内定もらえなくても、諦めるのは早い!まずここから行動せよ3選

こんにちは。就活の知恵袋編集部です。

「選考進んでいた会社は全落ちした」
「親から早く決まって欲しいとプレッシャーをかけられる」
「社会に求められていない気がして、立ち直れない」

不合格通知をもらう度に、自分は社会に必要とされていない絶望的に感じてしまいます。
そんなに多くのことは求めていないはずなのに、なんでだろう。
否定的な気持ちになることの方が多くなるかと思うが、諦めるのはまだ早いです。

不合格通知は、次の内定へのヒントが隠れていることがあります。
そのヒントを見つけ出す方法を今日はお伝えいたします。

行動を起こすことで、いい循環のきっかけにしてしまいましょう。

5月で内定もらえる人はまだ半分

 

引用元:就職プロセス調査(2020年卒) 【確報版】「2019年5月1日時点 内定状況」

同級生が内定をもらい始めると自分だけが内定もらえてない人に思えるかもしれません。
リクルートキャリアが出している今年の就職内定率推移を見ると、5月時点で内定もらえる人は半分にすぎないことが分かります。
6月時点を見ても、6割と7月以降でも徐々に内定率が上がっていきます。
どの時期でも内定をもらう人は確実にいるので、今の時点で内定もらえないことに絶望的になるには早いです。

引用元:厚生労働省「 就職(内定)率の推移(グラフ)」

去年のデータを見ても卒業する頃には内定率は約98%まで達していて、これから内定をもらう人がまだまだ居ることが分かるかと思います。
また、年々卒業時に内定をもらえている人は平成23年(2011年)から増え続けています。

そう、まだこれから内定がもらえるチャンスはあります。

内定もらえる人、内定もらえない人の違い

内定をもらうためにも、内定もらえる人と、内定もらえない人の特徴の違いを見比べて見ましょう。

内定もらえる人の特徴

  • エントリーシート
    • 字が丁寧に書かれている
    • 誤字脱字が少ない
    • 相手に伝わる文章を意識している
  • 見た目・マナー
    • 笑顔・明るい印象がある
    • 相手に聞こえやすい声を意識している
    • 服装が整っている
    • 相手のよって態度を変えていない
  • 面接
    • 質問に対して回答できている
    • 論理的に話ができている
    • 相手の話に対してリアクションがある
  • 応募先
    • 自分のやりたいこと・やりたくないことにあった企業を選んでいる
    • 面接に慣れていない人は多くの会社に応募している

面接官の立場になった時にどういうことをしておくのがいいのかポイントを抑えて行動しています。
また、自分の苦手なところを認識した上で対策しているからこそ効率的に就職活動が出来ている人が多いのではないでしょうか。

内定もらえない人の特徴

  • エントリーシート
    • 字が雑
    • 誤字脱字がある
    • 何が言いたいのか伝わらない文章になっている
  • 見た目・マナー
    • 暗い印象がある
    • 声が小さい
    • 服装が乱れている
  • 面接
    • 話しているうちに質問を忘れてしまう
    • 回答が一貫性を持てていない
    • 自分の回答を考えていて、相手の話を聞けていない
  • 応募先
    • 企業研究をしていない
    • 有名企業しか応募していない

出来ていない・していないことに落ち込む必要はありません。
まだまだ出来ることがあると気づくことが大事です。
せっかく努力するなら無駄な努力を省き、内定をもらうための行動に絞ることが大事です。

次に何をしたらいいのか具体的な行動を参考にまずは動いてみましょう。

遅いなんてことはない!内定もらえていない人がすべき行動3選

今での行動の振り返りを行う

  • 受けた会社の洗い出し
  • どこまで進んだか?
  • 原因はどこにありそうか?

ネガティブなことを考えてしまう人にオススメなのが、振り返る時に紙かパソコンで書き出すことです。
頭の中だけで考えると同じ思考がぐるぐるしてしまうことがあり、新しい気づきが生まれにくく、むしろ自分に対する嫌悪感からストレスを感じやすくなります。
好循環に入るためにも、まずは上記のポイントを書き出してみましょう。

自分の軸を見つめ直す

  • 人生でやりたいこと
  • 人生でやりたくないこと

世の中の流れや応募先の会社の都合も大事になってきますが、それよりも大事なことは自分の人生です。
どういう人生を歩みたいのか決めることができるのは自分しか居ません。
自分の人生の軸がブレてしまうと周りに流されて気がついたら自分が行きたくなかった目的地についてしまうこともあります。

社会人に相談する

  • 現状を話した上で、さらにできることはないか聞いてみる
  • 自分に向いていそうな業種・仕事を聞いてみる
  • どういう基準で仕事を選んだか聞いてみる

自分だけで答えを出そうとすると時間がかかり過ぎてしまうことがあります。
相談するのが苦手で、相談するのは恥ずかしいと思う人もいるかと思います。
ですが、自分一人で1週間悩んでたことがすでに知見や経験がある人に相談すると10分で解決することもあるんです。
1週間も悩んだストレスが一瞬の行動で無くなってしまうのです。

相談に慣れていない人は小さい相談からしてみるのも試してみましょう。

いつも相談しているけど良い解決方法が得られないという人は相談する人を変えてみると今までに無いアドバイスがもらえると思います。

まとめ

内定がもらえていないと人生が終わってしまったと思えるほどの絶望感に苛まれる。まだ諦めるには早いこと。

絶望感を脱する1番の方法は行動です。
まだ出来ることがあるはず!と冷静に立ち返って自分自身に行動を促してみましょう。

素敵な会社との出会いがすぐそこに待っているかもしれないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします