就活エージェントってホントに使えるの?悪い評判まで徹底調査。

こんにちは。自他共に認める行動力で、ツイッターからインターンを始めることに成功した、大学1年生のReneです。

突然ですが、あなたは就活エージェントがなかなか決まらなくて困っていませんか?

それもそのはず。就活エージェントってどれも名前が似てて、サービス内容の違いが理解しづらいですよね。

「なるべく早く就活を終わらせたい!」
「大手優良企業に就職したいなあ。。」

などなど。就活に対しての理想像は本当に人それぞれですよね。

就活では情報量が本当に大切です。
世の中にはたくさんの会社があるので、自分1人では調べきれませんよね。

情報不足のせいで優良企業を逃してしまって後悔したくない

そんなあなたにこそ、就活エージェントの利用はオススメです。
就活エージェントでは、あなたの代わりに、就活に関する情報を集めて、厳選したものだけを紹介してくれます。

しかし、だからこそ、自分にあった就活エージェントを見つけないとストレスになってしまい、逆効果になることもあるんです。

適当に選んだら死ぬほど後悔する就活エージェント

ここでは、あなたがスムーズに就活エージェントを決められるように、お手伝いさせていただきます。

参考にしてみてくださいね。

なぜ就活エージェントが決まらないのか

あなたは、「なぜ就活エージェントが決まらないのか」ということについて考えたことはありますか?

「そんなの、探してる最中だからでしょ。」と思うかもしれませんね。

しかし、就活エージェントが決まってない理由はもっと根本的なところにあります。

ここでは、就活エージェントが決まらない理由について、大きく分けて以下の2つの視点から解説していきます。

  • そもそも就活エージェントに対して不信感がある
  • 就活エージェントの会社の区別がついていない

ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも就活エージェントに対して不信感がある

まず1つ目の理由はこちら。
「そもそも就活エージェントに対して不信感がある」という理由です。

就活エージェントは、就活のプロがESシートの添削や面接の練習などを無料でしてくれます。
企業との連絡を就活生の代わりに取ってくれるエージェントもあります。

これだけのサービスが受けられて、全部タダ

無料ほど怖いものはない、と不審に思う方も多くいることでしょう。

しかし大丈夫です。就活エージェントは、就活生からお金を取らない代わりに、登録している企業から「紹介料」としてお金をもらっています。

就活生からお金を取る、ということは一切ないので安心してサービスを利用しましょう。

就活エージェントの会社の区別がついていない

さて、就活エージェントの仕組みが怪しくないということについて分かってきたところで、実際に探してみようと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ここでまた壁にぶち当たるわけですね。

就活エージェント、種類が多すぎて違いが分からない

それもそのはず。就活エージェントは大手だけでも10社以上あります
名前も似てますし、全て自分で比較するとなると、キツいですよね。

しかし、しっかりと自分の希望が分かっていれば、見つけやすくなります。
就活エージェントは、他の企業と差別化するために、それぞれ強い特色を持っているからです。

「大手優良企業を紹介してくれるところがいい!」
「電話などのサポートをしてくれるところがいい」
「内定後のフォローをしてくれるところがいい!」

などと、しっかりと自分の理想をイメージするところから始めてみましょう。

就活エージェントの特色の違いを知ろう

さて、絶対に外せない条件は思いつきましたか?

ここからは実際に就活エージェントの特色の違いについて、具体例を用いながら解説していきたいと思います。

「ブランド企業に就職したい」
「一刻も早く内定をとって安心したい」

このように考えている方は必見です。

大手優良企業を多数取り扱っている

就活生なら、誰もがみな1度は憧れる大手優良企業勤務。

「どうせ就活するなら大手も受けてみたい!」
「絶対に大手に就職したい!」

などなど。何も大手だけが全てではないけれど、やはり憧れますよね。

大手優良企業を多数扱っている就活エージェントとして、

  • 就活エージェントneo
  • DODA新卒エージェント
  • ツイング就活エージェント

などが挙げられます。

大手企業への内定はやはり倍率が高いこともあり難易度が高いです。

必然的に高学歴の就活生が内定を勝ち取ってしまうので、早いうちから実績をつけたり努力をすることによって差をつけることを強くオススメします。

また、大手企業のエージェントなので、他の就活エージェントよりも手厚いサポートが受けられないことがあります

なので、実力をつける用と、企業を探す用でサービスの使い分けをすると効率よく内定先が決まるでしょう。

早期内定を実現できる

「就活のプレッシャーに耐えられない。。」
「とりあえずどこかの企業の内定を獲得して安心したい…」

などなど。

一刻も早く内定を獲得したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

早期内定を実現できる就活エージェントとして、ご紹介したいのは以下の3つ。

早期内定を売りにしている就活エージェントは、とにかくイベントが多いです。

企業とイベントを通して繋がることができるので、業界知識も深まりますし、今後の就活にも繋げることができるので、少しでも興味を持てそうなイベントを見つけたら行ってみることをオススメします。

地方の学生にも対応

「情報が早くてカッコイイ、憧れの東京で働きたい〜!」
「地元から東京まで視野を広く持って就活したい。」

などなど、地方にいる就活生の方で、できるなら東京でも就活をしたいと思う方は多いはずです。

実際に東京都の資料によると、東京都の会社企業数は26万社を超えていて、何と全国の企業数の15%以上も占めているんです。

資本金10億円以上の大きな会社になると、46%以上の会社が東京に所在を置いています。
約半数です。 参考:東京の社会経済

就活は今後の人生が大きく変わるビックイベント。広く視野を持つという意味でも東京も候補に入れておきましょう。

地方の学生を応援している就活エージェントはあまり多くはありませんが、きちんと探せばあります。たとえば以下の2つなんかはオススメです。

  • type就活エージェント
  • ジョーカツ

type就活エージェントもジョーカツも、地方からの就活生が無料で泊まれるシェアハウスを用意していますし、ジョーカツは東京までの交通費を15,000円も支給したりと、サービスが充実しています

また、少し趣旨がずれるものの、アデコ就活Spring就活エージェントも地方向けの案件を多数保有しているので使い勝手が良く、優良企業の内定が見込めます。

なるべく評判が良いところを選ぼう

ここまでで、だいぶ就活エージェントの違いについて理解できたと思います。

しかし、しっかりと就活のイメージをして選んでも「最後の最後で悩んで決められない」ということもあるでしょう。もちろんいくつ登録してもOKですが、しっかりと精査して、その上で何個も登録するのと、ただ何となくと登録するのでは全然質が違います。

就活エージェントは、大量にメールを送信してきます。

どうでもいい就活エージェントの、どうでもいいメールのせいで、内定に直結するメールを見落としてしまったら。

ヤバいですよね?

どのセミナーに行けばいいのかわからなくなり、情報の取捨選択も大変です。なので、ある程度まで絞り込めたら、「評判」で決めましょう。

え?評判で決めて大丈夫?

そう思った方も多いのではないでしょうか。

実は、口コミや評判などは、大変参考になります。なぜなら、利用者の意見がダイレクトに反映されているからです。鵜呑みにするのは良くないけど、参考にしたほうがいいことは確か。

ここでは、就活エージェントの評判の調べ方と、注意点についてお伝えしていきたいと思います。

【おすすめ】就活エージェントの評判の調べ方2選

さて、いざ評判を調べようと思っても、効率の良い情報収集の仕方を知らないと、振り回されて困ってしまいますよね。

結論から言わせていただきますと、おすすめのリサーチ方法は以下の2つ。

この2つは、利用者の声がダイレクトに反映されています。

ちなみに、私も調べたのでよかったらみてください…!

良い評判も悪い評判も、全部集めちゃいました

知恵袋でもいいのですが、情報が古すぎてあてにならないことが多々あるし、Googleなどの検索ツールは「検索ツール最適化」というものが施されていて、ある程度知識がある人が書けば、適当な内容でも、システムをかいくぐって上位に表示されることもあるのであまりオススメできません。

その点、みん就などの掲示板やツイッターであれば、利用者の生の声が聞きやすいです

評判だけで決めるのは危険すぎる

軽く就活エージェントの評判の探し方を説明いたしましたが、評判だけで決めるのは危険行為だと言えます。

特に、悪い評判に振り回されすぎないように気をつけてください。

何事も一長一短です

たとえば、手厚いサポートを売りにしている就活エージェントに、自己管理能力に長けている人が登録したらどうなるでしょうか。

普通なら「メールや電話をいっぱいくれてありがたい!」と思うかもしれませんが、自分でスケジュール管理などができる人にとってはめんどくさいでしょう。

なので、悪い評判を見たときこそ「なんでこんなこと書かれてるんだろ?」ということを考えるクセをつけると良いです。

もしかしたら自分には意外と合っているかもしれないし、思考するクセをつけることは、今後の人生にも活かせます。

利用者の良い評判・口コミが目立つところ3選

さて、ここでは実際に評判の良い就活エージェントをご紹介していきたいと思います。

実際に使おうか検討しているところ以外にも、意外と自分に合いそうな就活エージェントが見つけられるかもしれないので、ぜひ見てみてくださいね。

ジョーカツ

まずはこちら、ジョーカツです。
ジョーカツは地方の就活生のために、東京までの交通費1.5万円と無料で泊まれるシェアハウスを用意しています。

とても綺麗なことがツイートからも伺えます。東京は宿泊費が非常に高いので、綺麗なところに泊まろうと思うと高額になってしまいます。

それが2週間も無料だなんて、とってもお得ですね。

地方から来ている就活生が、少なからず東京に対して憧れがあるはずです。
なんせ自分の勤務地になるかもしれませんからね。

やる気に満ち溢れた仲間と触れ合えるのはとても良い経験になると思います。

気になる方はこちら

type就活エージェント

2つ目はtype就活エージェントです。

type就活エージェントの特徴は大きく分けて2つ。

  • 特別選考枠がある
  • 2週間無料で泊まれるシェアハウスがある

シェアハウスがあるのはジョーカツと同じですね。

感想としては、シンプルなものが多い印象でした。本当に良いものに触れて、言葉が出てこなくなってしまったのでしょうか。

ただ、何が良くて何が悪いか、というのは人それぞれなので、しっかりと自分の希望や性格に合うか見極めるようにしましょう。

type就活エージェントはこちら

 

アカリク

アカリクというのは、理系院生向けの就活エージェントです。

バックアップってなんだろ??と思う方もいるかもしれませんね。
このツイートには続きがあります。

かなり手厚いサポートを展開していることで有名なアカリク。

忙しい理系学生にはもってこいの就活エージェントですね。

理系で院まで進んだのに就活に困っている、またはもっと視野を広げたいと思う人にはピッタリです。

 

アカリクはこちら

 

利用者の悪い評判・口コミが目立つところ3選

ここからは悪い評判が目立つ就活エージェントをご紹介していきたいと思います。

しかし、あくまで個人の意見なので、鵜呑みにしないで1度考えてから参考にしてみてくださいね。

キャリアチケット

まずはキャリアチケット。

この他にも、メールがしつこすぎてウザい!という意見も多々見受けられる一方で、下記のように、キャリアチケットでよかった!という意見もありました。

メールが多くて困ったときは、解除する方法を調べればいいし、もしそれでも無理なら会社に問い合わせれば問題ないかと思います。

キャリアチケットはこちら

 

Meets Company

お次はMeets Companyです。

人は見かけ(清潔感や雰囲気)も大事なので一概には言えませんが、100%見た目で判断するのは良くないかなと思います。しかし、生理的に受けつけない相手のアドバイスは聞けないと思うので、本当に無理なら登録しない方が良いです。

ただ、こういう差別的なツイートをすると企業に見られて内定取り消しされることもあるので、気をつけましょう

こちらのツイートをなさった佐藤さんは、Meets Companyの社員の対応がすごく雑だと感じたようです。

約束を破るのは良くないけれど、多くの就活生を相手にしていると忘れてしまうこともあると思います。

こういうときは相手が来るのを待つのではなく、自分から「先ほどの件ですが、どうなりましたか?」などと連絡を入れても良いかもしれませんね。

Meets Companyはこちら

リクナビ就職エージェント

最後はリクナビ就職エージェントです。

リクナビ就職エージェントがいきなり電話をかけてきた!という口コミがいくつか見受けられました。

また、リクナビ就職エージェントはマイナビ新卒紹介と同じ会社なのですが、マイナビも「メールがしつこい」という口コミがありました。

メール配信停止にしてもダメなら、運営に問い合わせるしかなさそうですね。。

ただ、リクナビもマイナビも大手の就活エージェントです。
利用者が何万人もいるので、残念ですが、全員のニーズに合わせることは不可能です。

なので、サポートはそこまで期待しないで、就活する企業数を増やす、という目的で使ってみるとちょうど良いかもしれませんね。

リクナビ就職エージェントはこちら

まとめ

さて、ここまでで就活エージェントが決められるように、評判を徹底調査しましたがいかがだったでしょうか。

自分の気になっているサービスが載っていなかった、という方はツイッターや掲示板で検索してみましょう。

「〇〇就活エージェント 良い(悪い)」などで検索をかけるとすぐに出てきます。

良い噂も悪い噂も鵜呑みにせず、自分で噛み砕くことができれば、実際の就活で怪しい企業を紹介されたとしても、思考力で切り抜けることができます。

就活エージェント選びは、就活の基礎でありながら、今後の人生に大きな影響を及ぼすので、しっかりと選びましょう。