就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学に入ると必ずとも行ってもいいほど通る難関である就活。

 

この就活で多くの人が苦しみ、壁にぶち当たってきた。

そのうちの一人が僕でした。

 

色々もがき苦しんで色んな人に相談してきた。

そこで感じたのが、プロに相談した時の変化。

 

プロに就活の相談をすると自分の能力が一気に開花して、面接の突破確率も9割とかなり高くなってきた。

 

そんな僕がプロに相談すべき理由とおすすめの相談サービスをご紹介します。

まずは就活で相談すべき理由から。

 

就活は必ず相談すべき

 

就活においては必ずプロに相談すべきです。

 

その理由を3つほどご紹介します。

 

1人で自己PRを作成するのは不可能

 

相談すべき理由1つめが自己PRを1人で作成するのは不可能という点。

 

就活生の多くは自己PRや志望動機を自分一人でなんとか作ろうとする。

そうなると、ある壁に激突することになる。

 

それが経験不足。

日本の教育はアメリカの教育にあるようなプレゼンをする機会がほとんどなく、自分の考えを伝えることがない。

 

その状況において、いきなり自己PRを考えて話しても矛盾だらけになる。

そもそも、自分の長所ってなあに?みたいなね。

 

自分の長所を理解できない人が自己PRを作成したって面接官の心を動かすようなものにはならないのである。

 

自分に合っている業界もなかなか見つけられない

 

相談すべき理由2つ目が自分に合っている業界を見つけられない点。

 

就活では当然自分が行きたい業界を探す必要がある。

就活生は自分の行きたい業界について考えるのだが、全て机上の空論になる。

 

これは野球に例えるとわかりやすいと思う。

野球であなたがプレイをするとしたらまず投げること、取ること、打つことを意識することになる。

 

でも、野球をやるとなると走り込みから、筋トレ、素振りなど様々な厳しい基礎練習をこなさないといけない。

仕事も一緒で目に見えない様々な厳しいことがある。

 

そして、その厳しいことは業界によって様々で人によって感じ方も違う。

ここの厳しい基礎練習を知らないで入社すると後々苦労することになる。

 

また、就活においても業界の厳しいところを知っていたほうが自己PRも作りやすい。

長時間労働で体力が必要なところであれば、「体力に自信があります」みたいなね。

 

これは就活のプロや業界の先輩たちに聞かないとわからないことばかりで、業界選びに失敗することになる。

 

相談が上手く行けば就活はうまくいく

 

相談すべき理由3つ目が就活がうまくいく点。

 

自己PRを1人で作るのは不可能だって言ってきたけど、逆にいえば相談をすると就活はうまくいきやすくなるということ。

実際、就活が上手くいっている人のほとんどはいい相談相手がいる。

 

良い相談相手がいると志望動機や自己PR、長所などよく聞かれる質問について教えてもらえたり、矛盾を指摘してもらえたりする。

 

すると、自己PRなどがどんどんブラッシュアップされ、矛盾がなくなる。

また、面接官の高評価を受けるようなことを語れるようになる。

 

相談は就活のレベルを急激にあげて、内定に大きく近づけてくれる。

 

人に頼ることも身につけよう

 

就活においても社会に出てからも大事なこと。

 

それが人を頼るということ。

日本の教育では、自分が頑張りペーパテストの点数をとるように教育されてきた。

 

グループ行動はあるにせよ、人を頼ることは教わってこなかった。

だから、日本人は人を頼ることが下手くそで、自分で問題を解決しようとする。

 

問題を解決できれば良いんだけど、就活のような大きな壁はなかなか自分で解決ができない。

だから、人を頼ろう。

 

人を頼るのはその人に嫌われるような感じがするけど、実は逆で頼られて嬉しいもの。

人を頼るのは実はスキルで、これが上手い人は就活も仕事もうまくいく。

 

だから、今のうちから人を頼る方法を身に着けよう。

就活においての人に頼るのは、プロに相談することだから、必ず相談するようにしよう。

 

 

就活相談おすすめのサービス

 

ここまでは就活でプロに相談すべき理由をご紹介してきました。

 

次におすすめの就活相談サービスをご紹介します。

 

キャリセン

 

おすすめの相談サービス1つめがキャリセン。

 

キャリセンは無料で相談を受けてくれる就活エージェント。

キャリセンの特徴は10年以上相談に乗ってきたベテラン揃いであること。

 

一概には言えないけど、10年以上も相談に乗ってきている人はかなりの腕を持っていると期待できるよね。

相談の人数も5万人を超えていて、実績があるサービスだといえるでしょう。

 

キャリセンは数字も残していて、利用後の内定確率が5.4倍に跳ね上がっている。

実績があるサービスなので、就活に困っているのであれば使ってみるしかないでしょう。

 

キャリセン就活エージェントの詳細・申込みはこちらから

 

ココリク

 

おすすめの相談サービス3つ目がココリク。

 

ココリクは日本初!新卒エージェントの比較サイトで株式会社ネオキャリアが運営している。

たくさんのアドバイザーから選ぶことができるから、自分の好きな業界や企業と強い人に相談することが出来る。

 

東証一部上場企業や大手グループ企業などの特別採用枠などを紹介してもらえることもあるから、相談以上のメリットもあったりする。

相談だけではなく、特別採用枠をもらえる可能性があるから、効率のいい就職活動ができるよね。

 

他にも、ESの書き方や面接対策講座などの情報も掲載されているから、様々な面で恩恵を受けられるサービスだよ。

 

ココリクの詳細・申込みはこちらから

 

ビズリーチ・キャンパス

 

おすすめの相談サービス3つめがビズリーチ・キャンパス。

 

ビズリーチ・キャンパスはOB・OG訪問サービスで、自分が行きたい業界や先輩に会いにいける。

ビズリーチ・キャンパスは既に7000人以上の先輩たちが登録していて、多種多様な業界や企業の先輩に会いにいける。

 

7000人のうちの多くが有名企業や人気企業だから、登録する価値も高いと思う。

就活情報や有名企業からのスカウトも来たりするから、とりあえず登録だけでもしておこう。

 

 

ビズリーチ・キャンパスの詳細・申込みはこちらから

 

 

就活ノートを参考にする

 

相談サービス以外にも大事なのが、他の人の就活を参考にすること。

 

就活において面接で聞かれる質問はだいたい同じようもので、同一の質問がされることが多いから過去に質問されたことを知っておくとかなり役に立つ。

また、企業に評価されるESはある一定の傾向があるから、過去通過したエントリーシートを見れるのは嬉しいよね。

 

就活ノートというサービスは、1000社以上の選考情報やESの情報を見ることことができる。

もし、就活に困っているのであれば就活ノートを参考にしてみましょう。

 

就活ノートの詳細はこちらから

 

お肉を食べられるサービスも?

 

ここまで就活相談サービスについてご紹介してきたけど、ここは番外編。

 

就活生という特権を最大限に活かしたサービスがある。

それがニクリーチ。

 

ニクリーチは企業の人事に焼肉をご馳走して貰える就活サービスで就活をしながら美味しい焼肉を食べることが出来る。

お金がない学生にとっては美味しい焼肉を食べられて、人事にも会える一石二鳥のサービスだよね。

 

登録しておくと企業の人事や経営者からスカウトが来るから、お肉が食べたい人は登録しておきましょう。

 

ニクリーチの詳細はこちらから

 

まとめ

 

ここまで就活でプロに相談すべき理由をご紹介してきました。

 

いくら就活を一人で頑張ろうとしても限界がある。

これは社会に出ても一緒で、自分以外の誰かからアドバイスを貰って成長していく。

 

一人で抱え込むのではなく、先程紹介したようなプロに対して就活の相談をしよう。

それが就活成功の近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*