就活したくないけど働きたい・・・その理由ととるべき行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の就職活動は異様だ。

 

ある時期になると一斉にリクルートスーツを着て、就職活動をし始める。

 

就職活動だけならまだいいのだが、学生は社員に対して媚びへつらい、文句も言えない。

 

その状況を見て、

 

「就活したくないけど働きたい・・・」

 

そう思う人も少ないと思う。

 

必ず通るべきとされている就職活動だけど実は就職活動をしなくても、いい会社で働くことはできる。

 

就活したくないけど働きたいとどうしてそう思うのか。

 

そして、就職活動をしないで働くことができるのか。

 

その方法をご紹介します。

 

この記事では以下の順番で書いています。

 

①就活したくないけど働きたい理由

②就活しないで働く方法

 

就活したくないけど働きたい

 

バカバカしい就活

 

就活したくないけど働きたい理由1つめがバカバカしい就職活動。

 

ほんと就職活動ってバカバカしいよね。

 

志望動機とか聞かれるけど、デートしている男の子から

 

「なんで僕と付き合おうと思ったの?」

 

って聞かれるようなもの。

 

ほんとにモテる企業ならまだわかるけど、人気がない企業が志望動機を聞くなんて自意識過剰だよね。

 

自分の中身を見てくれていない

 

就活したくないけど働きたい理由2つ目が自分の中身を見てくれないこと。

 

就職活動ではお互いが見栄の張り合いみたいなもので、上っ面の表面部分しか見ることがない。

 

もちろん、自分の中身を見てくれるところもあるけど、そんな優秀な面接官に巡り会えることはなかなかない。

 

そんな自分のことを理解してくれない人に対して自分のことを話すのってめんどうだし、内定貰ったって素直に喜べないよね。

 

そんな暇があったら働きたい

 

就活したくないけど働きたい理由3つ目がそんな暇あったら働きたいということ。

 

就活生の中には働きくてうずうずしている人も存在する。

 

就職活動をしたって働くのはまだ先だし、落とされる確率もけっこう高いから、かなりの無駄な労力を割くことになる。

 

そんな無駄なことをするであれば、今から働きたいと思うのもうなずける。

 

就活したくないけど働きたい人がとるべき行動

 

もう働いちゃう

 

就活したくないけど働きたい人がとるべき行動1つめが働いてしまうこと。

 

大学生だって今から働くことができる。

 

それは長期インターンという制度。

 

日本にはアルバイトではない長期インターンを募集しているサイトがある。

 

それは、営業、マーケティング、デザイナー、エンジニア、人事など様々な職種の募集があり、希望すれば社会人のような働き方ができる。

 

条件としては週5日入らないといけないところもあれば、週2日からと緩いところもある。

 

この長期インターンから就職することもかなりあって、筆者も長期インターンで気に入った企業に就職をした。

 

時給もアルバイトより高いところも多く、結果を出せば学生でもかなりの報酬をもらえることもある。

 

もう働きたいのであれば、働いちゃえばいい。

 

人にアドバイスをもらう

 

就活したくないけど働きたい人がとるべき行動2つ目が人からアドバイスをもらうこと。

 

既に社会に出て働いている人にアドバイスをもらうのがいい。

 

自分に合う方法を教えてもらえるかもしれないし、なによりどこかいい企業を紹介してくれるかもしれない。

 

今、日本は人手不足で猫の手も借りたいくらい。

 

人がうまく採用できていないから、今すぐにでも働きたいという学生を欲しがる人は意外と多い。

 

だから、既に社会に出ている人たちに会いに行き、その人達がコネを持っていれば高い確率で紹介してくれるだろう。

 

ビズリーチ・キャンパスというサービスはOB・OG訪問サービスでコネを持ってそうな人が多く登録しているから、会ってアドバイスをもらうのもおすすめ。

登録して、相談できる人を探してみよう。

 

起業するのもあり

 

就活したくないけど働きたいという人は、起業という選択肢もありだよね。

 

起業ってリスクあると思われがちだけど、借金しなければリスク0だし。

 

それに、数百万くらいの借金であれば意外とすぐに返せるものなんだよね。

 

学生の間に休学をして起業をすれば、潰れてもその後就職活動もすることができる。

 

最近のベンチャー企業は学生起業して失敗をしても意外と評価してくれるし、その経験を活かしてベンチャーの役員になっている人もいる。

 

僕は何人も見てきた。

 

日本の景気も追い風になっていて、再チャレンジがしやすい世の中になっているから、時期的にも起業するのはおすすめだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*