就活はばかばかしいけど、新卒採用システムは控えめに言っても最高すぎる

就活を続けているうちに、見えない不安と緊張の日々で精神的ににも体力的にも疲れてきますよね。

そんな中、
「エントリーシートだして、選考受けてと何度も同じことくり返して選考に通らないこともあるし就活ってばかばかしいな……。」

あなたもこんな気持ちを持っているのではないでしょうか?

僕も就活しているときは、みんな同じようなリクルートスーツ着て、同じような回答して、何度も同じことのくり返しで就活なんかばかばかしいと思っていました。

なかなか就活が上手くいっていないときほど余計に就活がばかばかしいと思うようになって来て、投げやりたくなることが何度もありました……。

そこでこの記事では、就活なんてばかばかしいと思っている方に向けて

  • 就活がばかばかしく思ってしまうポイント
  • 就活がばかばかしく思ったときに取るべき行動
  • 新卒採用ってばかばかしいけど最高!

この3つについて紹介します。

まずは、ばかばかしいと感じるポイントで共感してもらえると嬉しいです!

就活がばかばかしいと感じるポイント4選

就活がばかばかしいと感じるポイント4選

就活がばかばかしいと感じる時って多いと思いませんか?

就活中にいつも思っていた、ばかばかしいと感じる時4つを考えてみましたので紹介しますね!

企業に媚を売る

まず1つ目が企業に媚を売らないといけないことです。

こっちが会社を選ぶ立場だという気持ちで就活にいどんでも、内定とるためには企業いい顔して選考を受けないといけないですよね。

特に面接で必ずといっていい程聞かれる志望動機を答えるときにばかばかしいと感じてしまいませんか?

必ずといっていい程聞かれるけど、本音でいうと「なんとなく」受けているですよね。

その会社で働いたことがなくて表面上のことしか分からいのに「これだ」という志望動機は見つかりにくいですよね。

そんな中、企業を持ち上げるような志望動機を語るときや建前で語るときってばかばかしく感じますよね。

企業が上から目線

会社説明会や採用面接を受けていると、何だか上から目線だなと感じる採用担当者いますよね。

例えば高圧的な態度を取る方がいたり、偉そうな雰囲気がぷんぷんする採用担当者などいろんな方がいますね。

僕もこのような担当者に会うたびにうんざりしていました。

売り手市場の中、選んでもらう立場にある会社がこのような態度を取られると「時間のムダだったかも…ばかばかしいな」こんなことを思いながら就活をしている時期がありました。

いくら年齢が上といっても偉そうな態度や高圧的な態度を取られると気持ち良くないものです。

そういった会社はなるべく避けるようにしましょう。

夢がない・未来を感じない

ばかばかしいと思う3つ目が夢がないということ。

最近のニュースなどを見ていると、「長時間労働」「パワハラ」「低賃金」などブラック企業を取り上げたニュースが多く働くことにネガティブになってしまいますよね。

このようなニュースが話題になる中で、就活をしようと思っても将来像が見えずばかばかくなってしまうのも当然だと思います。

今の50代くらいの世代は、経済成長真っただ中で日本全体に活気があり、我慢して働けば給料があがるという夢や希望がありました。

しかし終身雇用が崩壊した今、そのような夢や希望を持って働くとういのも難しいものです。

夢や希望を持って働くには、自分人生の目標や目的を少しでも考えながら就職活動をしてみましょう。

大学生には選択肢は無限大にある

大学生には選択肢は無限大にある
就活がばかばかしくて辞めたくなることもありますね。そんなときに心の中にとどめてほしいことがあります。

それは、大学生の選択肢は無限大にあるということです。ひとつ言えることは行動を起こしてみて、選択肢を広げていくことが重要になります。

そこでどのような選択肢があるのか紹介します。

すでに働いている社会人に会う

先ずは、すでに働いている社会人に会って就活について相談することから始めましょう。

理由は、働いている人から話しを聞くことでリアルな会社の情報や業界情報を聞くことができるからです。

リアルな情報を聞くことで自分に無かった考えや発想が生まれます。そこから新たな気づきを得て就活の選択肢が広がるということが良くあります。

会社説明会や採用担当者からの話は、いいところ中心に話していることがほとんどなのです。そのためなかなか会社や業界の悪いところが見えにくかったりします。

社会人との繋がりがないという方も多いと思いますが、Twitterなどで気になる人に連絡してみると、思ったより会ってくれる人が多いので活用してみましょう。

Twitterなどだと不安という方は、就活生向けにOBとのマッチングサービスがあるのでおすすめです。

代表的なサービスだとビズリーチ・キャンパスマッチャーなどがあります。

長期インターンシップ

就職活動がばかばかしいと思った時にやるべきこと2つめが長期インターンシップを使って働くことです。

就職活動って時間もお金もかかりますよね……。

長い選考を受けないといけないのであれば、長期インターンなどを上手く使って働き始めるという手もあります。

長期インターンシップをする会社によりますが、長期インターンは社員のような仕事内容や裁量ではたらかせてくれるところもあります。そのため、インターンシップを経験して、働くことに対する考え方を見つけるきっかけになります。

内容も普通のアルバイトと違うから、高い時給を貰えたり、早くから結果を出せれば、社会人の給料を追い抜くこともあるのでおすすめです。

同い年と比べても早くから働くことによって一歩も二歩も先に進むことができて、同期と差をつけることができます。

長期インターン以外にも今から働ける方法を「就活したくないけど働きたい・・・その理由ととるべき行動

休学

就活がばかばかしいと思った時にやるべきこと3つ目が休学です。休学と聞くとそこまでリスク取れないよ……。と思う方がいるかもしれませんが、就活生と話していると休学していましたという人に結構会います。

企業からしても、休学していたから採用が不利にするということも無いので、まだやりたいことが分かっていないという人は休学を考えてもいいと思います。

僕は、大学3年終了時から1年間休学していました。その期間中に海外の語学学校にいったり、インターンしたり、旅したりといろんな経験をしてきました。

その中で、将来の方向性が見えて必然と入りたい業界ややりたい仕事を見つけることができました。

やりたいことが無いという人にありがちなのが、圧倒的に経験が少ないということです。経験が少ないと興味があるのかや好きなことなのか、自分のなかに判断する基準ないので、結果としてやりたいことが分からないという罠にハマります。

経験をしてみれば、今まで興味なかったことが思ったよりも楽しかったり、向いていないと思ってたことが、向いてるかもと思えたりするので、やりたいことがないという方は、いろんなコトに触れて経験積む選択はおすすめです。

日本の新卒採用システムは控えめにいって最高

日本の新卒採用システムは控えめにいって最高
日本の就活ってばかばかしいなって思ってしまいますが、世界をみれば日本の就活は控えめにいって最高だと思っています。

フィリピンやインドに滞在したことがありますが、基本的に大学の学部でまずは仕事が決まってしまいます。例えば、教育学部にいったら小学校の先生しか選択肢がなくなってしまいます。

さらに採用されるためには、在学中などからインターンシップなどを通じて1年以上の実務経験がないと採用されません。

海外とかだと大学卒業して正社員ではたらく難易度が高すぎます。

一方日本の新卒採用では、学部学科に関係なく自由に企業を受けれて、採用されれば経験がないにもかかわらず20万くらいの給料をもらいながら働けるってかなり恵まれた環境なんです。

日本の中だけいていると就活ってばかばかしいと思うかもしれませんが、実は恵まれているので最大限に恩恵を受けれるように行動しましょう。

まとめ:やりたいことがしたいなら行動すること

やりたいことがしたいなら行動すること
日本の就活ってばかばかしいよねって話と、就活がばかばかしいと思ったときのおすすめ選択肢について紹介しました。

ばかばかしい就活ですが、日本で生きてく以上避けては通れないですよね。その中でやりたいことを仕事にするためにはとにかく行動してみることです。

行動は大きなことでも無くても大丈夫です。ちょっとOBの人と会ってみたりと今までやってこなかったことを簡単なところからはじめても大丈夫です。

やりたいことがない人はとにかく行動することです。

先ほども紹介しましたが、行動して何でもいいので経験することで、物事に対する興味や考え方の基準がわかります。さまざまなことに触れることで自分の判断軸ができて次第とやりたいことが見えてくるので、行動して経験することからはじめてみましょう。