マッチャーの評判が気になる。。就活で勝ち抜ける3つのサービスを教えちゃいます。

Rene
こんにちは。自他ともに認める行動力によって、Twitterでインターン先を見つけたReneです。

突然ですが、あなたは就活において、悩める仔羊状態になっていませんか?

この記事を読んでる人の中には、就活真っ只中の人もいれば、これから就活が始まるという人もいるでしょう。

就活ってものすごく不安になりますよね。

「自分がどんなことをしたらいいんだろう。」
「本当にこの道で正しいのかな?」

などなど。いろんなことで悩むでしょう。

ネットに転がっている診断テストを受けまくったり、友達に相談しまくったりしているけど、いまいちピンとくる答えが返ってこない。

当たり前です。

なぜなら、答えは常に自分の中にしかないからです。

けれど、答えまでのプロセスを知っている人はたくさんいます。

自己啓発系の本を読んだり様々な自己分析を試したりしているかもしれませんが、正直その時間は無駄です。

それなら1人でも多くの社会人に話を聞きに行ったほうが早いです。もちろんまともな人に限りますが。

程度の差はあれど、社会人は就活を経験しているので、就活におけるプロといえます。

この記事では、就活のプロと繋がる方法をご紹介することによって、あなたが1つでも多くの行動を取れるようなお手伝いをさせていただきます。

Matcher(マッチャー)とは?

まず1つ目にご紹介させていただくサービスはこちら。マッチャーです。

マッチャーというのは、社会人の方が、自分の就活の相談に乗ってくださるかわりに、こちらからも何かお返しをするという、ギブアンドテイクができてしまうサービスです。

人に相談するときって、少し気が引けてしまいませんか?
友達なら「ありがとう〜!」で済むかもしれませんが、相手が社会人だと貴重な時間を奪ってしまう、という罪悪感が拭えないですよね。

しかしマッチャーだと、こちらからもギブできるので、気兼ねなく相談できてしまいます。

また、「自分なんかにはあげられるものなんてないよ…!」と思う人もいるかもしれませんが、安心してください。誰でもできるようなものばかりです。

こちら

こちら

このような感じなので、就活に意識さえあれば誰でもできます。

興味を持てた方はぜひ検討してみてくださいね。

Matcher(マッチャー)の悪い評判・口コミ

ユニークな方法で就活生の悩みを解決してしまうマッチャー。

気軽に社会人とマッチングできて、一見とても機能的に見えますが、だからこそ悪い評判もあります

ここでは、マッチャーの悪い評判をお伝えすることで、あなたがより的確な判断を下せるようにお手伝いさせていただきます。

無理やりお酒を飲まされた

しゅふさんは、OB訪問をするためにマッチャーを使ったところ、無理やりお酒を飲まされてしまったようですね。

非常な残念なことに、マッチャーを出会い系アプリのように使う人は、一定数います。被害にあった女性はなかなか言い出せなくて困っている場合が多いです。

他にも、OB訪問で内定の代わりに男女の仲を求められるケースや、チャットで連絡をとっているときに就活とは関係のないこと(彼氏の有無など)を聞かれるケースもあるようです。

就活セクハラは今に始まったことではありませんが、それにしても酷いですよね。

内定をチラつかせられると、ちょっとくらい仕方ないかと我慢してしまうかもしれませんが、我慢する必要はありませんし、そんな会社に勤める必要はありません。

自分の身を守れるのは自分しかいないので、会話内容を録音したり、なるべく夜に会わないようにしたりして、対策をきちんと取りましょう。

連続でドタキャンされた

次の悪い評判はこちらです。

ういるんさんは、マッチャーで連絡を取っていた社会人に、音沙汰なしにドタキャンされたようです。しかも2人連続なので、マッチャーって大丈夫なのかな?って疑心暗鬼になってしまいますよね。

いくら社会人が忙しいとは言えど、何日経っても返信がこないとか、直前になっていきなりドタキャンとかは人として最低ですよね。

連絡が遅かったり、ドタキャンをしたりする人は、相手の気持ちが分からず、責任感がありません。

なので、マッチャーで社会人を選ぶ際は、責任感のあるプロフィール作り(顔出ししてるとか)をしている人を選ぶようにしたり、万が一ドタキャンされて予定が空いてしまっても、対応できるように準備しておきましょう

Matcher(マッチャー)のいい評判・口コミ

ここまででマッチャーの悪い評判をご紹介してきましたが、もちろんそれだけではありません。

マッチャーを使って、とても良い経験をできたという方もいます。きちんと相手を選べば、危険なサービスではないし、それどころか人生の転機にもなりえます。

ここではマッチャーを実際に使ってみて、良いと思った人の評判や口コミなどをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

めちゃ熱!

大川さんは、マッチャーで、就活だけでなく今後も付き合っていきたいと思えるような方と知り合えたようですね。

最初からこんなふうに順調にいくことはなくても、地道に多くの人と会うようにすれば、自分が納得いく答えをくれる人が現れます。

諦めない心が大切です。

使いやすい

うーぶれさんは就活で悩んでいることをマッチャーを通して知り合った社会人に相談したようです。

セクハラやドタキャンをする社会人もいるとは思いますが、そんなのはやはりごく一部。
きちんと探せば優しく相談に乗ってくれる人もいます。

ただ、最初は優しく見せかけて、内定をとったあとに「お祝い」と称してご飯に誘ってくる人もいるので要注意です。

少しでも怪しいなと思ったら、「予定がわかり次第連絡します」などと言って、向こうから連絡しづらいようにしてシャットアウトしてしまいましょう。

Maco@20卒さん

こちらは他の方とのやりとりの中から抜粋させていただきました。

就職支援課でメールを送って問い合わせるより、マッチャーの方が気軽に会えると言っていますね。

堅苦しい雰囲気が苦手な方には、簡単にアポイントメントがとれるマッチャーが便利です。

Matcher(マッチャー)のちょっとおトクな使い方

リスクもあるけど、やはり使い勝手が非常に良いマッチャー。

就活セクハラやドタキャンの噂を聞いて不安になったかもしれませんが、自分でリスク管理をすれば安全に使えます。

こちらでは、この記事を読んでいるあなたが充実した就活を行えるように、マッチャーの使い方についてわかりやすく解説させていただきます。

自己分析

まず1つ目は自己分析です。
自己分析ってすごく難しいですよね。

「自分はどういう人間なんだろう」とか「自分が本当にしたいことってなんなんだろう」とか。

こういうことって、自分の中に答えがあるはずなのに、答えが分からなくて苦しんだり、塞ぎこんでしまったりしている人が多いのではないでしょうか。

でも、そんな時こそ人に相談した方がいいです。

自己分析というのは自分でするものですが、自己流に走って間違えているというケースがあります。

なので、就活を通して自己分析ができるようになった人、つまり社会人のアドバイスを聞くのが1番早いです。

実際に私も自己分析ができなくてすごく苦しんでいましたが、社会人の方に相談したら、あっという間に解決してしまいました。

社会人なら誰でもいいというわけではありませんが、マッチャーで自己分析についての募集をかけている人なら、少なくとも自己分析はできているので、参考になるアドバイスをいただける可能性が高いです。

自己分析の相談に乗ってくれる人は7000人いるので、自分が信頼できる社会人を探してみましょう。

こちら

面接の指導を受けられる

次にご紹介する、マッチャーのお得な使い方はこちら「面接の指導を受けられる」というものです。

面接って緊張しますよね。。

相手の一挙一動が気になってしまったり、想定外の質問を浴びせられたり。
緊張で話したいことが吹っ飛んでしまうという方が多いのではないでしょうか。

場慣れしようにも、面接を練習がてらに受けられる機会ってそんなにないし、質問を予想しようにも、上層部が何を意図して聞いてきてるのかなんて、なかなか自分ではわからないでしょう。

しかし、マッチャーにはIT系や国家公務員など、様々なジャンルの賢い社会人が揃っています。

なので、彼らの思考を理解できれば面接の対策が効率的にできるようになるし、面接の練習に付き合ってもらうことで、場慣れすることもできてしまいます。

踏み台にするつもりでいいので、利用してみてはいかがでしょうか。

仕事を一緒にする

「仕事を一緒にする」と聞いて、なんだそれ?と思った方もいるかもしれませんが、実際に就活相談に乗る代わりに「一緒に仕事をしてほしい」とか「長期インターンをしましょう」などと切磋琢磨できる仲間を探している場合があります。

全体的に見た時にこういう募集をかけている人はそんなに多くはありませんし、必ずしも自分の興味がある仕事内容でない場合もあるので「何が何でもやった方がいい」とは思いません。

しかし、社会人と仕事をすることは決して損にはならないし、それどころか周りの就活生に差をつけられるのでとても成長が期待できるやり方ではあります。

もし少しでも興味が湧いたら、話だけでも聞いてみるといいでしょう。

Matcher(マッチャー)以外で評判のいいサービス

ここまでで、マッチャーについての理解がかなり深まったのではないでしょうか。

マッチャーは他の就活サービスと比べたとき、悪い口コミがすごく少ないので、今すぐ話を聞いてもらいたい!という人は登録してみてもいいかもしれません。

ただ。

実は他にも就活生にとって便利なサービスがあるんですよね。

話を聞くにいくだけで美味しいお肉にありつけたり、志望企業にいる同じ大学の先輩とマッチングできたり。

選択肢はなるべく多い方がいいと思うので、そちらについてもご説明させていただきますね。

ニクリーチ

まずはこちら、ニクリーチからご紹介させていただきますね。

ニクリーチと聞いてどんなサービスだか想像がつきますか?

なかなかつきにくいと思うのですが、名前そのままで、「ニク(肉)」に「リーチ」できるサービスなんです。

ただ、お肉にありつくにはもちろん条件があります。履歴書を書かなくてはいけません。履歴書に興味を持った企業からスカウトがきて、お肉が食べれるようになります。

サイバーエージェントやグノシーをはじめとした大手企業が100社以上登録していますし、美味しいお肉をどれだけ食べてもサービスは全て無料です。

なので登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

ビズリーチ・キャンパス

お次はこちら、ビズリーチ・キャンパスです。

ビズリーチ・キャンパスは、同じ大学や同じゼミの人と簡単に繋がれる就活サービスです。

訪問依頼も指一本で簡単にできてしまいます!

どこの馬の骨かもわからないような社会人と会うのは怖いかもしれませんが、同じゼミだった先輩とか、同じ大学を卒業した先輩とかだと、比較的安心して会うことができるのではないでしょうか。

また、人は環境に左右される生き物です。

さまざまな考え方の人と関わるのも大切ですが、人生を左右するような相談をするときは自分と似た価値観の人や、自分と似た悩みを乗り越えた人に相談した方が、自分にあったアドバイスをもらえます

就活はプロに相談するのがおすすめ

ここに至るまで、さまざまな就活サービスをご紹介させていただきましたが、お気に入りのサービスは見つかりましたか?

結局、就活のことは就活のプロに聞くのが一番です。

就活塾などにお金をかけるのもありですが、世の中には無料で受けられるサービスがたくさんあります。
先ほどご紹介したマッチャーやニクリーチだけでなく、キャリアチケットや就職エージェントneoなども実用的です。

詳しくはこちらにまとめていますので、気になった方は読んでみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします