面接官に鼻で笑われた・・・バカにされた。その理由ってなに?

2018年11月4日

 

就職活動において大事な面接。

 

みんな頑張って就活に臨むんだけど、たまに最悪な面接官と出会います。

 

それが、鼻で笑う面接官。

 

そして、鼻で笑われた就活生はほんとに傷つきます。

 

そもそも、なんで鼻で笑われたのかな?

 

どうやったら鼻で笑われないようになるのでしょうか。

 

 

面接官に鼻で笑われた理由

 

まずは鼻で笑われた理由についてご紹介します。

 

子供っぽい回答をしてしまう

 

鼻で笑われた理由一つ目が子供っぽい回答をしてしまう。

 

面接官は論理の通った大人っぽい回答を求めているのですが、そこで子供っぽい回答をするとどうしても鼻で笑いたくなってしまいます。

 

例えば、「学生時代に頑張ったことは筋トレです。」

 

本人は頑張っているつもりでも、筋トレというとどうしても趣味っぽい感じがしますし、なにより子供っぽいです。

 

もし、お父さんがここ最近で頑張ったこと何?って聞いて、「筋トレ」って答えられたら鼻で笑いたくなってしまいますよね。

 

この質問の意図は、仕事や家の仕事で頑張りを聞いているんだけど、なんか子供っぽい感じがする。

 

子供っぽい回答を面接官が聞くとどうしても鼻で笑いたくなってしまいます。

 

参照:https://news.careerconnection.jp/?p=51194&page=2

 

論理が通っていない

 

面接官に鼻で笑われた理由が2つ目が論理が通っていないこと。

 

論理が通っていないPRを聞いてしまうと、「矛盾してるな」と思い笑ってしまいます。

 

社会人の多くはビジネスをしていますが、このビジネスは論理性が求められます。

 

そもそも、なぜこれをしていて、なぜこのような結果になるのか。

 

この悪い結果をどうやって解決するのかと日々考えて、解決策を練り実行に活かさなければなりません。

 

そうやっている面接官は論理性を身につけるので、面接で回答の矛盾に気づいてしまい、鼻で笑われてしまいます。

 

論理性をみにつけたいとか、論理とはなにかを知りたい方は論理について書かれた本を読むことをおすすめします。

 

やりたい理由がミーハー

 

面接官に鼻で笑われた理由3つ目がやりたい理由がミーハーな点。

 

就活生はマーケティングやりたいやりたいと言います。

たしかに、マーケティングは耳触りがいい言葉でカッコよく感じるので、人気です。

 

一方でかなり地味な仕事でもあります。

その華やかな部分だけを見て、マーケティングやりたいと強く主張してくるのにもかかわらず、その理由がミーハーの部分しか見えない場合。

 

「現実が見えていないんだなと。」

 

笑ってしまいます。

 

模範回答

 

鼻で笑われる理由が模範回答なってしまっている点。

 

面接の答え方というのはマニュアルが出回っていて、みんな同じような回答をしています。

また、その回答が御社の◯◯が好きだからとか、◯◯に憧れてとか、誰でも答えられるような回答だったりします。

 

いわゆる、模範回答なのですが面接官は聞き飽きていますし、就活生の人間性を感じられません。

もう、飽き飽きとしてしまうので、思わず鼻で笑ってしまうのです。

 

自分の実体験のエピソードであれば、ほぼほぼ他の人と被らないので、エピソードベースに話せば鼻で笑われる確率が少なくなります。

 

 

面接官に鼻で笑われないようにするには

 

面接官に鼻で笑われる理由をご紹介してきました。

次に、面接官に鼻で笑われないようにする方法をご紹介します。

 

面接練習をしっかりする

 

面接官に鼻で笑われない方法一つめが面接練習をしっかりすること。

 

今までやってきたことも鼻で笑われる原因かもしれませんが、鼻で笑われる一番の原因は面接のスキル不足です。

 

面接でしっかりしていれば、鼻で笑われる確率はかなり減りますし、仮に鼻で笑われるようなことを言ったしても、笑われなくなります。

 

それはなぜか。

 

その理由は同じことを言っても言う人によって違うからです。

 

例えば、のび太が転んだとしましょう。

これは、笑いますよね。のび太らしいと。

 

一方で、出来杉君が転んだとしましょう。

心配になったり、出来杉君でもおっちょこちょいのところあるんだと、逆に好印象を与えることすらあります。

 

しっかりと面接練習をして、スキルをつければ鼻で笑われることはなくなります。

 

プロにアドバイスをもらう

 

鼻で笑われたときの対処法2つ目がプロにアドバイスをもらうこと。

 

このページで鼻で笑われた理由を紹介してきましたが、人によって笑われる原因は様々ですし、こ例外の理由である可能性があります。

 

そこで僕がおすすめするのが、プロにアドバイスをもらうこと。

 

プロからアドバイスをもらえば、鼻で笑われた理由が明らかになりますし、なにより面接のスキルは格段に上がります。

 

もちろん、本人の頑張り次第ですが、内定をもらえる人もたくさんいます。

 

ですので、プロに相談するサービスを使ってみることをおすすめします。

その中でも、キャリアチケットはおすすめですね。

 

【キャリアチケットの評判・口コミ】内定を確実に取るためにするべきこと

就活で相談する相手がいない・・・無料でプロに相談できるサービスがあります

 

まとめ

 

面接官に鼻で笑われる理由と鼻で笑われないようにする方法についてご紹介してきました。

 

鼻で笑われるような話し方をしたのもまずいかもしれないけど、そんなの気にしないでドンドン突き進むことがおすすめ。

 

若い時を思い出してほしんだけど、めちゃくちゃ失敗してがむしゃらに頑張ってたと思うんだよね。

 

自転車にしろ九九の掛け算にしろ。

 

面接官に鼻で笑われようがなにしようが、気にしないで頑張れることが一番伸びます。

 

傷つくと思いますが、気にしないで頑張って行って欲しいですね!

 

【面接官に鼻で笑われた向け人記事一覧】

面接が苦手で受けたくない・・・苦手な人が取るべき行動って?

面接行きたくない・・・行きたくない理由とやるべきこと

就活がつらい・・・そもそもなんで就活って辛いんだろうか?

面接で緊張しない方法って?面接で緊張する理由ってなんだろう・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

就活コラム

Posted by koi