内定ゼロで卒業はヤバイ・・内定ない人の特徴と5つの対策

こんにちは。就活の知恵袋編集部です。この記事をご覧になっているあなたは多くの企業面接を受けるも内定が出ずにお困りではないでしょうか。

内定ゼロが続くと、

「どうせ面接を受けても不合格だろう…。」
「このまま卒業まで内定が出なかったらどうしよう…。」
「なんで自分は受からないのかな…?」

といった不安や悩みに押し潰されそうになってしまいますよね。しかしこのまま何も対策をせず惰性的に就職活動を進めても状況は改善しません。

もし、この記事を読んで内定ゼロの原因がわからないのであれば、JobSpringなど使ってプロになぜ内定ゼロなのか聞いてみるのもありでしょう。

内定ゼロの方は、一人で抱える傾向にあるので、プロに相談できるサービスを使うと状況を打開できる確率が高まります。

この記事は内定が出ない方に見受けられる特徴をご紹介致します。

この記事を読めば、いままで何故「内定ゼロ」だったのかが分かりますよ。

 

【就職のプロ】就活相談で本当に役立った5社のおすすめ就職サイト

 

内定ゼロ、ない人によくある特徴

あなたはいままでにいくつの企業を受けてみましたか? その数が多ければ多いほど、内定ゼロというのは堪えますよね。

「このまま内定ゼロのまま卒業してしまったらどうしよう…。」

このような不安にかられてしまう方もいらっしゃると思います。そこで内定ゼロの方に多く見られる特徴をまず見てみましょう。

企業を絞りすぎている

一番多い特徴が「企業を絞りすぎている」ということです。

大企業や有名企業に就職したいと思う方はたくさんいらっしゃいますよね。将来の安定性を考えれば当然のことです。しかし大手であればあるほどライバルも増えていきます。

就職先として選ぶ企業を大手企業だけで絞ってしまうとなかなか内定がもらえず、次第にやる気もそがれていきます。そもそも本当に大手企業があなたに適しているのかも定かではありません。

いままでにエントリーした企業が大手ばかりではなかったかいま一度思い返してみましょう。

自己分析が不十分

就職活動をされているあなたなら自己分析を一度は行っていますよね。しかし自分の強みをしっかりと理解出来ている就活生は多くありません。

自己分析は自分だけで行うのではなく、あなたのことをよく知っている友人や家族からもアドバイスをもらいましょう。あなただけでは気づけなかった意外な発見が見つかるかもしれませんよ。

【関連記事】

他の学生と差別化できる!自己分析シートの作成方法を徹底解説

志望動機が不明確

面接官の質問に対して、曖昧な受け答えをしてしまう経験がある方は要注意です。

例えば、「なぜ、弊社を選んだのですか?」といった質問に対して、面接対策でよくあるような回答をしていてはあまり良い評価を得ることは出来ません。

志望動機が不明確な方の多くは面接対策だけしっかりしていて企業分析をあまり行っていない傾向が見られます。いままでの面接経験を振り返ってみて、企業分析がちゃんと出来ていたのか考えてみましょう。

面接マナーが出来ていない

面接マナーは非常に難しいです。あなたが普通の立ち振舞をしているつもりでも、何人もの就活生を面接している面接官からみたら、あなたの面接マナーが不十分と取られているかもしれません。

いままでの経験で、服装の乱れがなかったか、話し相手の目を見て話が出来ていたか、言葉遣いは正しかったか等などいま一度思い返してみましょう。

【面接マナー関連記事】

【今さら聞けない】知らないと損する面接マナーまとめ

自己PR力が足りない

面接や書類選考を通るためには、あなたの強みを伝える自己PR力が必要になります。いままでに書類選考で落とされることが多かったという方は、いま一度エントリーシートや履歴書を見直してみましょう。

客観的に見た時、あなたを魅力的に感じるか・あなたがどんな人柄の人物なのかが伝わるような文章ではなかった場合は自己PR力が足りないと捉えましょう。

【自己PR関連記事】

就活の自己PRは何をどう書けばいい?企業が自己PRを聞く狙いは?

内定ない。内定をもらうためにすべき5つのこと

いかがでしたか? 当てはまる特徴はありましたでしょうか。しかし特徴が当てはまったからといってこれからも内定がゼロという訳ではありません。

ここからは内定をもらうためにすべき5つのことをご紹介いたします。内定が出なくて悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

売り手市場という幻想を捨てよう

「売り手市場」という言葉。最近テレビでもよく耳にしますよね。

そのため、選考解禁になってから準備を始めても余裕で就職出来ると考えている学生が多く見受けられます。しかし売り手市場と言っても人材が不足しているのは中小企業であって大手企業の求人倍率は依然として高いです。

そのため、売り手市場という言葉を過信して大手や有名企業ばかり受けていると内定を得ることは非常に難しいと言えます。

まずは売り手市場という幻想を捨てて、本当にあなたにあった企業を探してみましょう。大手以外にも穴場の優良企業はたくさん隠れています。しっかりと企業を選ぶポイントを絞って探せば意外と簡単に内定を得ることが出来るはずです。

自己分析をしっかりと行おう

内定が出ない特徴としても紹介しましたが、自己分析は内定を得るために非常に大切です。自己分析をしっかりと行い、自分にあった企業選定を行うことで、明確な志望動機やあなたの意思が反映された受け答えが出来るようになります。

まずは友人・家族に協力してもらい、あなたの強みになりそうな項目を洗い出してみましょう。

自己分析は以下のように進めるとたくさん洗い出すことができるのでおすすめです。
[aside type=”boader”]

  1. 「努力したこと」「熱中したこと」「苦労したこと」など大枠を1つ決める
  2.  今までの人生の中で「熱中したこと」を振り返って、いくつか挙げてみる。
  3. それぞれ“なぜ?”熱中していたのか理由を掘り下げていく。
[/aside] するとあなたが重視していることやあなたの価値観などが見えてくるはずです。 その価値観を踏まえて自己分析を行うことでより精度の高い分析が行えるようになりますよ。

【自己分析関連記事】

自己分析とは?自己分析をやる意味と苦手を克服する方法

他の学生と差別化できる!自己分析シートの作成方法を徹底解説

内定を得るための就活戦略を見直してみよう

自己分析の結果をもとにいま一度就活戦略を見直してみましょう。ここでは自己分析のなかであなたが興味のあるジャンルを2~3個選んでみるといいでしょう。

ジャンルを広げるだけで企業の選択肢は何倍にも広がります。その中から希望条件を明確に決めてあなたに見合った企業を探してみましょう。

また企業の条件も年収など表面的なもので決めるのではなく、業務内容や業績・今後の将来性なども加味したうえで探すとお宝企業が見つかりやすいのでぜひ意識してみて下さい。

人に相談してみよう

不合格が続き、周りが内定をもらっていると相談してみることが恥ずかしく感じて、なかなか人に相談するということをしない方が見受けられます。

しかし、相談するということは何も恥ずかしいことではありません。むしろ自分だけで進めるよりも効率的かつ成功への最大の近道と言えます。

あなたの周りで内定をもらっている友人がいるのであれば積極的に相談してみましょう。内定までにどんな努力をしたのか、工夫したことは何かなどあなた1人では気づけなかった発見が見つかるかも知れませんよ。

周りに相談する人がいないのであれば、プロに相談するサービスを使ってみてもいいでしょう。

JobSringなどのプロに相談できるサービスでは、ESの添削や面接対策をしてくれるので、面接に苦手意識がある人におすすめです。

【関連記事】

【就職のプロ】就活相談で本当に役立った5社のおすすめ就職サイト

内定ゼロで卒業することが不安なあなたは…。

「就職活動を続けてるけど内定ゼロだし、このまま卒業したらどうしよう…。」

不採用が続き4年生が近づくに連れて、このような不安が頭によぎりますよね。そんなときは一度リフレッシュしてみるといいでしょう。

ここからは内定ゼロで不安なあなたのために知っておいて欲しい情報をお伝えいたします。

内定ゼロ=人間としてだめという訳ではない

不採用が続くと自分の人間性を否定されている気分になりますよね。僕も就職活動を行っていたとき、同じような経験があります。

しかし不採用というのは、その企業のニーズに合っていなかっただけであり、けしてあなた自身を否定している訳ではありません。

内定ゼロのまま、時間が立つとモチベーションが下がってくると思いますが、あまり悩みこまないよう注意しましょう。

気分転換をしてみよう

もし、悩みこんで就職活動へのモチベーションが上がらないという時は、思い切って一度就職活動をストップするのも1つの方法です。

思いつめている時は、何をやってもいい結果は出ません。それどころか些細な失敗でも気にしすぎてしまい、どんどん落ち込むことも考えられます。

そうなるくらいならいっそのこと気分転換に趣味に没頭してみましょう。一度気分をリフレッシュすれば、今と違った視点で物事を捉えることができたり、意外とあっさり内定が決まることもあります。

ただ気分転換といっても、羽目を外しすぎないよう注意しましょうね。

【関連記事】

就活わからなくなってきた…。あなたに伝えたい3つの事実【解決策あり】

就活に疲れてしまった!そんなあなたに届ける3つの対策法

 

まとめ

いかがでしたか? 内定ゼロのまま卒業が近づくと不安な気持ちになるのは非常によくわかります。

しかし、内定が出ないことには必ず原因があります。今回ご紹介した内容を参考にして就職活動を進めてみましょう。

この記事があなたの就職活動のお役に立てれば幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします