【就活面接・逆質問】面接官はどこを見ている?逆質問をしないと落ちる?

 

「最後に何か質問したいことはありますか?」

就活面接で必ずといってよいほど聞かれる逆質問。

「逆質問は大事!」とはよく聞くけど、実際はどうなんだろう・・と思う学生は多いはず。

 

この記事では、

  • 逆質問で面接官が見ているポイント
  • 逆質問をしないと落ちるのか?
  • いい質問とNGな質問

についてお伝えしていきます。

 

就活面接の逆質問で面接官はどこを見ている?

逆質問を通して、人事は何を見ているのでしょうか。

「やる気」「頭の良さ」「変な質問をしないか」という3つのポイントをメインに解説をしていきます。

やる気を見ている

 

面接官は逆質問を通して、「自社への志望度がどれくらいあるか」を見ています。

本当に志望度が高ければ、入念に下調べをし、質問したいこともポンポン浮かんでくるはず。

面接官はあなたに「意欲を感じられるような質問」を期待しているのです。

逆に「特に質問はありません」とはっきりと答えてしまっては、「本当に入りたいと考えているのだろうか?」と思われてしまいます。

定番の質問でもいいので、何か質問をするように心がけましょう。

 

頭の良さを見ている

面接官は逆質問を通して、「企業や業界に対する知識の豊富さ」や「的を得た質問ができるか」を見ています。

 

とりあえず意欲を感じさせるような質問をしておけば、第一段階クリア。

しかしこのレベルの質問をしている学生は非常に多く、このままでは何も印象に残りません。

また、「やりがいは何ですか?」など定番の質問を投げかけた場合「やりがいを聞かれるのは、今日3回目・・」と冷ややかなな反応をされてしまうことも。

 

筋のいい質問を投げかけることで、他の学生と差が付き、より面接官にいい印象を与えられるでしょう。

逆質問でのポイントは「いかに下準備をできているか」です。面接前は必ず下調べをし、質問を考えておきましょう。

 

的外れな学生のフィルターになる

逆質問を通して、「学生をふるいにかけている」企業もあるそうです。

今まで順調に進んでいた面接が、逆質問によって印象が悪くなってしまった・・という事例を紹介します。

 

某メーカーの面接を受けた学生。

学歴もよく、受け答えもスムーズ。

しかし突然の逆質問に混乱してしまい、とっさに「今日の朝ごはんは何ですか?」と聞いてしまったそう。

総合的にいい印象だったのもあり、何とか内定をもらえたものの、内定式で「あの逆質問は他の企業なら落とされてたよ(笑)」と言われてしまったそう。

 

このように「逆質問は変な質問をする学生を落とすためのチェック」として使う企業もあります。

面接官曰く、「実際に入社して取引先で変な立ち振る舞いをしないか。」「社内で上司に対して失礼なことを言わないか」などを見ているとのこと。

 

面接の最後に聞かれる質問なので、「もう面接が終わるんだ・・」とつい気を抜いてしまいうかもしれません。

逆質問まできっちり準備をし、落ち着いて答えられるようにしましょう。

 

就活面接で逆質問をしないと落ちるのか?

上記から、「逆質問は大事!」というのは分かったと思います。

とはいえ、逆質問をしないからって落ちることはあるのでしょうか?

 

結論から言うと、「逆質問をしない=面接に落ちる」というわけではありません。

面接の受け答えであったり、他の場面で好印象を残していれば、受かる可能性はあります。

しかし、「特にありません。」と答えてしまうのははっきり言って損です。

 

なぜなら、逆質問は「自分をアピールできるチャンス」だからです。

逆質問ほど自由度が高く、自分からアピールできる機会はありません。

 

逆質問をうまく使えば、「意欲」や「自分の能力」などいろんなアピールができます。

面接の受け答えでアピールできなかったことを伝えられる、最後のチャンスなのです。

 

こんないい機会は他にないはず。

逆質問で自分の魅力を存分にアピールしていきましょう。

 

就活面接逆質問のいい例文

この節では、いい逆質問のポイント・例文について紹介していきたいと思います。

 

やる気をアピールする質問

逆質問では、「やる気をアピールする質問」をするが非常に有効です。

 

企業が新卒に求めているもの、それは「仕事に対するやる気または熱意」です。

新卒は仕事経験がない分、成長意欲がなければやっていけません。

そのため「新しい会社で頑張って働きたい」「知識や経験をどんどん吸収したい」という意欲のある学生をとりたいのです。

「前向きに取り組みたい」「入社後はこんな風に活躍したい」というような、積極性を面接官に訴えかけるような質問をするとよいでしょう。

 

やる気をアピールする逆質問例文)

  • もし内定をいただいた場合、私が入社までに勉強しておくことはありますか?
  • 自分は〇〇といったことをやりたいと考えていますが、御社でそれはできますか?
  • 1日でも早く独り立ちをして活躍したいと考えていますが、入社後はどの程度の期間・どのような流れで、実際の業務に携わるのでしょうか?
  • 御社で活躍している人に、何か共通点はありますか?

 

自分の長所をアピールできる質問

面接の受け答えで、自分の魅力を十分にアピールができなかった!という場合は、逆質問を利用してみるといいでしょう。

 

しかし、この際はあくまでも「さりげなく」

主張が強すぎるとかえって悪い印象を与えてしまいます。

質問をメインに、自分のアピールは謙虚にすることが重要です。

 

自分の長所をアピールできる逆質問例)

  • ◯◯という資格を取得していますが、何かお役に立てる業務はありますか?
  • ◯◯を得意としてきましたが、募集されている◯◯職ではどのような能力が求められるのでしょうか?
  • ◯◯を頑張ってきましたが、御社で活躍するために、さらに努力すべき点はありますでしょうか?
  • 私はまわりの方と交流するのが好きなので、他部門の方とも良い関係性を築いていきたいと考えています。御社では、そういった部門をこえて交流を図る社風はありますでしょうか?

 

企業理解を深めようという印象が与えられる質問

実際に企業で働いている面接官に、企業に対する質問をするのもよいでしょう。

企業理解が深められるだけではなく、「本当に志望しているんだ!」という意欲をアピールすることもできます。

 

この際の逆質問のポイントとしては「自分の考えも一緒に述べる。」ということです。

例えば、「御社の課題について教えていただけませんか?」という質問をする場合。

これでも十分いい質問ですが、「○○という観点から見て、御社の今後の課題は○○だと思いますが、△△様はどのようにお考えでしょうか?」と自分の意見も一緒に述べていきましょう。

 

調べたことをそのまま質問する人は割と多いですが、それプラス自分の考えを述べる学生はあまりいません。

「この子は鋭い!」という印象を与えられるでしょう。

 

企業理解を深めようという印象が与えられる逆質問例)

  • 御社が遂行された〇〇の案件は、〇〇の部分がポイントであり、私はこの部分について〇〇だと思っております。△△様はこの案件においてどのような意見をお持ちでしょうか。

 

  • 新聞で御社のプロジェクトについて拝見しました。興味があり調べていくうちに、おそらく〇〇を折衝する事が難所であると考えましたが、実際は〇〇のプロジェクトはどのように運びましたか。

 

就活面接の逆質問でNGな例文

自分の印象を上げるのに有利な逆質問ですが、質問によっては面接官からネガティブな印象を持たれてしまうことも。

それを避けるためにも、面接でしてはいけない逆質問について、確認しておきましょう。

 

調べればすぐに分かる質問

ホームページに書いてあること、すぐに答えがわかるようなことを聞くのは避けましょう。

企業研究の甘さや志望業界への関心の薄さを披露してしまうなものです。

 

NGの逆質問例文)

  • 初任給はいくらですか?
  • 御社はどのような事業を展開しているのでしょうか?
  • 御社の職種にはどのようなものがありますか?

 

働くことに対するネガティブな質問

残業、給与に関する質問は、「仕事への興味が薄い」と捉えられてしまう場合があるので、避けた方が無難です。

確かに、待遇は仕事を選ぶうえで重要な要素で、聞いておきたい気持ちはわかります。

しかし、聞いたところで「今それを聞くの?」と面接官は思ってしまうでしょう。

 

NGの逆質問例文)

  • 平均年収はどれくらいですか?
  • 残業はありますか?
  • 福利厚生にはどのようなものがありますか?
  • 転勤はありますか?

 

どうしても聞きたい場合は、「聞き方を変えてみる」という手法もあります。

ストレートに聞くのではなく、できるだけ嫌な印象を与えないように聞いてみましょう。

 

  • 平均年収はどれくらいですか?

⇒どんな努力、どんな成果を上げると、どのような報酬が規定されているでしょうか。給与体系をお教えください。

  • 転勤はありますか?

⇒御社の仕事に全力で取り組めるように準備しておきますので、勤務地はどこになる可能性が高いか、教えて頂けますでしょうか

 

 

逆質問をメモしたノートを持って行こう

面接の雰囲気にもよりますが、逆質問時に「メモを取る」という手法は非常に有効です。

メモを取るだけで、一石三鳥。様々な効果を発揮します。

 

用意した質問を忘れずに聞くことができる

せっかく用意した質問を忘れずに聞くことができます。

準備は万全!と思っていても、いざ面接となると想像以上に緊張するものです。

緊張でド忘れしてしまっては、せっかくの準備が無駄になってしまいます。

定番の質問をいくつか書き込んでおくだけで、焦らず逆質問に挑むことができるでしょう。

 

次の選考時に振り替えることができる

これが一番のメリットでしょう。ここで取ったメモは次の面接に非常に役立ちます。

 

会社にもよりますが、「今日よかったところは○○、悪かったところは○○」と、面接後にフィードバックをくれる企業もあります。

聞いているだけでも覚えられるかもしれませんが、意外と抜けてた・・なんてことも。

メモを取っておけば、見返した際に「あ、こんなこと言ってたな」としっかり思い出すことができます。

次の面接で生かすためにも、しっかりとメモを取りましょう。

 

相手の話を真剣に聞いているように見える

 

 

メモを取ることによって、より面接官に真剣な印象を与えることができます。

メモを取るということは、相手に「あなたの話をきちんと聞いていますよ」というアピールに繋がります。

それにメモを取る学生は少ないので、あなたの姿がより魅力的に映るはず。

面接中にメモを取っていいか不安な場合は「すみません、メモを取ってもよろしいでしょうか」と聞いてみるといいかもしれません。

 

まとめ

この記事では、「逆質問で面接官がどこを見ているか」「逆質問をしないと落ちるのか」「いい質問とNGな質問」についてメインにお伝えしてきました。

「質問は特にないです」と解答してチャンスを逃してしまうのは非常にもったいないです。

面接官に響くような質問な質問をするために、しっかりと下準備をし、当日は自信をもって面接に挑んでください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします