就活がもう嫌だと思う理由と嫌だと思ったときに取るべき行動5つ

就活を始めて、上手くいかずもどかしい思いをしたり、周りと比較して焦りを感じてしまったり、大学と就活で忙しかったりと思った以上に大変だな感じている人も多いのではないでしょうか?

今就活をやっているけど、
「正直就活はもう嫌だ……。けど、頑張らないと。」

このような気持ちでいっぱいの人も多いのではないででしょうか?

僕も就活をしているときは、もう嫌いやだなと思う瞬間がありました。しかし色々と考えているうちに就活を嫌だなと感じることがなくなりました。

そこでこの記事では、「就活がもう嫌だ」と思っているあなたに向けて

  • 就活が嫌になる理由
  • 就活がいやになったときにやってみること
  • 内定が貰えず辛いときにやること

3つについて紹介します。

この記事を読み終わることには、就活を上手く進めるためには何からするべきなのかがわkる内容になっています。

3分程度読める内容なので、最後まで読んでみて下さい。

就活がなんでこんなにも嫌なのか3つの理由

まず初めに就活が嫌な理由について紹介します。

なぜあなたが就活を嫌だと思っているのか、原因を知るところから初めましょう。原因が分かれば対処もしやすくなります。

就活が嫌だと感じている人の主な原因は3つ

  • なんとなく就活をしてしまっている
  • 内定が貰えずつらくなっている
  • 正解が無いことをやる経験がはじめてだから

上記3点です。具体的な内容についてはこれから紹介していきます。

なんとなく就活をしてしまっている

就活が嫌だと思っていたり、就活が上手くいかなくて…と思っている人の大半がなんとなく就活している事にあります。

「周りが就活しているからしないと」
「大学4年で就活しているのは当たり前」

このような気持ちで就活している人が、就活嫌だと悩んでいたり上手くいかない傾向にあります。

まずは「あなたがなぜ就活をするのか?」就活をする意味を見つけましょう。就活をする意味を見つけると、気持ちが落ち込んだときや、逃げたくなったときに、心が迷わずにもやもやとした悩みが少なくなります。

内定が貰えずつらくなっている

就活が嫌になってくる原因の一つが内定がもらえないことではないでしょうか?

から送られてくるお祈りメールを見るたびに、自分が否定されたような気分になり落ち込みますよね。

体力的にも精神的にも辛くなり 嫌気がさしてきます。

僕もお祈りメールをもらい過ぎて、就活が嫌になったことがあるので気持ちがよく分かります。

しっかりと取り組むことができれば、内定をもらうことができるので、リフレッシュしながら就活をするのがオススメです。

正解が無いことをやる経験がはじめてだから

就活が嫌になったときに、「なんで嫌なのか」を考えたときに、正解がないことに取り組む辛さがあると分かりました。

今までの教育では答えがあるものに対して、取り組んでいましたよね。

しかしこれまでとは違い、就活は答えの無いことに取り組むことになります。

そのため、先が見えない道を進んでいるようで不安や焦りが出てきて、就活が辛くなり嫌になってしまいます。

就活には正解がないということを頭の片すみにおき、後悔の無いようあなたが納得する選択とは何かを決めておきましょう。

就活が嫌だと思ったときに始めにやること

ここでは、就活が嫌だと思ったときにやるべき2つのことについて紹介します。

なぜ就活をするのかを考えてみる

まず一つ目は、「なぜ就活するのかを」考えてみことです。

就活することが目的にならないために、一度考えることが重要です。

「周りが就活しているから」や「就活する年になったから」という理由だとどうしても、モチベーションが保てなくなるからです。

そのために就活や仕事をする目的を見つけることが大事なんです。

就活が嫌になったら、自己分析を見直したり、将来について考えて就活する意義をみつけましょう。

相談相手を見つける

2つ目が相談相手を見つけアドバイスをもらうことことです。

就活が行き詰まったり、悩んでいる人の多くが一人で悩んでる場合が多いです。

相談する人がいないことで、客観的な意見をもらえなかったり、悩みを解決できる機会を失っています。

大学のキャリアセンターや、先輩、友人に相談するなどして、アドバイスをもらいましょう。

ちなみに、就活で客観的な意見をもらうことは重要です。選考はすべて他社から評価されるからです。

自分がどう見られているか、見えるのかなどを知るためにも相談できる相手を見つけるようにしましょう。

内定をもらうためにやること3つ

最後に内定をもらうためにやるべきこと3つを紹介します。

やるべきこと3つは

  • 就活のプロに相談する
  • 就活を楽しむめるようにする
  • 一度就活を忘れ休暇をとる

具体的に紹介していきます。

就活のプロに相談する

1つ目はキャリアチケットJobSpringのような無料で利用できる就活支援サービスを利用してみることです。

就活支援サービスでは

  • 自己分析・業界研究のアドバイス
  • エントリーシートの添削
  • 面接対策
  • 自己分析に基づいた企業紹介
  • 企業からスカウトがもらえる

上記のようなサポートが無料で受けることができます。

相談する相手がいなかったり、とにかく1つ内定をもらいたいという方は利用してましょう。大手企業やリクナビやマイナビを使っているだけでは、知ることができないような優良企業を見つけることができます。

就活を楽しむめるようにする

2つ目が就活に楽しみを見つけることです。

楽しみがない就活のだと、どうしても前向きになれません。辛いという感情や嫌だとという気持ちが強いとマイナス思考になり、就活が上手くいきません。

そのため、小さいことでもよいので楽しみを見つけましょう。

僕も場合学生時代は、地方に住みながら東京の企業を受けていました。「選考に通過したら東京旅行だ!」という楽しみを作っていました。

他にも訪問する企業のオフィスのオシャレ具合を心のなかで評価したりと楽しんでいました。

就活は大変なものですが、少しでも楽しみを見つけると辛さがなくなり、前向きになれるので楽しみを見つけてみましょう。

一度就活を忘れ休暇をとる

最後に、就活が嫌になったら思い切って1週間くらい就活を休んでみましょう。

就活は慣れない面接や説明会などの活動を行うので、精神的にも体力的にも辛くなってしまいます。

精神的にも体力的にも辛いと、就活が嫌になったり選考で自分の力を出せなかったりと、上手くいかなくなる原因にもなります。

就活期間はなれないことの連続なので、休暇もとりながら活動しましょう。

まとめ:諦めずに継続が大事

この記事では、「就活が嫌だな」や「就活辛いな」と思っている方に向けて原因と対策を紹介しました。

内定がなかなかもらえず就活が嫌になりそうなときもありますが、休みを取りつつ無料就活サービスなど上手く利用して諦めずにやりましょう。

無料就活サービスの紹介については、「【就職のプロ】就活相談で本当に役立った5社のおすすめ就職サイト」でまとめています。

無料就活サービスについて詳しく見る