就活で全滅したらどうするの?全滅しても大丈夫です

2018年1月23日

 

学生のほとんどが挑むことになる就活。

 

この就活は残酷なほど弱肉強食の世界で強いものは二桁の内定をもらい、弱いものは1社からも内定をもらえなかったりする。

 

これだけ内定率が高くなった現代においても、全滅してしまう人も珍しくない。

 

就活で全滅した人をたくさん見てきた僕は、この状況を他人事とは思えないんだよね。

 

たくさん見てきたからこそ、わかることが人によって全滅する理由が違う。

 

全滅した理由を正しく把握することによって、正しい施策を打てるようになり、内定をもらえるようになる。

 

だから、タイプ別のなぜ全滅するのかを解説して、タイプ別の全滅した時の対処法をご紹介します。

 

なぜ全滅してしまうのか?

 

なぜあなたが就活で全滅してしまうのか。

 

その理由をタイプ別に見ていきましょう。

 

高望みをしている

 

就活で全滅してしまう理由1つめが高望みをしていること。

 

エントリーしている会社は大手ばかりではありませんか?

人気企業ばかりではありませんか?

 

いくら売り手市場と言われている今でも、人気企業の倍率はとてつもなく高い。

 

人も企業もそうだけど、基本的には同じレベルの人しか付き合えない。

 

全滅するような人が内定をもらうには、自分の能力を上げるか受ける企業のレベルを下げるしかない。

 

もちろん、自分の能力を上げるように自分なりの努力はしているはずで、それでも内定が出ないというのは能力と大きく乖離をしている会社を受けているケースが多い。

 

つまりは、高望みをしているってことだよね。

 

倍率が低い中小企業にも目を向けよう。

 

エントリー数が少ない

 

全滅する理由2つ目はエントリー数が少ないということ。

 

あなたは何社にエントリーしましたか?

 

エントリーを増やさないと内定にはたどり着かないよね。

 

就活は全て確率論。

 

例えばES→GD→面接3回→内定のフローで選考が行われるとする。

 

その上で全ての通過率が10%だと仮定してエントリー何回すれば内定とれるのかというと以下の通りになる。

 

a×10%÷5

 

a=2%

 

つまり、通過率10%だと50回分ESを書かないと通らない計算になる。

 

人によって選考の通過確率はかなり変わるわけだけど、通過確率が低いのであればたくさんエントリーをして、たくさんの面接に望まないといけないよね。

 

 受けているところと相性が悪い

 

就活で全滅してしまう理由3つ目が受けているところとの相性が悪いところ。

 

採用する企業側には求める人物像というのがある。

 

これは求める人物像として開示されている場合もあるけど、企業イメージを考えて隠している場合もけっこうあったりする。

 

求める人物像というのは、企業の特有の環境だったり、既に活躍している先輩社員を見て決めている。

 

逆に言えば、早期退職したり活躍できないような先輩と似ている就活生を落とすようにしている。

 

その特徴にあなたが当てはまっているのであれば、面接でいくらいい回答をしても内定を得られることはまずない。

 

あなたが魅力的でも、受けている企業と相性が悪ければ落とされてしまうのだ。

 

能力が足りない

 

就活で全滅してしまう理由4つ目が能力が足りない。

 

あなたの魅力を語ることが出来る能力が足りないから、面接に通ることができなくて全面という結果になってしまう。

 

先程も述べた確率論の話で、割合が悪いとたくさん受けても内定が得られないよね。

 

この場合は、能力をつけるように頑張るしかない。

 

だけども、このタイプの人は全部一人で抱え込もうとする。

 

一人で抱え込むのは非常に非効率だし、精神的にもよくないから後述するけど、プロに頼るのが重要なポイントになるよね。

 

全滅した時の対処法

 

次に就活で全滅した時の対処法をご紹介します。

 

能力をつける

 

まずは能力をつけること。

 

就活は確率論で確率を上げることができれば、簡単に内定を取ることが出来る。

 

緊張が原因の場合

 

まずは緊張が原因の場合。

 

緊張するといつもの自分が出せなくて、固まってしまう。

 

早口にもなるし相手の質問に対して適切な答えが出せない。

 

この場合はたくさんの場数を踏んでなれるしか無い。

 

たくさんの自己紹介や自己PRをするようになれば、緊張は解けてきて堂々と話せるようになる。

 

もちろん、個人差はあるけどね。

 

まずやってみてほしいのが、SPIやエントリシートの提出がなくて最初から面接を受けられるベンチャー企業を受けてみること。

 

たくさんの面接を受けるのが重要で、効率的に回るにはSPIやエントリシートを受けるのはナンセンスだよね。

 

それに、ベンチャー企業は少ないときで2回の面接で内定が出たりもするから、半月後には内定が出たりもする。

 

他の方法は、MeetsCompanyというイベントに参加することをおすすめしている。

 

最大8社の人事や経営者と話せるイベントで、自己PRをする機会が会社ごとにあるから、かなりの練習になるよ。

 

僕も最初参加したときはめちゃくちゃ緊張したけど、最後の方はいい意味で疲れて緊張がなくなったからね。

 

もし、あなたが緊張で実力が発揮できていないのであれば、試しに参加してみて。

 

ミーツカンパニーは怪しくて電話がしつこい?口コミ、評判の真実を話します

 

いいテキストが作れないとき

 

次に良いテキストが作れなくて全滅してしまった時。

 

テキストというのは、面接などで話す台本のようなもの。

 

自分の長所を文字で書くとしても上手にかけることができない。

 

文字で書いても上手くかけないものが、その場でぱっと話さないといけない面接でうまく話すことはまず間違えなく出来ないよね。

 

この場合は、面接の数を増やすよりしっかりとテキストを作り込むことが重要。

 

テキストはかなり難しいもので、一人で出来ることはできないから、必ず就活のプロのコンサルタントに相談して一緒にテキストを作ってもらおう。

 

困ったときに相談する能力は、社会に出てわからない仕事を聞く時と同じ状況だから、人を頼れる能力をつけておいたほうがいい。

 

周りにプロのコンサルタントがいるのであれば、その人に相談しよう。

 

もし周りにプロがいないのであれば、プロに相談できるサービスを以下の記事で紹介しているから、こちらを参考にしてみてください。

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

 

テキストが作れても、覚えられない場合

 

今度はテキストが作れても覚えられない場合。

 

緊張で頭から飛んじゃう場合もあるし、そもそも覚える量が膨大だから覚えきれないということもある。

 

全て覚えて話そうとすると、逆に緊張が増して頭がまっしっろになることもあるからね。

 

その時は接続詞だけを覚えるという方法がある。

 

以下みたいな感じで覚えるとわかりやすいと思う。

 

私の長所は〇〇です。

なぜなら、〇〇だからです。

私は〇〇をきっかけにして、〇〇を始めました。

始めてみたのはいいものも、〇〇という壁にぶち当たりました。

目標を達成するために私は、〇〇をした結果、〇〇という成果を達成しました。

なので私の長所は〇〇です。

 

 

これはあくまで一例。

全文章を覚えなくても、文の最初を覚えればこの後何を話せばいいか見えてくる。

 

文の最初を覚えるのは難しくないから、誰でもできると思う。

 

例えるのであれば、いい国作ろう鎌倉幕府のような語呂合わせみたいな覚え方だよね。

だから、わりとスムーズに覚えられる。

 

テキストを作り、文の最初を覚えておくだけでスラスラ話せるようになるよ。

 

相性が悪い場合

 

そもそも受けている企業と相性が良くないから、全滅してしまっている可能性がある。

 

その場合は受ける業界を変えるとガラッと状況が変わって、内定が出ることもよくあること。

 

業界によって求める人物像が違うから、こんなことが起こり得るんだよね。

 

広告業界であれば派手で積極的でコミュニケーション能力が高い人人が求められるし、エンジニアであれば、逆にオタク気質があって論理的思考が出来る人が求められたりする。

 

人は、好きなことと得意なことが一致するケースって意外と少なくて、就活で全滅をしていまっているのであれば、得意なものを選んだほうがいいよね。

 

 

職種を変える

 

就活で全滅した時に受ける職種を変えるのは1つの手だよね。

 

相性で落とされている場合は尚更で、相性のいい業界、企業を見つけられたらすぐに内定をもらうことができる。

 

人によって特性が変わるから、特性別にどの職種にすべきかをご紹介します。

 

コミュニケーション能力がない場合

 

まずはコミュニケーション能力がない人が受ける職種を変える場合。

 

コミュニケーション能力がない人って全然ダメなイメージがあるかもしれなけど、日本にいてはいわゆるコミュ障が日本経済を牽引してきた。

 

それが職人たちだ。

 

日本のモノづくりの職人たちは頑固で融通がきかない、いわゆるコミュ障が非常に多い。

 

それなのにも関わらず世界に認められる製品や部品を作り続けてきた。

 

新時代のモノづくりは製造業からプログラミングに変化している。

 

エンジニアはコミュ障ほど向いているとも言われている職業で、もし自分がコミュ障だと思うのであればエンジニアを目指してみるのがいいかもしれない。

 

コミュ障で活躍している人ってたくさんいるからね。

 

もちろん、エンジニアになるたにはスキルが必要なわけだけど、幸いエンジニアが人不足というのもあり、無料で受けられる塾が登場している。

 

それがProEngineerという塾でかなりの時間を無料で受けることができ、さらに就職率が96.2%。

 

コミュ障の人が普通に就活するように就職出来る確率は全然高いし、就職してからも活躍できる確率もProEngineerで学んだほうが高い。

 

最初は「私になんてエンジニアは無理だよ・・・」って思うかもしれないけど、コミュ障で活躍できている人がほんとに多いから騙されたと思って言ってみほしい。

 

ProEngineerの詳細・申込みはこちらから

 

単純作業が得意な場合

 

次に単純作業が得意な場合。

 

単純作業が得意な人が向いているのは、事務系の職業。

 

まず、単純作業が得意な人は自分で考えることが苦手で人から指示されて動くのが好きだ。

 

逆に自分で動けと言われるとなにをしていいかわからなくなり混乱する。

 

地味なことが多い事務系の職業はコツコツ続けていかないといけないから、コツコツとした作業にが得意な人にほんとに向いている。

 

逆に、営業や人を指導する立場に立とうとすると辛いことになるから、その職種は選ばないほうがいいし、相性的に受からない確率が高くなるよね。

 

考えるのが好き

 

考えるのが好きなのであれば、起業家になるというのも一つの選択肢。

 

自分では当たり前と思っているかもしれないけど、考えるのが好きというのは立派な才能なんだよね。

 

普通の人って考えることは苦痛だから。

 

理想を描いて、考えてそれを形にしていく。

 

起業家って自分で考えたものをそのまま行動できるから、楽しい思いをできる。

 

もちろん、それ以上に大変な思いをするけどね。

 

でも、考える人のが好きな人って上司から言われたとおりに動かないといけない会社員ってかなり苦痛だから、同じ苦痛を味わうなら起業のほうがよかったりするんだよね。

 

とはいえ、いきなり起業するのはおすすめしないから、まずは長期インターンをはじめよう。

 

長期インターンは学生が企業で社会人に近いような仕事をさせてくれるから、仕事を学ぶことができるんだよね。

 

特に、起業して間もないスタートアップに入れば、起業ってどんなことが大変で、何気をつけて、なにをすればいいか見えてくる。

 

就活のできと起業家としての才能って別物だから、起業のチャレンジするのもいいと思うんだよね。

 

もちろん自己責任だけどね。

 

スポーツが得意

 

就活生の中にもスポーツが得意な人もいると思う。

 

スポーツが得意なのであれば、体育会系に特化しているスポナビというサイトもあるからこういったものを使ってみると内定を取れる確率が上がる。

 

新卒採用において体育会系が好きな企業って一定数存在するんだけど、体育会系が登録しているサイトに登録している企業はその中でも特に体育会系が好き

 

好かれている企業を受ければ、内定を取れる確率が上がるよね。

 

ただ、体育会系好きな企業はブラックなケースが多いから、注意が必要。

 

まあ、ストレス耐性と体力があればやっていけるから、そこに自信があるのであれば受けてみよう。

 

 

プロに頼ろう

 

ここまで就活が全滅したときにやるべきことをお話してきました。

 

全滅したと言っても能力を上げれば内定をもらうこともできるし、受ける職種を変えれば意外と人気がある学生になれたりする。

 

まだまだ若い就活生。

 

一人で頑張ろうとするのではなく、プロに頼ろう。

 

プロに頼るだけでも内定を貰える確率はグーンと上がる。

 

僕もプロに相談したことにより、面接での答える質が変わり内定0から複数社内定をもらえるようになった。

 

一人で頑張るのではなくて、プロに相談しよう。

 

ねっ。

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

就活就活

Posted by koi