なかなか内定が取れない原因は?よくある3つの理由と対策を徹底解説

こんにちは。就活の知恵袋編集部です。

就活を続けていても内定がなかなか取れないと、

「なんで自分だけ内定が取れないんだろう…。」
「周りに置いていかれるのは嫌だ…。」
「内定が取れずに卒業を迎えたらどうしよう…。」

と考えてしまうことがあると思います。自分がなぜ内定を取れないのか分からないというのが実際のところですよね。

しかし何も対策せずに就活を続けても、今までと同じ結果になるどころかモチベーションが低下してしまい就活自体を辞めてしまうことも考えられます。

そこでこの記事では「内定が取れない原因と対策」をご紹介します。あわせて「モチベーションが低下してしまったときのリフレッシュ法」「内定を取れずに卒業してしまったときの対処法」もご紹介するため、ぜひご参考にして下さい。

内定が取れない3つの原因


企業の面接を受けてもなかなか内定が取れない原因として多いのが以下の3つです。それぞれ詳しく対策もあわせてご紹介いたします。

  • 大手企業にこだわりすぎている
  • なりたい職種が明確になっていない
  • 志望動機が浅い

大手企業にこだわりすぎている

内定が出ない原因のなかで最も多い原因が「大手企業や有名企業にこだわりすぎている」ということです。

最近は売り手市場という言葉がテレビでよく取り上げられているため、大手企業であっても簡単に内定を貰えると考えている方が見受けられます。そのため対策をあまりせず安易な気持ちで大手企業ばかりにエントリーして内定が得られないというケースが多いです。

最近の就職市場は売り手に有利といわれていますが、大手企業に関しては氷河期といわれていた時期とさほど変わりません。

【対策】
大手企業の競争率は依然として高いです。そのため、書類選考で魅力的なエピソードなど明確な強みがない場合は、大手企業だけにこだわるというのはおすすめしません。
なかなか内定が取れない場合は、あなたの就職したい業種を2〜3種増やしてみましょう。業種を増やすことでエントリーの幅は何倍にも広がりますよ。

なりたい職種が明確になっていない

このケースはなりたい業種の研究はしっかり行っていますが「職種内容に関しての理解度が低い」という場合です。

業種研究はもちろん大事ですが、職種に関する理解度が低くては入社後に影響が出てしまいます。業種研究をしっかり行ったのになぜか内定が出ないという方は職種内容にも目を向けてみましょう。

また新卒の場合、採用枠が「総合職」となっているケースが多いです。これは入社後の職種が明確化されていないことが要因であり、もし内定を得ることが出来ても望んだ仕事を出来ない可能性があります。

【対策】
なりたい業種が明確に決まっているなら、そこから具体的にどんな仕事をしたいかを考えてみましょう。あなたが「なぜ」その業種を選んだのかを掘り下げていくと本当にやりたい仕事が見えてくるはずです。
また、より具体的にやりたいことが明確になっている方が面接でアピールすることが出来るため、内定を得る確率を上げることが出来ます。

志望動機が浅い

志望動機に明確な理由がなく、「やりがいがある」「この業種が好き」といった感情的な理由だけで構成されている方は要注意です。

感情的な理由ばかりでは、面接官からしたら「この人は仕事がイメージしてるものと違かったら辞めてしまうのではないか…。」と捉えられかねません。就活のマニュアルにある「好きなことを仕事にしよう。」という文脈が間違いというわけではありませんが、感情的な理由以外にも明確な志望動機がないと内定を得ることは難しいでしょう。

【対策】
志望動機には「仕事を通じて得られるもの」を盛り込むようにしましょう。企業によって得られるものは全く異なります。そのため、この問を盛り込むことで企業に対する理解があると判断してもらえるでしょう。

内定が取れずモチベーションが上がらない時は?

内定がなかなか取れないと就活に対するモチベーションも低下するものです。最近では「就活うつ」と呼ばれる言葉もあり、売り手市場と呼ばれている中でも深刻な問題として捉えられています。

ではモチベーションが低下して、就活をしたくなくなった時にどう対策すればいいのか詳しくご紹介いたします。内定が取れず気分が落ち込んでいるという方はぜひ参考にして下さい。

1週間ほど休んでみる

就活うつに近い状態で就職活動を続けても、十分なパフォーマンスを発揮できず内定を貰える可能性は著しく低下します。また、その状態で不合格が続くとさらにモチベーションは低下していきます。

そういった場合は1週間ほど休んで体調を改善させることを優先してみましょう。体調が改善すれば、就活うつの時よりもいいパフォーマンスを発揮することができて内定の可能性もぐんと上がりますよ。

病院の診断を受けてみる

就活うつは深刻視されている精神疾患の1つです。精神科などの病院に行くことで抗うつ剤など効果的な薬を処方してもらうことができます。

なかなか精神科などに通院することは抵抗があると思いますが、一度医者に見てもらうことは非常に効果的であり、自体を好転する解決策になる可能性があるので参考にしてください。

運動してみる

運動は抗うつ剤と同等以上の効果があるといわれています。うつ病が重度のものであった場合は、運動することに対してもモチベーションが上がらないと思いますが、まずは軽いジョギングなどから初めて見ることをおすすめします。

運動はうつ症状だけでなく、あらゆる病気に効果的であり再現率も低いというデータもあります。モチベーションが低下していて気分をリフレッシュさせたい方はぜひ運動をお試し下さい。

もし内定が取れずに卒業してしまったら?

内定が取れずに卒業が近づいてくると

「このまま卒業したらどうしよう…。」
「奨学金が払えない…。もう人生終わりだ…。」

といった不安が募りますよね。しかし内定が取れないまま卒業を迎えたとしてもそれで終わりという訳ではありません。

もし内定が取れないまま卒業を迎えてしまった場合は、

  • 既卒
  • 大学院
  • 非正規雇用

という選択肢があります。そんな場合どのようなに対応することになるのかをご紹介いたします。

既卒

まず頭に浮かぶのは「既卒」という方法です。既卒は就職を一年遅らせる方法ですが、こちらはあまりおすすめしません。

その理由は既卒の場合「第二新卒」として扱われてしまうからです。第二新卒の場合、就職活動の競争相手は3年未満の他企業で経験を積んだ社会人となります。

この方法を選ぶならば、面接対策をより重点的に行い1年間を就活に捧げるくらいの気持ちで取り組まなければなりません。

大学院

もう1つは大学院に進学するという方法です。大学院に進学すれば「既卒」のように第二新卒として扱われることはありません。

1つ注意点として、気をつけたいのが2年後には就職市場がどのように変わっているのかが分からないという点です。現在の売り手市場が続いている場合もあれば、買い手市場に転じている可能性もあります。

どうしても卒業までに内定が取れなかった場合は「大学院への進学」が一番最良の選択でしょう。

非正規雇用

就職をしなくても、非正規の派遣社員やアルバイトで生計を立てることは可能です。仕事先で評価を得られれば、正社員として雇ってもらえる可能性もあります。

ただし正社員のような教育環境や保証が格段に少なく、成長をサポートしてくれる環境が整っている訳ではないため、あまりおすすめはしません。

まとめ

いかがでしたか? この記事では内定が取れない原因と対策をご紹介しました。

内定がなかなか取れないと自分に対して自信がなくなってしまうことがあると思います。しかし内定が出ないからといって企業があなたの人格を否定している訳ではありません。

今回ご紹介した原因を踏まえて、面接対策をしっかり行いましょう。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします