面接で最重要な「ポイント」の抑え方とは

就活において最難関が面接。

 

選考過程で面接を取り入れない企業はほとんどなく、この面接が上手く行かなければ内定はほとんど取れないでしょう。

そんな重要な面接なのに苦手意識を持っている人がほとんどではないでしょうか。

 

そんな面接において大事なのがポイントを理解しておくこと。

ポイントを理解するのと理解しないのでは、面接突破確率に大きな影響を与えます。

 

そんな大事な面接でのポイントの抑え方をご紹介します。

 

 

ポイント①自己紹介

 

ポイント1つめが自己紹介。

 

自己紹介は面接の中で必ず答える質問です。

自己紹介でのポイントは次の質問に繋げること。

 

面接の自己紹介はとりあえず質問されるもの。

とはいえ、ただどうでもいいことを話すのではなく次の質問に繋がるような話し方をしましょう。

 

自己紹介の次で多いのが、長所だったり学生時代に力を入れたこと。

もし、学生時代に力を入れたことでサークルや部活動について答えるのであれば、サークル活動について軽く触れておきます。

 

そうしておくと学生時代に力を入れたことを話す時に前提の話をしなくて済むので、簡潔にかつ伝わりやすい自己PRができます。

その他にも注意しておかないといけないことが、自己PRをしないこと。

 

自己紹介はあくまで、自分の紹介であって自己アピールの時間ではありません。

自己アピールをすると面接官によっては嫌悪感を抱くこともあるので、自己アピールはしないようにしましょう。

 

自己紹介のポイントは以下の2点です。

 

次の質問に繋げる

自己アピールはしない

 

ポイント②長所

 

面接でのポイント2つ目が長所の答え方。

 

長所の答え方は、相手の企業が求めるような長所をあげるようにしましょう。

例えば、面接を受ける企業がベンチャー企業だとしたら行動力などと答えるようにしましょう。

 

ベンチャー企業は仕組み化されていなく、業績は個々の能力に左右されます。

その環境においては、自ら行動して結果を残す人材が求められます。

 

逆に言えば、行動力がない人材は求められません。

面接を受ける企業がどのような人を求めているのか考えて、答えるようにしましょう。

 

具体的な長所の答え方は以下の記事に書いてあるので、こちらも参考にしてみてください。

 

面接の長所の答え方!長所別の回答を教えます

 

 

ポイント③短所

 

ポイント3つ目が短所。

 

短所という質問が一番困るのではないでしょうか。

しっかりと短所を答えつつ、面接官にネガティブな印象を与えないようにしないといけません。

 

短所を答えるポイントは、その短所を改善しようとする姿勢を示すこと。

 

例えば、「人見知り」が短所だとしましょう。

今までの人見知りエピソードを話します。

 

その人見知りを以下の様に改善しようとしているとアピールすると面接官の印象はかなりよくなるでしょう。

 

「この人見知りを改善するために、〇〇というイベントに積極的に参加しています。まだまだぎこちなさは取れないですが、社会人になる前に人見知りという短所を克服したいです。」

 

短所を上手に話せる就活生は少ないので、うまく話せれば他の就活生と大きな差をつけることができるでしょう。

 

 

ポイント④学生時代力を入れたこと

 

ポイント4つ目が学生時代に力を入れたこと。

 

学生時代に力を入れたことはしっかりとした構成で話さないと面接官には伝わりません。

以下のような順番、構成で話すようにしましょう。

 

①結論

②背景

③最初はうまくいかない

④改善策

⑤結果

⑥結論

 

例えば、以下のような形で話します。

 

 

①私が学生時代に力を入れたことは野球サークルの起ち上げです。

②私の大学では野球サークルはなく、私が好きな野球をこの大学でやりたいと思って野球サークルを起ち上げました。

③行動してみたものはいいものの、野球好きな人は3人しかいなく、試合がしたいのに3人でキャッチボールすることしかできませんでした。

④野球好きな人が少ないので、まずは友達を増やすことにして、休み時間などにたくさんの人に話しかけました。その結果、30人の友達ができて、その友達に野球の面白さと野球サークルにかける情熱を話しました。

⑤その結果15人が野球サークルに入り、毎週試合を行う活発的なサークルになりました。

⑥なので、学生時代に力を入れたことは野球サークルの起ち上げです。

 

 

このように話せば、面接官に様々なことが伝わります。

 

学生時代に力を入れたことにおいて、面接官が知りたいのは結果の大きさではありません。

ある課題において、どのように課題を解決してきたかです。

 

というのも、学生時代に成し遂げたことって社会人からすれば大したことはありません。

いや凄いかもしれませんが、その能力が仕事に活かせるかといったらあまり活かせません。

 

なので、結果の大きさはあまり見ていなく困難をいかにして解決してきたかを知りたいのです。

そう考えている面接官には、しっかりとした構成で話をしないと伝わらないのです。

 

先程、ご説明したような構成でお話をすれば、面接官にあなたのよさが伝わり内定の2文字に繋がるでしょう。

 

 

ポイント⑤志望動機

 

ポイント5つ目が志望動機。

 

志望動機はエピソードからもってくるようにしましょう。

志望動機でよくありがちなのが、ロジックで答えようとすること。

 

例えば、介護職を志望していている人はよく「社会貢献」とか「人のために役に立ちたい」とかという言葉を志望動機に持ってきます。

 

これを聞いた時に面接官は

 

「他の業界や企業でもできるよね」

 

と感じてしまい、落とされる要因を作ってしまいます。

これを防げるのはエピソードトーク。

 

例えば、あなたが不動産業界の街づくりを志望しているとしましょう。

その場合は、以下のように答えるのがベストです。

 

「私の住んでいる街は20年前から再開発が進みました。コンビニすらなく、何か買うときには30分車で走らないといけませんでしたが、再開発の結果街は発展していきました。その時のワクワク感は今でも忘れられません。このワクワク感を今度は私が作り出したい。」

 

とこのように答えれば、面接官は突っ込みようがありません。

ワクワクという感情は誰もが否定できないものだから。

 

もちろん、これは業界の志望動機なのでこの後、企業を志望している動機を話さないといけません。

そのときには、複数の要因を話します。

 

例えば、こんな感じ。

 

成長×人のよさ

 

「コーポレートサイトに乗っている先輩を見て、成長している人が多い点、思いやりを持っている点が感じられました。他の企業も調べてみましたが、私が思うに御社が1番でした。なので、御社を志望します」

 

と答えましょう。

このような形で答えれば、難関企業でなければほぼほぼ内定はとれるでしょう。

 

まとめ

 

ここまで「面接で最重要なポイントの抑え方とは」をご紹介してきました。

 

この記事以外にも就活についての記事を書いているので、興味があるのであれば是非こちらも御覧ください。

 

就活関連記事一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

就活面接

Posted by koi