就活エージェントはやっぱり怪しい?3つのメリットとデメリット

こんにちは!ベターズキャリアです。

この記事にたどり着いたあなたは、就活エージェントを利用しようか迷っていませんか?

就活エージェントって内定を取りやすいみたいって聞いたことがあっても、どんなメリットがあってデメリットは何かを知っておかないと心配になります。

というのも、「就活エージェント」って調べても、出てくる評判はメリットばかり。実際はデメリットもあるんじゃないの?って思いますよね

書かれている内容に対して、結局サービスをよく見せようと思っているんじゃないかって思うのは当然です。

結論から言うと、就活エージェントにはメリットもデメリットもあります。

しかしメリット・デメリットを理解しておくことで、効果が出る仕方で就活エージェントを活用できます

そこでこの記事では、就活経験者が就活エージェントの仕組みを徹底的に分析していきます。

色眼鏡で見ていない、本当の就活エージェントのメリットとデメリットを紹介していきましょう。

今就活真っただ中の方も、これから就活だという方もどんな特徴があるサービスなのか理解して、自分の就活に活かしてくださいね。

就活エージェントの仕組みって?

まずは就活エージェントの仕組みを見ていきましょう。

就活エージェントは、就活生が内定を獲得できるように、専門のキャリアアドバイザーがマンツーマンで手助けしてくれるサービスです。

就活エージェントが提供しているサービスは、以下になります。

上記のサービスを提供することで、就活生が自分では気づけなかった改善点に気づくことができ、内定に近づきます。就活生がエントリーをする前から選考に挑むまで、段階的に就活生をサポートする仕組みとなっているのです。

項目別にさらに詳しく見ていきますね。

就活生のサポートをする

就活生のサポートをすることが主なサービスとも言えます。

登録をすると、面談をしてどんな企業があっているのか、自分の強みに合わせて求人を紹介してくれます。

紹介してくれる求人には、求人サイトにはない非公開求人も含まれているんです

もちろんそれだけでなく、面接の日程調整やエントリーシートの添削など、自分だけだとも大変だったり、迷ってしまったりすることをサポートしてくれるのです。

就活生の悩みの中には、エントリー手続きなどの細かい作業が多いことが含まれます。

ちょっと負担になることをサポートしてくれるので、自分は面接対策などもっと重要なことに集中できるのはメリットですね。

就活生の悩みをサポートすることで、内定を獲得するための手助けをするのが就活エージェントの仕組みの一つです。

自己分析をしてくれる

プロのキャリアアドバイザーが、自分に合った企業を選択してくれるのもメリットです。

多くの就活生が悩んでいることとして、自分に合った企業がどのようなものかわからないということがあります。

自分だけでは分かりにくい自分の強みを、何人も内定に導いてきたキャリアアドバイザーの力を借りて発見できるのです。

このように他人が自分の分析をしてくれるのは、「他己分析」とも言います。

例えば、下のような質問に対する答えを見つけてくれます。

質問に対する答えは、自分が分析した内容とのギャップが明らかになります。

  1. 自分の長所となる点はどこか?→自分が伸ばすべき点が分かる
  2. 自分の弱点となる点は何か?→改善すべき点が明確になる
  3. 自分の第一印象はどのようなもの?→客観的に見た自分が分かる
  4. 改善すべきだと思う点は何?→自分が分析している点とのギャップを埋められる
  5. どんな仕事が向いていると思う?→自分が予想していない仕事が候補になることも
  6. 集団の中でどのような役割をしている?→他の人から見た集団の中の自分が分かる
  7. 現在の印象はどうなのか?→時間が経過してから印象が変わっているか

上記のポイントの答えを、自分の答えと比較してみることで、自己分析の効率がよくなります。他の人からの客観的なアドバイスは、就活に大きな力となるのです。

経験豊富なプロからのアドバイスによって、自己分析を最適化し、より見つめなおすことが可能になります。

面接対策をしてくれる

企業の選考で大切なのは、面接です。
しっかりと対策をせずに、やみくもに面接を受けるのはもったいないです。

さらに就活生は、「練習したくても適切なアドバイスをしてくれる友達がいない」とか、「プロから改善点を指摘してもらいたい」と悩んでる方もいます。

就活エージェントでは、キャリアアドバイザーが毎年何人もの就活生を内定に導いてきています。豊富な経験があるので、面接官が何を重視しているのかも知っています

例えば、dodaが行ったアンケートでは、面接官が重視しているのは「第一印象」となっています。

参考:https://doda.jp/guide/saiyo/008.html

メディカルや化学、食品系の技術職では「受け答え」が重視されていますが、その他の業種では「第一印象」が非常に重要視されているのが分かるでしょう。

つまり、面接の際に「第一印象」を良くしておくことで、内定に近づけることが可能なのです。

内定に近づくために就活エージェントを利用すると、面接の練習をしっかりできるので、面接の雰囲気にも慣れることができ、本番で力を発揮できるのです。

自分だけで練習をしても、何を改善すべきなのかはっきりしないですが、就活のプロから改善点をフィードバックしてもらえるという仕組みです。

就活エージェントのメリット

就活エージェントを利用するメリットを見ていきましょう。

  • 自分では探せない企業を見つけられる
  • 面接を改善できる
  • 手続きを代行してくれる

上記のメリットがありますが、実際に利用することで就活生にどんな利点があるのか見ていきましょう。

自分では探せない企業を見つけられる

自分では探せない企業を見つけられる。

これってどういう意味かというと、非公開求人を紹介してくれるということなんです。

表立って募集できなくても、人を採用したい企業がエージェントに依頼していることがあるので、思わぬところで非公開求人を紹介してくれることがあるのです。

非公開求人は、給与やポジションの面で他の求人よりも条件が良いというケースが多くあります。

転職サイトだけでは、発見できない条件の求人を見ることができるのも、就活エージェントを利用するメリットです。

面接を改善できる

就活エージェントには、これまでのデータがあるので、どんな求人の面接で、どんな人が受かっているのかを分析することができます。

そこで、志望動機や質問に対する回答を考えてくれるのです。自分の面接ではどのような点を改善すべきなのか、フィードバックを元に次の面接対策ができます

面接担当者の好みを知ることができたりすると、有利に面接を進めることができますね。

これも自分1人で就活をしている時と、就活エージェントを利用する時の大きな違いです。

手続きを代行してくれる

面接の日程調整や応募などの手続きを代行してくれるのも、大きなメリットとなります。

面倒だなって思うことは、ほどんと就活エージェントがしてくれるので、他のことに集中できますよね。

意外とこうした手続きは頭を悩ませるポイントとなります。いつまでに何をしないといけない!って考えると、自分にプレッシャーがかかりますよね。

でも、自分は就活エージェントに連絡をすればよいだけなので、面倒な手続きを任せてしまえるのです。

手続きを代行してくれるのも、就活エージェントを利用するメリットです。

就活エージェントを利用するデメリット

次に、就活エージェントを利用するデメリットも見ていきましょう。

簡潔にまとめると、

  • 内定が断りにくい
  • 自分に合っている企業が不安になる
  • 担当者に左右される

ことがデメリットになります。

内定があると断りにくい

もしどこかの企業で内定が出たとすると、断りにくくなるのは1つのデメリットになります。

せっかく自分のために、手続きを代行してくれたり、面接のアドバイスをしてもらったりしたのに、内定を断るのは確かに気が引けます。

もちろんキャリアアドバイザーが紹介してくれた案件ですので、自分に全く合っていないという求人ではないはず。

しかし、ちょっと断りたいと思う企業の内定であることもあります

そんな時でも断りにくいのは、就活エージェントを利用するデメリットになるでしょう。

自分に合った企業なのか不安になる

別のデメリットは、自分に合った企業なのか不安になるということです。

これは、キャリアアドバイザーを信頼するしか方法はありません。

就活生にできることと言えば、面談の時にこちらの希望をしっかりと伝えることに限るでしょう。

どんな仕事をしたいのか、どのような性格なのか包み隠さずに伝えるなら、より自分に合った企業を紹介してもらうことができます。

あとは、経験が豊富なキャリアアドバイザーのアドバイスを聞いて、選択するのがおすすめです。

担当者に左右されることもある

キャリアアドバイザーも人ですので、担当者によって結果が左右されることもデメリットになります。

でも何も経験がない人ではなく、毎年何人もの人を内定まで導いていると考えると、ちょっと安心できるのではないでしょうか?

本当に担当者を変えてもらいたい時には、担当者の変更を打診してみることはできます。もし担当者を変更して欲しいなら、理由を丁寧に説明し、次の担当者に求めることを明確にしておきましょう

伝えるときも、直接担当者に連絡するのは控えて、問い合わせフォームや電話などで、担当者を変えて欲しい理由を簡潔に伝えることをおすすめします。

メリットを最大限に活かす就活エージェントの利用方法

就活エージェントを利用するのであれば、やっぱりメソッドを最大限に活かしておきたいものですよね。

最大限に活用するための、メソッドをご紹介します。

自分の希望を細かく伝える

まずは、自分の希望を細かく伝えることです。
これは、面談などでキャリアアドバイザーと話をする際に、自分の希望を細かく伝えることです。

面談の目的は、希望やスキル、経歴などを明確にしておくことです。

その際に、細かな情報や就活に役立つ情報をキャリアアドバイザーが知ることができるように、自分の経歴や希望を伝えておきましょう。

面談なんて適当に済ませておこうと思うかもしれませんが、内定を取るためには精一杯取り組むことが大切。遠慮せずに、自分の情報をたくさん伝えて、内定につながるようにしましょう。

就職エージェントに選考対策を100%任せてしまわないこと

別の点は、選考対策を就職エージェントに任せすぎないということです。

面接の練習や改善点をフィードバックしてくれるのが、就活エージェントのサービスです。

様々な対策を提案してもらえることが考えられますが、そもそも就活をするのはあなた自身です。

実はこういった当事者意識がないと、どんなに優れた就職エージェントが付いてくれたとしても、あなたの就活は良い方向に向かうことはありません。

「なんだ、そんなこと当たり前じゃん」

そう思う方もきっといるでしょう。しかし現実問題、就活エージェントを利用して安心してしまうユーザーも一定数いるとのことでした。

あなたには、きっちりと就職エージェントを正しく利用してほしい。だからこそ、頭の片隅にでも「就活に当事者意識を持つ」ということを忘れないでください。

まとめ

就活エージェントを利用することは、内定に近づくために利用できるサービス。メリットもデメリットもありますが、内定を取るためにフル活用するつもりでサービスを利用することがおすすめです。

面談の時に、しっかり要望を伝えたり、選考対策を実践していくと、内定を獲得できる確率が高くなりますよ。

無料で使えるものは、活用して自分の希望する企業の内定をゲットしていきましょう。
編集部おすすめの就活エージェントについては、こちらの記事をチェックしてください。

【就職のプロ】就活相談で本当に役立った5社のおすすめ就職サイト