就活はくだらないことだらけ!起業しちゃえば?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある時期に入るとみんな一斉にはじめる就職活動。

 

今まで遊んでばっかだった学生たちがリクルートスーツを着て、企業に媚を売り始める。

この異様な状況において、くだらないと感じるのはごく普通のこと。

 

日本の教育で言われたとおりに育ってきた人たちは、素直でいい子とも言えるが本質を考えることができないバカだともいえる。

この記事を読んでいる人は、くだらないと感じている人だからかなり賢いと思う。

 

ただ、後ほどにも書くけど批評家にだけはなってはいけないよね。

現状分析はしっかりできているから、それを成功に導く人にならないといけない。

 

この記事では、

 

①就活のくだらないこと

②くだらないと思った時にやるべきこと

③起業をすすめる理由

 

の順でお話をしていきます。

 

 

就活はくだらないことだらけ

 

日本における就活はくだらないことだらけ。

 

まずは、くだらないのことの数々をご紹介します。

 

くだらないマナー

 

まずはくだらないマナー。

 

キャリアセンターなどの指導はまずくだらないマナー指導から入る。

コートは建物中に入る前に脱げや、どうぞと言われるまで座っちゃいけないなどそれは多岐にわたる。

 

こんなマナー指導が意味あるのだろうか?

マナーというのはもともと、相手を不快な思いにさせないためにある。

 

いわゆる思いやりだけど、この思いやりが行き過ぎているよね。

面接のときだって本来は自分から「失礼します」と言って座って良いはずだ。

 

しかし、日本の就活においては相手に許可されるまで座ることは許さないなど様々なくだらないマナーが存在する。

 

志望動機なんてあるわけない

 

面接において必ずとも言ってもいいほど聞かれる志望動機。

 

これを聞いて毎回思うのだが、自惚れすぎていないかと思う。

まあ、業界1位や2位の大企業だったらわかるけどさ。

 

そもそも働いたことがないのに志望動機を作ったって上っ面の部分しか話せないだろう。

面接官はそんな上っ面な話ではなく、その人の人間性や考え方を聞いてうちと合うかどうか判断するものだ。

 

それなのに、学生が明らかに作ってきている志望動機に重きが置かれるのって本質から外れているし、くだらないと思う。

 

面接官が大した事ない

 

面接の合否を決める面接官。

 

大きな運命を左右する面接官だが、この人はどれだけ凄い人なのだろうか。

役員や経営者であれば、まあそれなりに凄い人なのだろう。

 

最初の方で出て来る面接官のほとんどは平社員で、なにも実績があるわけではない。

その人達が質問をしてくれるわけだが、あなたの人間性や能力、将来性を見抜けるのだろうか。

 

ほとんど不可能といってもいいだろう。

その上、出て来る面接官は古い業界、会社の慣習に染まった人たちだ。

 

そんな人達にいい人材かどうか判断することはできないだろう。

 

就活がくだらないと思うときにやるべきこと

 

ここまで就活のくだらないことについて紹介してきたけど、1つ注意しておきたいことがある。

それが批評家にだけはなってはいけないということ。

 

世の中には様々なくだらないこと、歪みがある。

それに気づいているからこの記事を読んでいる人は賢いといえるが、賢いだけでは何も意味がない。

 

この社会はアウトプットの質と量で評価される。

いくら賢くても、なにも生み出せないければ無意味だ。

 

賢いこの記事の読者にはその能力を活かして、活躍してほしいと思っているんだよね。

 

話を元にもどして。

就職活動がくだらないと思った時にやるべきことをご紹介します。

 

コアスキルをみにつける

 

就活がくだらないと思った時にはコアスキルを身に着けよう。

 

これからの社会において大事なのがコアスキル。

企業から

 

「で、なにができるの?」

って聞かれた時に論理的で相手を説得できるようなコアスキルをみにつけなければいけない。

そのコアスキルを身につけることができれば、最近流行りのフリーランスやパラレルワーカーとして生きていくことができる。

 

僕はプロフェッショナル人材と呼んでいて、プロフェッショナル人材になることができれば高給で自由な働き方実現できる。

コアスキルを身につけたプロフェッショナル人材のなりかたは、以下の記事で紹介しているから、就活がくだらなと思うのであれば一度見てみてください。

 

プロフェショナル人材のなり方

 

起業しちゃえば?

 

就活がくだらないのであれば、起業しちゃえば?

 

って思う。

筆者はスタートアップで数十社に入ってマーケティングなどを支援してきたから、どんな人が起業がうまくいっているのか、失敗しているのかよく知っている。

 

その経験から学生のうちに起業をするのをおすすめしている。

 

まあ、ほとんどの学生起業家は失敗しているし、この記事を読んでいる人も失敗すると思う。

それでも、僕が起業を勧める理由は人間的にもビジネスマン的にも成長するから。

 

一度起業に失敗して社会に出るのも、仕事への取り組み方も変わるし、高い視野で物事を見れるようになる。

それに加えて苦しい経験もたくさんする。

 

これらの経験は人生において財産になる。

だから、失敗すること前提でもいいから起業をしてみよう。

 

借金しないようにだけ気をつければなんら問題もないし、なにより借金をしたって多少であればすぐ返せる。

まだ、若いんだから。

 

若いうちに挑戦をしなければ、いつまで経っても挑戦をしない。

挑戦したからこそわかることってたくさんあるんだよね。

 

だから、起業をしてみほしい。

もし、起業の相談をしたいのであれば、私が乗るので以下のフォームからお申し込みください。

 

都内のカフェで1時間ほど相談に乗りますよ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*