【今さら聞けない】知らないと損する面接マナーまとめ

「面接で大切なマナーってなに?」
「面接でどんなことをやったらNG?」
「就活のビジネスマナーとか全然わからない…」

このような悩みを抱えて就活をしている就活生は、実はかなりいます。
面接ではNGマナー1つで選考から落とされてしまうことがあるので、面接のマナーは絶対に押さえておきたいポイントです。

この記事では、面接における【絶対に押さえておく基本マナー】について説明していきます。
面接直前にこの記事を読んでもわかりやすいように簡潔にまとめてあるので、時間の無い方も安心して最後まで読んでください!

この記事を読んで、面接マナーの不安・疑問を徹底解消していきましょう!!

面接前のマナー:髪型・服装編

ここでは、面接前にできる服装・髪型に関するマナーについてまとめていきます。

髪型は清潔感を大切に

面接で大事なのは「清潔感」です。
寝癖や茶髪など、だらしない髪型をしていると「仕事のやり方もだらしないのかもしれない」と面接官が不信感を抱いてしまうかもしれません。

また髪が顔にかかり、表情が隠れていると暗い印象を与えてしまいます。
前髪が長い場合は、事前にカットしておくか、女性の場合はピンで止めるなどして顔を出すようにしましょう。
会話中にうなずいたり顔を動かしたりしたときに、髪が顔にかかると、採用担当者が気になってしまいます。

しっかりまとめて、面接に集中して臨みましょう。

服装 〜オフィスカジュアルには要注意〜

就活面接時の服装は、大きく分けて「スーツ」と「私服」の2パターンがあります。

スーツは自分の体に合ったサイズのものを。

私服は、オフィスカジュアルを基本として考えましょう。

オフィスカジュアルとは、カジュアルすぎない、キレイ目な服装なことを指します。

基本アイテムの具体例を挙げると
男性…シャツ、カーディガン、ジャケット、チノパン
女性…ブラウス、カーディガン、ジャケット、パンツ、スカート
などです。

オフィスカジュアルに当てはまらないものとしては
Tシャツ、パーカー、スウェット、トレーナー、ジーパン、サンダル、スニーカー、ミニスカートなどの露出の多い服
などが挙げられます。

就活面接はフォーマルな場であるということを忘れずに、服装にも気を使ってください!

面接前のマナー:入室編

以上では、面接前の「服装・髪型」に関するマナーについて解説しました。

では、面接会場における「行為」におけるマナーとは具体的にどのようなものがあるのか。

ここでは、面接の際の「入室」時に関するマナーについて解説していきたいと思います。

10分前行動を心がける

まずは大前提として、遅刻はNGです。
これは社会人として以前に、人としてやってはいけないことです。
絶対に気をつけましょう。

また、遅刻しないからといって、集合時間ギリギリに到着することもあまりよろしくありません。

最低でも5分前には到着していることが望ましいです。

従って、余裕を持って10分前行動を常に心がけておくことが大切なマナーの1つとして挙げられます。

控え室では静かに

企業によっては、受付を終えると面接待ちの控え室に通されることがあります。

案内されて控え室に入った際にもしも先客がいたら静かに席について順番を待ちましょう。
同室の人に話しかけることはあまり望ましくありません。

控え室と言えど、面接はすでに始まっているからです。
他人と話すこと、スマホをいじくること、キョロキョロと周りを見ることなどをすると、マイナスのイメージを与えてしまいます。

資料を見るなどして、静かに待機していましょう。

ドアノックはゆっくり3回

名前を呼ばれ、面接会場に向かいます。

面接会場に入室する際にまずするべきことは、ドアノックです。

ドアノックはゆっくり3回

と覚えておきましょう。

国際的には4回となっていますが、日本では3回が通例となっています。
2回だと空室確認のノックという意味があります。

「3回」という数字が大切です。

また、ドアノックをするスピードも気をつけることの1つです。

ノックのスピードが速すぎると、面接官に焦らせている印象を与えてしまう可能性があります。
焦らずゆっくり、そしてしっかりと3回ノックをしましょう。

ハッキリと大きな声で「失礼致します」

ノックをすると、面接官から「どうぞ、お入りください」と言われます。
大きくハッキリとした声で「失礼致します」と返事をし、ドアを開けて入室しましょう。

ドアを開けて入室したら、静かにドアを閉めましょう。

入室したら、まずお辞儀

ドアを閉め、入室したら、まずはお辞儀をします。

この時注意すべきことは
・面接官の方をしっかり向く
・斜め45度の角度でお辞儀をする
ということです。

お辞儀の角度には、その状況に応じた適切な角度の目安があります。
しっかりとしたお辞儀は礼儀正しい印象を与えることができるので、ぜひ意識して行いましょう。

頭を下げたところで少し静止すると、見栄えがよくなります。
実践してみましょう。

椅子には勝手に座らない

一礼したら、椅子の近くに歩いていきます。

この際、勝手に椅子に座らないように注意しましょう。

基本的には
・椅子の横に立つ
・「〇〇と申します。本日はよろしくお願い致します。」と言い、お辞儀をする。
・面接官から「どうぞ、座ってください」と指示が出る
・椅子に座り、面接が始まる
という流れが一般的です。

椅子には、指示を受けてから座るようにしましょう。

面接中のマナー

無事に入室し、椅子に座ることができました。

面接中に面接官がチェックしているのは、話の内容だけではありません。
立ち振る舞い、言葉遣い、姿勢、コミュニケーションの取り方などを総合的に評価しています。

ここでは、面接中のマナーについて「姿勢」「表情」「話し方」について解説していきます。

椅子には浅く腰掛ける

面接時には、背筋をしっかりと伸ばして姿勢良く椅子に座ることがポイントです。

注意すべきなのは、深く座りすぎず、背もたれを使わないようにすることです。
背もたれに寄りかかることで、面接官から見える顔や姿勢が悪く見えてしまいます。

やや浅めに腰掛け、綺麗な姿勢で質問に答えていきましょう。

面接官の方向をしっかり見る

面接中の目線は、しっかり面接官に向けるように意識しましょう。

うつむいたり、視線がそれていたりすると、「自信がない」という印象を与えてしまう可能性があるからです。

目線は非常に重要です。
たとえ心の中では「話に自信がない…」と思っていても、しっかりと相手の目を見つめることによって、自信があるように見えます。

しかし、目線を意識するとは言っても、面接官を凝視してはいけません。

堅くなりすぎず、リラックスした表情で、面接官に目線を向けることが大切です。

結論・ポイントを提示

面接官の質問をしっかり聞く。
これは大前提です。

そして、質問に対して、話が長くならないように簡潔に答えることが大切です。

その際、工夫できる点として

・結論から伝える
・話のポイントを明示する

ことなどが挙げられます。

このようなことを工夫することで、面接官に対して自分の話を的確に、そして簡潔に伝えることができます。

また、言葉遣いにも注意してください。

砕けた話し方ではなく、しっかりとした敬語をつかよう心がけるようにしましょう。

面接後のマナー

面接官からの質問が終わり、面接が終了しました。
しかし、面接が終わったからといって気を抜いてはいけません。

退室までしっかりとした態度で臨むことが求められます。

ここでは、面接後のマナーについて解説していきます。

しっかりお礼とお辞儀をする

面接が終了したら、まずは起立をします。

そして、「本日はどうもありがとうございました」と言って、斜め45度の角度でお辞儀をしましょう。

この最後のお礼とお辞儀は、絶対に欠かしてはいけません。

感謝の気持ちを最後にしっかり伝えることは大切なマナーだからです。

お礼をしたら、バックやコートなどを持ち、面接官に対して「失礼します」と一言述べてから、退室するドアの方向に歩いていきましょう。

そして、ドアの前に立ち、もう一度面接官の方を向き、「失礼します」という言葉とともにお辞儀をしましょう。

お礼の数が多いと感じるかもしれませんが、これが面接時のマナーです。

ドアは静かに閉める

退室し、ドアを閉める際にも気をつけましょう。

ドアによっては、多少の力で非常に大きな音が出てしまうものもあります。

力に注意しながら、丁寧に静かにドアを閉めましょう。
常に丁寧な態度を示すことで、面接官に対して好印象を与えることができます。

最後まで気を抜かないようにしましょう。

面接のマナーより重要なこと

ここまで、面接のマナーについて面接前から退室まで解説してきました。

しかし、どれだけマナーを磨いても、ある「重要なこと」が欠けていては話になりません。

ではその「マナーよりも重要なこと」とは何か。

それは、「自分の言葉で語ることができる志望動機・自己PR」です。

これは、面接においてマナーよりも重要なことです。
自分の言葉で話すことができないと、いかにマナーが良くても「自分」を伝えることができません。

これがまだできない人は、まずはここから準備をしていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

就活における面接のマナーに対する疑問・不安が解消されたのではないでしょうか。

面接のマナーは今までずっと学生だった就活生にとって、知っていないとわからないことです。
そのため、この記事をしっかり読んで、マナーが万全の状態で面接に臨んでください!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします