失敗しない長期インターン先の探し方3選!経験者が語ってみた。

Rene
こんにちは。自他ともに認める行動力でTwitterでインターン先を見つけたReneです!

突然ですが、あなたは

「長期でインターンをしたいけど、サイトの種類が多すぎてどのサイトで探せばいいのか分からない。。」
「就職課や先輩にアドバイスをもらったけど、もっと視野を広げたい…」

などと悩んだことはありませんか?
そのお悩み、この記事で解決できてしまいます。なぜなら、実際にいろんなサイトやSNSに振り回され、悩んだ末にインターン先を見つけた私が書いているからです。

効率的で効果的な長期インターンの探し方をお伝えしたいと思いますので、ぜひ読んでみてください。

失敗しない長期インターンの探し方

いざ自分の興味のある分野で長期インターンを始めようと思っても、どうやって探せばいいのか分かりませんよね。

そんなあなたのために、オススメの長期インターンの探し方について、以下の3つの方法をお伝えしていきたいと思います。

長期インターンサイトを使う
SNSで人脈をつくって紹介してもらう
就職課に問い合わせる

長期インターンサイトを使う

まず1つ目は王道中の王道。
長期インターンサイトを使うという方法です。

正直これが1番手っ取り早い気がします(笑)

インターンサイトとしてあげられる代表的なサイトは、キャリアバイトやゼロワンインターンなどではないでしょうか。

もし、やりたい仕事が具体的に決まっているのならゼロワンインターンがオススメです。
というのもゼロワンインターンだと、採用が決まった際に採用祝い金として5000円もらえます
たかが5000円と思うかもしれませんが、貰えないよりは貰えたほうが良いのではないでしょうか。
3か月以上同じ会社でインターンをすると、社長から推薦状をいただくことができて、キャリアアップに生かせるのもオススメな理由のうちの1つです。

やりたいことがまだ見つかってない方や、自分にどんな仕事があうのか分からない方にはキャリアバイトをオススメします。
なぜなら、キャリアバイトでは価値観やスキルを診断できて、自分に合う仕事を見つけやすくなるからです。実際に私も診断テストを受けてみましたが、自分では気づけなかった長所を見つけることができました。(詳しくはこちら)
無料で受けられるので、試してみてはいかがでしょうか。

SNSで人脈をつくって紹介してもらう

お次はこちら。SNSで有名な人と繋がってお仕事や友達を紹介してもらうという方法です。ちなみに、SNSはTwitterが1番オススメです。今の若くて成功してる人たちは、FacebookよりもTwitterを主軸とした情報発信に力を入れているからです。

お仕事を紹介してもらう方法ですが、詳しいやり方はこちらに書いてありますので簡単に説明させていただきますね。

一概に成功してる人と言っても、その人のタイプによってアプローチが変わってきます。
たとえば、すごく真面目にノウハウだけツイートしてるような人に、馴れ馴れしいリプやDMを送るのはあまり良くありませんよね。

ノウハウ多めの真面目系ツイッタラーにDMを送るなら、自己紹介をきちんとして、自分がどのようなことで悩んでいて、どんな行動を取っているのかということをしっかりと書いた方が良いです。そうすると、具体的なアドバイスをいただける機会が増えます。

ネタツイ多めの人には、礼儀を踏まえつつフレンドリーに接していきましょう。
DMを送るときに自己紹介するのは鉄則ですが、ノウハウ系ツイッタラーよりはフレンドリーに接した方がいいと思います。彼らはいろんな人と繋がることを目的としているので、変にかしこまってしまうと心の距離を感じてしまう可能性があります。

また、こういう方たちはイベントが好きな傾向があります。セミナーだけでなく、お花見や飲み会の開催をツイッターで呼びかけていることが多いです。
もし少しでも行きたいなと思ったら、勇気を出して「いきたいです!」と言ってみましょう。私も実際、初対面の人たちとご飯にいきましたが、日々の習慣や決断の仕方などの、タメになるアドバイスもいただけました。忙しくてお引き受けできませんでしたが、お仕事のお誘いもきました。

相手の気持ちや立場になって考えるのは難しいことですが、社会に出たら求められる能力のうちの一つです。今のうちから身につけておいて、他の人より1歩リードしてしまいましょう。

就職課に問い合わせる

最後にオススメするのは、就職課に問い合わせるという方法です。
就職課はなんとなく敷居が高い気がして利用しない生徒が一定数います。
しかしそれは非常にもったいないです。
就職課では単位が取得できるインターンを紹介していたり、様々なイベントを開催していることが多いです。

たとえば個別面談。
個別面談ではカウンセラーが一人ひとりの悩みに寄り添ってアドバイスくれます。また、大学によってはエントリーシートの添削をしていただける場合もあります。

「怖いから」「何となく敷居が高いから」などと諦めてしまうのは非常にもったいないです。
感情論で動くのではなく、論理的に行動できるようにしましょう。

失敗してしまう長期インターンの探し方

いざ長期インターンを始めたいと思っても、インターン先がなかなか見つからないと焦ってしまいませんか?
しかし、どんなときでも焦りは禁物です。
焦ってしまうと、怪しくても「まあいいや!」と思ってしまい、インターンをしてから後悔する可能性が高いからです。後悔先に立たず、とはよく言ったものですね。

ここでは失敗してしまう長期インターンの探し方について以下の3つの視点からお伝えします。
友達と一緒がいいからという理由で選ぶ
時給の高さで選ぶ
自宅からの距離を確認せずに選ぶ
ぜひご活用ください。

友達と一緒がいいからという理由で選ぶ

まず1つ目にご紹介する、失敗してしまう長期インターンの探し方は、友達と一緒がいいからという理由で選ぶ方法です。希望する職種がたまたま被ったという場合は問題ないと思いますが、友達への依存心でインターン先を決めるのはよくないでしょう。

基本的に人は、自分自身が頑張ろうと思ったことでないと頑張れません。他の誰かがやってるから、という理由ではどこか他人任せになってしまい、責任感を感じづらくなってしまいます。責任感がないと、仕事をしても中途半端になってしまいます

学生時代、部活動を選ぶ際に、「◯◯ちゃんがやってるから」という理由で他人と同じ部活に入っている人を見たことがありませんか?そういう人は自分の決断に責任感がないので、肝心なところで人任せだったりします。だからサボりがちだし、すぐ辞めてしまうことも多いです。

なのでやはり、自分の中に
「自分はこの企業でこんなスキルを身に付けたいんだ!」
「この人と仕事がしたいんだ!」
などのパッションがない場合はやめておいたほうがいいでしょう。他人任せのスタンスでいるとモチベーションの維持に限界が来ます。

時給の高さで選ぶ

次にご紹介する、失敗してしまう長期インターンの選び方は「時給の高さで選ぶ」という方法です。
世の中にはお金で買えないものがたくさんありますよね。代表的な例として愛や友情などがあげられますが、経験もそのうちの1つでしょう。

お金を稼ぎたくて時給が高いところを選んだのに、希望する職業につけなかったり会社が自分に合わなかったりしたら本末転倒ですよね。時給が高いからいいや!と選ぶのではなく、自分が本当に行きたいのかどうか、自分が身に付けたいスキルが学べるのかどうかということをしっかりと考えてから決めましょう。

目先の欲にとらわれず、しっかりと将来を見据えましょう。

自宅からの距離を確認せずに選ぶ

最後のご紹介する、失敗してしまう長期インターンの選び方はのがこちらの「自宅からの距離を確認せずに選ぶ」という方法です。こちらは意外と見落としがちなので要注意です。
家から遠すぎると通えなくなってしまって、お仕事どころではなくなってしまいます。

私は高校生の時に、自宅から学校までの距離が離れている大学を選んでしまいました。いざ通うとなったときに電車がよく止まったり、何時間も立ちっぱなしになったりで、かなり後悔しました。

長期インターンだと週2、3日以上の勤務が必須であることが多いです。なので自信がない人はなるべく近場で探すか、出社義務のない企業を探すとよいでしょう。

会社によっては、フルリモートが可能な場合や、相談に乗ってくれる場合もあるので一度相談してみるとよいでしょう。

まずは長期インターンに応募してみよう

ここまでの記事を読んでみて、実際にどのような行動をしていけばいいのかわかってきたのではないでしょうか。
ツイッターで人脈を作って仕事を紹介してもらうのも良いですし、インターンサイトを使うのも良いでしょう。

ネットで上の、顔も見たことない人と会うのが怖いよ〜って人はインターンサイトを使うことをおすすめします。

インターンサイトもネット上のやりとりになってしまいますが、求人を出している会社はきちんとインターンサイトの審査を通っているので、ツイッターで探すより安全性が高いです。

先ほどもご説明したように、具体的にやりたいことが決まっていない人や、これから会社選びをしたいと考えている場合は、キャリアバイトを使うといいでしょう。
なぜなら、キャリアバイトではスキルテストや価値観を知ることができるテストが充実しているからです。

会員登録は無料なので、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

さて、最後に今までの流れをサクッとまとめてしまいたいと思います。

そもそも目先の欲にとらわれず、しっかりと将来を見据えたインターン探しをすることが大切です。
具体的に探す方法ですが、やりたいことが決まっている場合は、採用祝い金が出るゼロワンインターンやJEEKを使うと良いでしょう。

明確に決まってない場合は、診断テストがついているキャリアバイトを用いたり、ツイッターで実績を叩き出している人と繋がるのもアリでしょう。

「今なにをするべきなのか」というのは行動してみないと分からないと思うので、何でもいいから1つでも行動をしてみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします