就活

就活もう嫌だ・・・そう思う理由とやるべきこと

日本人である以上さけて通れないのが就職活動。

 

この就職活動でうまくいく人もいれば、うまくいかない人もいる。

 

うまくいかないと様々なところで弊害が出る。

 

例えば親に色々言われたり、周りからバカにされたり。。

 

心配されたら心配されたで、それが余計なプレッシャーになる。

 

元々マイナス思考だから就職活動をやっていけるか不安だし、お祈りメールやサイレントお祈りがくるとすごく落ち込む。

 

周りからの期待や心配を感じ、誰のためにやっているのかわからなくなる。

 

内定がとれない自分が情けない。

 

そんな思いから

 

「就活もう嫌だ・・・」

 

と思ってしまう。

 

就職活動もう嫌だと思う人は意外と多いんだよね。

 

僕もそのうちの一人でした。

 

その経験から就職活動が嫌になる理由とそう思った時にやるべきことをご紹介します。

 

以下のような順序で就活もう嫌だと思った時の対処法を書いています。

 

①就活が嫌な理由

②嫌な時にやるべきこと

③ちょっと逃げてみるのもありだよ

 

 

就活が嫌な理由

 

 

そもそも働きたくない

 

就活もう嫌だと思う理由1つめがそもそも働きたくないということ。

 

日本の企業はブラック企業で辛いというイメージがある。

 

長時間労働で上司が帰るまで帰れないとか、理不尽に詰められたりとか、ノルマがきついとか・・・

 

マイナスなイメージがメディアを中心に取り上げられている中において、就職、働くことを楽しむなんて無理がある。

 

それなのにも関わらず、大学を卒業するからって就職活動しないといけないからかなり後ろ向きの心を持っている。

 

働きたくないのにも関わらず、志望動機を聞かれて自己PRをしないといけない。

 

それに加えて、落とされるんだからこんなひどいことはない。

 

 

今しかないからと無理に就活をしている

 

就活もう嫌だと思う理由2つ目が今しかないかと無理に就職活動をしていること。

 

大学生にあるのが、新卒という特権。

 

日本において新卒一括採用という制度があり、大学生であると就職活動でかなり優遇される。

 

そんなこともあって、今しかないからとやりたくない無理に就活をしている人も多い。

 

親や教授などからも就活しなさいと言われ、自分の心にムチを打ち就職活動をしている。

 

周りも始めているからと焦りながらもESに面接にと勤しむことになる。

 

こんなにやりたくないことをやるのはかなりストレスがたまる。

 

冷たい視線が嫌だ

 

就活もう嫌だと思う理由3つ目が冷たい目線。

 

就職活動において必ず通る面接。

 

その面接官の中には、ひどい面接官もいて

 

「なんでお前なんかいるの?」

 

という視線を送ってきたり、話してくる面接官もいる。

 

冷たい視線の中にはストレス耐性を図るための圧迫面接や面接官の人間性が出ているパターンもある。

 

一生懸命に話しているにも関わらず、そんな態度を取られると就職活動も嫌になる。

 

寝ているときの夢にも出てきそうで、想像するだけも嫌になる。

 

SPIができない

 

就活もう嫌だと思う理由4つ目がSPIができないこと。

 

人気企業や大手は必ずともいってもいいほど、筆記試験のSPIがある。

 

SPIでふるいにかけられ、多くの人が落ちる。

 

SPIに通らないと面接にもたどり着くことすら出来ない。

 

必死に勉強をしても今まで勉強してこなかったツケは大きく、ほとんどのSPI試験に落っこちる。

 

面接で落とされるのであればまだ就職活動をしている感が出るが、SPIで落とされるのはスタート地点にすら立てていない感じがして嫌になる。

 

将来のことを考えないといけない

 

就活もう嫌だと思う理由5つ目が将来のことを考えないといけないこと。

 

就職活動で必ず行うのが、自己分析と志望動機。

 

この志望動機や自己分析では過去の自分や未来のなりたい自分を考えないといけない。

 

この将来を考えるというのはかなり大変でしんどいものだ。

 

なりたい自分を考えることはできても、その道のりが果てしなく険しいものと感じてしまい、これもまた辛い思いをする。

 

これからの日本は少子高齢化や年金問題などメディアでは日本の未来が暗いと報道している。

 

自分が年金もらえないと思えるような中であと何十年働かなければならないのか。

 

自分の将来が明るい感じがするならまだしも、いい将来を考えられない現状では考えれば考えるほど辛くなる。

 

失礼なことを言われる

 

就活もう嫌だと思う理由6つ目が失礼なことを言われること。

 

面接官にもよるけど、見た目や雰囲気や今までやってきたことに対して、失礼なことを発言することがある。

 

「今までこれしかやっていなかったの?」

 

とかね。

 

こんな面接官は意外と多かったりする。

 

でも、この面接官たちは人間的にできていなく、社内でも出世ができない可能性が高い。

 

目下の人に対してちゃんと対応できない人は、将来的に成功することもまずないから、ひどいやつがいたと笑い話にするのがいいと思う。

 

相談できる人がいない・・・

 

友達も決まっていない。

 

もしくは、友達全員決まってしまった。

 

友達が決まっていない状況だと忙しくて相談できないし、友達皆決まってしまうと恥ずかしくて相談することができない。

 

皆の集まりにも行きにくいよね。

 

同じ境遇で仲良かった友達でもなんだか遠くにいる感じがする。

 

気持ち的に辛くなり、嫌になってくる。

 

あとは、頑張りたくない時によむブログを読むとかね。

 

このブログは僕が運営しているんだけど、心がつかれた人がちょっとほっこりするような記事を書いていたりする。

 

もし、心が疲れているのであれば読んでくれたら嬉しいな。

 

 

面接が下手くそでもが就職できる方法

 

専門スキルをつける

 

専門スキルをみにつければ、内定をもらうことができる。

 

現在の就職活動においてはコミュニケーション能力が重要視されていて、このコミュニケーション能力がないと苦しい思いをする。

 

人には、数え切れないほどのスキル、特徴がある。

 

コミュニケーション能力は数多くある中の1つでしか無い。

 

だから、企業から求められるコミュニケーション能力以外の能力をつければいい。

 

その能力のことを僕はコアスキルと呼んでいて、コアスキルを持っている人をプロフェッショナル人材という。

 

そのコアスキルを今からでもつけることができるし、向いているものを見つけられれば好きなことで就職することができる。

 

食わず嫌いはやめて、色々なことに挑戦したほうがいいと思うよ。

 

もし、興味があるのであれば以下の記事を見てみてください。

 

プロフェショナル人材のなり方

 

プロを頼る

 

就職活動の大きなポイントはプロに頼ること。

 

実は就活に上手くいっている人の8割はいい相談相手やメンターなどに相談をしてたくさんのフィードバックをもらっている。

 

中には面接対策をして貰う人もいて、その中で面接のレベルを上げていっているんだよね。

 

というのも、日本の教育では自分がどんな長所を持っていて、どんなことが好きなのかを考えてこさせなかったし、ましてはそれを発表する機会もなかった。

 

その状況で一斉にヨーイドンで就活が始まるわけだけど、99%の人は難しすぎてつまずくことになる。

 

つまずいたあとの行動というのがものすごく重要で、いいメンターを見つけられた人は着実にレベルを上げていき、内定を獲得している。

 

もちろん、メンターを使わないで苦労して内定獲得する人もいるが、それよりかはメンターを頼ったほうが早く内定が出るし、いいところから内定が貰える確率が高くなる。

 

メンターの中でも何年も相談に乗っているプロのメンターがいて、その人達を頼ると状況は劇的に改善される。

 

そのプロのメンターに相談できるサービスがキャリセンというサービスで、相談に乗ってくれる多くの人が、その道10年以上のベテラン。

 

以下のキャリセン就活エージェントを使わないといけない理由。にキャリセンがどういうものなのか、なぜ使わないといけないのか説明してあるから、内定もらいたい人は見てみて。

 

キャリセン就活エージェントを使わないといけない理由。

 

 

就活を楽しめる新たなものを探す

 

就職活動を楽しめるようなものを探すのも1つの手だよね。

 

これは、トレーニングジムの考え方に似ている。

 

トレーニングジムでダイエットを普通に続けている人もいるけど、それ以外の理由でトレーニングジムに行く人もいる。

 

それは、イケメンのトレーナーと会うため。

 

イケメンのトレーナーと会えるから、きついトレーニングも頑張ることができるんだよね。

 

これを就職活動でも応用してみよう。

 

美人の人事と会えることをイメージをして、面接にのぞむ。

 

そう思い込むことができれば、嫌なことよりいいことの思いが上回るから、就活もう嫌だと思わなくなる。

 

 

ちょっとだけ逃げてみるのあり

 

就職活動に突入するとどうしても就職活動のことしか考えられなくなる。

 

ずっと考えるってことは、ずっと辛い思いをするということ。

 

その悪循環は面接でもでてしまい、いい結果が出ない。

 

完全に逃げることはおすすめできないけど、ちょっとだけ逃げることはいいかもしれない。

 

海にドライブをしてみよう。

 

自然いっぱいのところで散策しよう。

 

人は自然と触れ合うことで心は安らぎ、辛い思いもなくなってくる。

 

就活は自転車に乗るようなもの

 

就職活動は自転車に乗るようなものだ。

 

子供のときを思い出して欲しい。

 

子供の時、皆頑張って練習をして自転車に乗ったよね。

 

何度も何度も転んでも立ち上がって練習し続けた。

 

辛くて泣いたりもしたけど、未来を夢見てからこそ自転車に乗れるようになった。

 

就活も一緒。

 

内定貰うのって、途方もない壁のように感じるけど、ペダルを漕ぎ続ければいつから乗れるようになる。

 

必ず相談しよう

 

就活で必ずしないといけないのが、相談。

 

内定を複数貰っている人の多くはたくさんの人に相談をし、適切なフィードバックをもらって内定を獲得している。

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめという記事にも書いたけど、就活を一人で乗り越えるのは無理。

 

自転車を親などの支援なしに乗れるようになろうとするものだよね。

 

親の補助がないと、転んで怪我するし、怪我怖くて前に踏み出せないよね。

 

以下の記事に書いてあるサービスを使って、必ず相談するようにしよう。

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

就活サークル入ってない・・・なにをすればいいの?

就職活動でよく聞かれるのが、学生時代頑張っていこと。

 

この学生時代頑張っていたことでよくある答えがサークルだ。

 

就職活動になるとなぜか副部長がめちゃくちゃ増えると話題になるわけだが、特に困る人はサークルに入っていない人だ。

 

サークルに入っていないと

 

「就活でサークルアピールできないけどどうしよう・・・」

 

ってなる。

 

学生時代頑張っていたことがなくって困っているわけだけど、サークルに入るよりかもっといいものがある。

 

それが・・・

 

長期インターンで働く

 

僕はサークルに入っていない人におすすめしているのが、長期インターンで働くことをおすすめしている。

 

いや、サークルに入っていても長期インターンで働くことをおすすめしている。

 

その理由はかなりのメリットがあるからだ。

 

 実績が作れること

 

長期インターンでは実績が作れるから、学生時代に頑張っていたことで大いにアピールができる。

 

というのも、長期インターンというのは社会人に近いような働き方をする。

 

営業、総務、人事、マーケティング、エンジニア・・・

 

様々な職種があり、既に社会人デビューしたような感覚になる。

 

特におすすめなのが、営業の長期インターンで一人で何百万円売り上げた、テレアポで1日何件とったなどわかりやすい実績を残すことができる。

 

この実績を面接で話せば、面接官としてもかなり感情移入をして聞いてくれる。

 

サークルで頑張ってある程度の実績残したって面接官からすると実感が沸かないから、どう評価していいかわからない部分もあるし、サークルや学生団体と仕事の厳しさってぜんぜん違うから、実際の営業で結果を残せればかなり高い評価になるよね。

 

お金が稼げること

 

お金が稼げることも大きなメリットだ。

 

長期インターンはアルバイトよりも難しくてスキルが必要な仕事を任されるケースがある。

 

その仕事の価値は高いから、高い時給を払われるケースも珍しくない。

 

長期インターンの募集の中には時給2000円からのものもあり、頑張ればかなり稼げる。

 

アルバイトでは頑張っても上がる時給はせいぜい数百円程度だが、長期インターンで結果を出せば千円以上のアップする可能性もある。

 

もちろん、長期インターン受け入れ先の財務状況や考え方にもよるが、自分でも想像し得ないくらい高い給料を貰えることもあるのだ。

 

社会に出てからも大いに役に立つ

 

長期インターンをやっておけば、社会人になっても大いに役に立つ。

 

既に仕事をしているからね。

 

特に同じ仕事であれば、一目瞭然で同期が四苦八苦している中でも自分は既に乗り越えていることだから、一歩も二歩も先に勧める。

 

先に進めているということは、上司や役員の目に止まり早くから裁量権のある楽しい仕事を任される可能性も高くなる。

 

違う仕事であっても長期インターンでの経験は多少なりとも生きる。

 

面接も得意になる

 

長期インターンをやっておくと就活の面接も得意になる。

 

長期インターンではたくさんの社員とコミュニケーションを取る機会がある。

 

自分の考えを述べたり、自社の製品を説明したり、今やっている仕事を説明したりとたくさんの説明する機会がある。

 

就活の面接でも自分のことを説明しないといけなくて、長期インターンで説明慣れしていると、面接でもかなり有利になる。

 

それだけではなく、社員と同じところで働いていると社会人の目線がわかるようになるから、面接の質問の意図とどんな回答が評価が高いかなんとなくわかるようになる。

 

就活のためにサークルを始めても、この能力はつかないから、長期インターンのほうが全然いいと思うよ。

 

そのまま就職も

 

長期インターンからそのままその会社で就職することもあり得る。

 

事実、僕も長期インターンからそのまま就職をした。

 

長期インターンの受入企業は、今までの働きぶりを見ていて、いい人だったら当然採用したくなる。

 

そもそも、新卒学生の採用は多額のコストがかけられているから、長期インターンから採用するのはコストパフォマンスがいい。

 

その上、既に働いているからミスマッチでの早期退職も防げるなど企業にとっても様々なメリットがある。

 

まずは相談をしよう

 

就活だけどサークルに入っていない・・・

 

と嘆く前に。

 

まずは相談をしよう。

 

現実を受け入れて、いいアドバイスをしてくれる人に会い対策を立てる。

 

以下の記事にも書いてあるけど、サークルに入っている、入っていない関わらず、プロに相談すべきだ。

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

 

 

10年以上相談に乗っているベテランが多いくて無料で使えるキャリセン就活エージェントで相談するのがベターだろう。

 

 

キャリセン就活エージェントを使わないといけない理由。

 

 

社会に出てからも共通することなんだけど、考えている暇があったらとにかく行動しよう。

 

考えているうちに時間がたち、なにも出来ないで終わる。

 

こんな人は仕事ができない典型的な人。

 

サークル入っていないならサークル入っていない人なりの戦略を立てよう。

 

そのうちの1つが、僕が紹介した長期インターン。

 

就活は一人じゃ出来ないから、相談をして戦略を立てて、行動をしよう。

 

就活で有利な経験って?資格はこれっぽちも関係ない

人生の一大イベントである就活。

 

この就活に不安を持っている人が多いのではないでしょうか。

就活に有利なると言われている資格をなにを取ればいいのかわからない。

 

もし、資格取得を検討しているのであればやめよう。

資格を取得しても就活で有利にならない。

 

 

資格は全く有利にならない

 

資格は就活で有利にならない。

 

そもそも、企業はどんな人材を欲しがっているのか考えてみよう。

企業が欲しがっているのは、勉強できる人材でも資格を取得している人材でもない。

 

一言で言えば、活躍してくれる人材がほしいのだ。

この活躍している人材は資格取得と相関関係があるかといえば、ほとんどない。

 

企業で活躍している人材の多くは、高いコミュニケーション能力を持っている。

というのも、仕事において自分一人で行うことってあまりなく、複数人のチーム、プロジェクトとして動く。

 

チームとして動く時にコミュニケーション能力が高いと円滑に進んでいくから、結果が出やすい。

コミュニケーション能力がある人は、見栄えがいいために実力以上に見えたりもする。

 

そんな先輩たちの姿を見て人事は、コミュニケーション能力が高い人を欲しがるのだ。

資格を見るのは、どちらを採用するか迷った時くらい。

 

ほんとにちょっとした+aにしかならない。

 

新卒学生に求めているのは、能力ではなくてポテンシャル。

資格なら後で取ることもできるけど、ポテンシャルは変わらないからね。

 

資格勉強している暇があったら、面接対策をし続けていたほうがよっぽど効率的といえるだろう。

 

 

学生時代頑張ったことで使えるが・・・

 

就活の学生時代頑張ったことで資格取得は使えなくもない。

 

うまい文章を作れば、伝わるだろうがもったいないと思う。

資格取得ってまあまあな時間的コストがかかるから、他に振り分けたほうがいいと思うんだよね。

 

ただただ遊ぶのもありだと思う。

社会に出て改めて気付かされたけど、最も大事な能力はコミュニケーション能力。

 

他にも、時間を有効に使えば市場価値の高い専門スキルをつけられたりするし。

資格よりも有利になる経験ってたくさんあるからね。

 

就活で有利になる方法

 

就活で有利になる方法を客観的な観点から解説してきました。

 

まあ、資格取得をしても2点プラスになるくらいだと思うよ。

次に、就活で有利になる方法をご紹介します。

 

専門スキルをみにつける

 

有利になる方法1つめが専門スキルをみにつけること。

 

今日本では、人の偏在が起きていてあるところは足りているのにも関わらず、あるところは人手不足で現場が悲鳴をあげていたりする。

売上がたっているのに、人が採用できないからビジネスを拡大することができないと多方面からよく聞く。

 

それが、IT産業。

1990年以降グーグルやfacebook、amazon、appleなど世界を代表する企業が次々と生まれた。

 

日本でもLINEやソフトバンク、cookpadなど国民の多くが使うようなサービスがどんどん生まれていている。

それなにも関わらず、ITに行こうという人はあまり増えていない。

 

こんな背景からIT人材の獲得競争が起きている。

特にエンジニアは足りていななく、日本国内でも新卒エンジニアに1000万円を超えるようなオファーを出している会社もあるくらいだ。

 

資格の勉強をするよりプログラミングなどの専門スキルを身につけるがよっぽど効率的といえるだろう。

最近では、ProEngineerなど無料でプログラミングを教えてくれて、エンジニアとして採用してくれるサービスも出てきている。

 

エンジニアはコミュニケーションが苦手な人が得意であるとも言われている分野だったりもする。

というのも、コードが自分の友だちになったりして、コードを書くのが楽しくて面白いんだって。

 

専門スキルで食べていく人のことを僕はプロフェッショナル人材と呼んでいるんだけど、これからの潮流を考えると資格よりかはプロフェッショナル人材になるべきだと思うよ。

 

プロフェショナル人材のなり方

 

面接指導を受ける

 

就活で有利になる方法2つ目が面接指導を受けること。

 

面接の根本はコミュニケーション。

今までやってきたこともたしかに重要なんだけど、それ以上に重要なのが伝える力と質問の意図を読みとく力。

 

面接官の質問の意図がわかれば、適切な回答ができ内定に近づく。

面接って嘘はよくないと思うけど、盛ることもできるからね。

 

内定を貰っている人って結局たくさんの面接練習をしていて、自信満々で面接に臨むからなんだよね。

だから、資格を勉強している暇があったら、面接の技術を向上させよう。

 

面接の技術を向上させるには、10年以上のベテランばかりに相談できるキャリセンを使うこと。

キャリセンは僕がかなりおすすめしているんだけど、その理由を知りたい人は以下の記事を見てみて。

 

キャリセン就活エージェントを使わないといけない理由。

 

 

長期インターンに参加

 

就活で有利になる方法3つ目が長期インターンに参加すること。

 

短期インターンではなくあくまで長期インターン。

長期インターンのメリットは学生でいながら社会人と同じような業務をこなせること。

 

社会人と同じような仕事をすることによって、どんな人材が欲しいか見えてくるから面接も強くなる。

また、社会人と話す機会が多かったりするから、コミュニケーション能力が上がる。

 

学生同士ではなく、社会に出て働くことは大いに役に立つ。