入社10年目以上の社員には、マネジメントや海外勤務など様々な経験について話を聞くことができるでしょう。

大学のOBリストを使う

一般的なOB訪問は大学のOBリストを参照し、その中から訪問するOBを探して連絡します。入社年次や携わっている業務、出身学部などをもとに訪問するOBを選びます。

基本的に電話やメールで社員の方に連絡してOB訪問を受けてもらう形になります。
学校のOBリストに連絡先を載せるOBは母校に対する思い入れが強く、OB訪問に協力的な社員も多いです。まずは、大学のOBリストを使ってOB訪問をすることをおすすめします。

ゼミやサークルの先輩に依頼する

ゼミやサークルなどの卒業名簿を利用したり、先輩から知り合いを紹介してもらいOB訪問をしてみましょう。ゼミやサークルの卒業生なら、親身に相談に乗ってっくれる人も多いはず。知り合いの先輩をOB訪問するという手もあります。

初めてのOB訪問が緊張してしまう場合、自分の知っている先輩にOB訪問するほうが抵抗は少ないでしょう。
ゼミやサークルの話が会話の種にもなるので、比較的話しやすいと思います。

OB訪問サービスを使う

OB訪問アプリは事件に繋がってしまう一面もありますが、アポも取りやすく使いやすい点では便利です。事件に合わないように異性に合わないことなどを注意して活用しましょう。
人気のOB訪問アプリとしてはビズリーチ・キャンパスVISITS OBなどがあります。

OB訪問アプリでは、アプリ内で志望企業のOBを探し、OB訪問を申請します。相手方のOBが受理すればOB訪問が可能です。その後連絡を取りOBご訪問を行います。OB訪問アプリ
は大学のキャリアセンターを利用するよりも気軽にOB訪問ができます。

便利である一方、OB訪問アプリを通して犯罪が起こってしまう事実もあります。便利さの裏にあるリスクにも目を向けながら、OB訪問アプリを賢く使いましょう。

OB訪問以外で使っておきたい就活サービス

OB訪問以外で使っておいたほうがいいサービスとして、キャリアチケット、digmee、ワンキャリアをおすすめします。
就活はエントリーシートや筆記試験、面接など準備することは様々です。就活生向けサービスを利用して就活を効率的に進めましょう。

キャリアチケット

キャリアチケット は就活生の5人に1人の学生が登録している就活サイトです。マンツーマンの個別サポートをはじめとしたサポートが充実しています。就活セミナーを受けることができ、就活準備に役立つ就活ノートをダウンロードできます。

キャリアチケットでは就活セミナーで自己分析などを基にフィードバックをもらえます。面接対策を行い、フィードバックがあるので自分の課題を明確にできます。

さらには希望や志向性にあった企業の特別選考枠を紹介してもらえます。
自分一人で就活するのではなく、サポートを受けながら就活したい人にはおすすめの就活サイトです。

digmee

digmeeは「あなたの就活を効率化!」を掲げており、スムーズな就活サポートを謳っています。digmeeは一年間の就職活動に必要な選考会応募、選考会突破、活躍まですべてをサポートしています。

豊富な記事や人事による面談で、就活のお悩みを解決できます。就活生には、どんな企業を受けらばいいかわからないことも多いです。digmeeならLINEで相談を受け付けており、個別の学生に合った企業を紹介してくれます。

digmeeはLINEでの就活支援に力を入れており、イベントや選考会情報などを配信します。また、年間を通して就活に必要な情報を記事やイベント情報などの形で多数用意しています。

ONE CAREER

ONE CAREERは就活初期から内定までにかけて手厚いサポートが充実しています。
就活初期では、就活記事を読み就活の基本的なノウハウを学ぶことができます。
業界ごとに気になる企業を見つけ。「お気に入り」に登録することができます。各企業のイベント情報や内定者の選考体験談などを見ることができます。

各企業のページには「職種別の選考対策」があり、選考突破のコツを知ることができます
ONE CAREERの魅力は内定者のエントリーシートが充実していることです。自分の志望企業に内定したエントリーシートを参考にすることもできます。

まとめ

今回の記事では、OB訪問についてご紹介しました。OB訪問のメリットやデメリット、OB訪問の方法などについても書きました。

OB訪問は基本的に就職活動に有利に働きます。OB訪問では志望企業への入社の熱意を示したり、志望企業の企業理解を深めるために有効です。

事件などに遭わないように注意をしながら、就職活動を有利に進めるためにOB訪問を積極的に行いましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします