面接で落ちたかもと感じたら?合否フラグを見極めて内定を掴み取ろう

こんにちは。ベターズキャリア編集部です。

やっと書類選考を突破しても次に面接という関門が待っていますよね。

なかには面接を受けているときに、

質問にうまく答えられなかったな。
これは落ちただろうな……。失敗したな。

と感じることがあるのではないでしょうか。たしかに面接官の質問にうまく答えられないと「この面接は落ちたな。」と感じてしまうことがありますよね。

しかし、あなたのイメージと面接官が考えていることが必ずしも一致するわけではありません。この記事では、面接で落ちたと感じたときの対処法と、面接官に見受けられる合格フラグ・不合格フラグについて解説します。

この記事を読めば、面接で落ちたと感じたときにも適切な対処を取れるようになりますよ。

面接で落ちたと感じたときの対処法

面接官からの質問にうまく答えられなかったり、自分のなかで失敗したなと感じると、

もうこの面接落ちたな……。

と感じてしまうことがありますよね。たしかに面接でうまく答えられないのはあなたにとってマイナスです。

しかし、ここでもうだめだ。と諦めてしまうのはまだ早いです。まずは面接で失敗したと感じたときの対処法をご紹介します。

面接で手応えがなくても途中で諦めるのはNG

最初にも述べましたが、面接で失敗しても途中で諦めてしまうのはもったいないです。相手も人間ですから、ここから好印象を与えれば十分に挽回することはできます。

途中で失敗したと感じた時は、まず一度落ち着いて、面接官の立場でここからどうすれば挽回できるを考えてみましょう。

面接官の出す質問には必ず意味が込められています。この意味を汲み取ってしっかりと回答すれば、挽回は十分可能ですよ。

もし、質問の意図が分からなかったら、一度自分の考えを述べたうえで質問しかえしてみるのもいいでしょう。

面接では回答に時間がかかったり、逆質問をしてもマイナス評価になることはありません。むしろ、その姿勢を評価してくれることもあるので、質問には落ち着いて回答するよう心がけましょう。

不合格フラグと合格フラグを見逃さないようにしよう

実は面接には合否フラグと呼ばれているものがあります。これは合格や不合格のときに面接官がどのようなアクションをとるかの特徴を称しています。

よく面接で失敗したけど合格だった。という話がありますよね。

これは本人は失敗したと思っていても面接官はそこまで悪く捉えていない場合によく起こります。ではこれをどのように判断すればいいのか。

ここで活用したいのが合否フラグです。この合否フラグを知っていればあなたが面接中どのように評価されているのかをある程度、把握することができますよ。

面接で落ちたと感じた時はこの合否フラグを確認して今どう思われているのかを確認しましょう。

面接の合否フラグを判断するには?

では、先程ご紹介した面接における合否フラグの特徴を詳しく紹介いたします。これらをしっかりと覚えて面接に役立ててくださいね。

面接でこれがでたら要注意!不合格フラグの特徴

まずは不合格フラグの特徴をご紹介します。これらのうち、ひとつでもフラグがでたら要注意です。しっかりと覚えておきましょう。

  • 予定時間よりも早く面接が終わる
  • 質問が事務的で深掘りされない
  • 次の選考に関する説明がない
  • 面接官の態度がそっけない
  • 会社の仕事内容に関する説明や質問がない
  • 面接官がメモを取らない
  • 合否を後日メールで送ると言われる
これらのケースが全て不合格になるというわけではありませんが、こういった反応が見られた場合は合格の可能性はかなり低いので、そういった場合は何が悪かったのかを振り返り、次回の教訓にしましょう。

これがあれば好印象!?合格フラグの特徴

ではここからは合格フラグの特徴をご紹介します。ここで紹介する特徴が見られれば、面接官から好印象をもたれています。安心して面接を進められますよ。

  • いつ入社できるのか最短の日程を聞かれる
  • 会社の勤務地や職務内容などを想定した質問や説明がある
  • 面接時間が予定よりも長い
  • 面接官がたくさんメモを取っている
  • 会社の社風やメリットなどを面接官が積極的に紹介してくれる
  • 他社の選考状況を聞かれる
  • 次の選考に関する説明がある
これらのケースも必ず合格になるというわけではありませんが、高確率で合格をもらえるので面接時、これらの特徴が見られないかしっかりと確認しましょう。

合格フラグがでても油断は禁物

先程、ご紹介した合否フラグを見極めることで、面接時にあなたがどのように思われているのかは分かりましたね。もし、あなたの面接時に合格フラグを面接官がだしていれば、その面接は高確率でうまくいくでしょう。

しかし、ここで油断は禁物です。

合格フラグ=合格という訳では決してありません。最後まで気を抜かず、質問に落ち着いて答えて、マナーを遵守した態度で面接に挑みましょう。

面接後の通知は早いほうが合格率が高い?

面接でいい手応えでも、手応えがなくても通知が来るまでの期間というのは期待や不安がありますよね。学生の間では通知が遅いと不合格という噂があるというのもよく耳にします。

では合格通知と不合格通知で違いがあるのか、通知が来るまでの目安期間をご紹介します。

合格通知の目安は?

大手求人サイト「リクナビ」が500名を対象にした調査結果によると、最終面接から合格通知が来るまでの期間は以下のようになっています。

  • 当日:21.2%
  • 3日未満:27.2%
  • 1週間未満:42.2%
  • 2週間未満:20.6%
  • 3週間未満:7.4%
  • 1ヶ月未満:6.6%
  • 1ヶ月以上:5.0%
  • 覚えていない:4.6%
この調査結果によると1週間未満に連絡がくるケースが4割を占めるという結果になっています。逆に2週間以上経過してしまうと、合格の望みはかなり低くなるといえますね。

不合格通知の目安は?

次に不合格通知が来るまでの期間を見てみましょう。

  • 当日:5.7%
  • 3日未満:13.7%
  • 1週間未満:43.5%
  • 2週間未満:26.5%
  • 3週間未満:10.5%
  • 1ヶ月未満:9.6%
  • 1ヶ月以上:5.7%
  • 連絡がこない:13.4%
  • 覚えていない:11.8%
こちらも1週間未満に連絡が来るケースが4割を占めています。次に多いのが2週間未満で、それ以降はぐっと数値が減っていることが分かりますね。

また、不合格の場合、通知がこないというケースも見受けられるようです。

両方の結果を見てみると、通知期間に関してはどちらも4割近くが1週間未満で、長くても2週間未満と見ておけばいいでしょう。

どうしても内定がもらえない時は?

書類選考は通るけど、いつも面接を受けると落ちてしまう。

このような場合は、一度就活の戦略自体を見直す必要がある可能性が高いです。

例えば、ひとつの職種にこだわりすぎていたり、誰でも分かるような大手企業ばかりを狙っていると、求人の幅も狭くなり、内定が貰える確率が減ってしまいます。

内定がもらえずに悩んでいるならば、就活のサポートをしてくれるエージェントなどを活用して戦略から見直してみましょう。

就活エージェントに関しては、こちらの記事で紹介しているので、なかなか内定がもらえないという方はぜひ参考にしてください。

【就活エージェントおすすめ特集】 特徴やメリットを徹底解説!

まとめ

いかがでしたか?

就職活動を長く続けていると、面接に落ちたと感じてしまうことが多々あると思います。しかし、そこで諦めるのはもったいないです。

今回ご紹介した面接官の合格フラグ・不合格フラグをしっかりと見極めて、面接を進めればきっといい結果をもらえますよ。この記事があなたの就職活動のお役に立てれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします