面接行きたくない・・・行きたくない理由とやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動。

 

この就職活動で必ず通るのが面接。

 

この面接はコミュニケーション能力が出るところで、苦手にしている人も多い。

 

苦手な人は緊張するし、上手く話せないし、冷や汗もかくしとにかく辛い。

 

そして、面接に行きたくなくなる。

 

僕も行きたくないと思う経験があった・・・

 

その経験から、行きたくない理由と行きたくないと思った時にやるべきことをご紹介します。

 

以下の順で書いています。

 

①面接行きたくない理由

②行きたくないと思った時にやるべきこと

③就活以外の方法もある

 

 

面接行きたくない理由

 

落ちるとわかっている

 

面接行きたくない理由1つめが落ちるとわかっていること。

 

よく聞かれる質問が自己紹介、志望動機、長所・・・

 

よく聞かれることですらハキハキと話すことができないから、受かるわけない。

 

そんな状況で行っても辛いだけだよね。

 

緊張する

 

面接行きたくない理由2つめが緊張すること。

 

緊張して心がドギマギ。

 

受けるだけでも終わったとにはかなりの疲れが出る。

 

過度の緊張はかなりのストレスになるから行きたくなくなるよね。

 

圧迫面接

面接に行きたくない理由3つ目が圧迫面接。

 

怒鳴られたり、鼻で笑われたり、バカにされたり・・・

 

こんな態度を取られると普通のメンタルの持ち主だったら傷つく。

 

ストレス耐性が求められるような企業では圧迫面接が多く、精神的に大きく疲弊するよね。

 

これがトラウマとなって、また圧迫面接があるんじゃないかと思い、面接に行きたくなくなる。

 

 

 

 

 そもそも就職したくない

 

そもそも就職したくないと行きたくないよね。

 

日々働いているお父さんたちを見ると辛そうな顔をしているし、特に通勤電車の中ではかなり暗い顔をしている。

週40時間働くだけでも辛いのに、夜中まで残業することも想像つく。

 

頑張っているのにも関わらず、パワハラ、セクハラがあったりと考えると就職したくなくなる。

そもそも就職をしたくないわけだから当然行きたくなくなるよね。

 

 

面接行きたくないときにやるべきこと

 

可愛い、イケメンの人と話せると思い込む

 

面接行きたくないと思ってしまうのは、仕方のないこと。

 

その行きたくないというネガティブの思いより、面接行くと得をするというポジティブな思いが増えれば面接も楽しく行うことができる。

 

その1つのアイデアが、面接官がイケメン、美女だと思いこむこと。

 

今日の面接であの好きな人と会えると思い込めば、どんなに辛くたって楽しめる。

 

特に人事は美男美女が多いから、その確率は高くなるよね。

 

必ずしも美男美女がいるということにこだわる必要もなくて、面接=楽しいものと思うようななにかを仕掛ければ、面接行きたいってなるよね。

 

練習をしてアドバイスをもらう

 

行きたくないと思ったら練習してアドバイスをもらおう。

 

行きたくない理由の大きな原因が面接でうまく話せないからというのがある。

 

上手く話せればどんどん楽しくなるからね。

 

だから、たくさんの練習とたくさんのアドバイスをもらわないといけない。

 

辛くても大変なことだけど、この努力は将来役に立つ。

 

面接ってスキルで今のうちつけておかないと、転職活動でも苦労することになるからね。

 

転職活動がうまくいかないと、失業した時に困るし生涯年収だって上がっていかない。

 

だから、行きたくない理由の1つであるスキル不足をなんとかしよう。

 

それは就活のプロに相談するのがおすすめ。

 

例えば、キャリセンとかあるよね。

 

他にも、以下の記事でおすすめの相談、面接対策サービスをご紹介しているから興味がある人はごらんください。

 

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

 

キャリセン就活エージェントを使わないといけない理由。

 

 

ご褒美をする

 

面接行きたくないときにやるべきこと3つ目がご褒美をすること。

 

行きたくないというネガティブな感情。

 

この感情より強いポジティブな感情を抱けるようになれば、つらい気持ちもなくなっていくよね。

 

女性だったら、ミスパリ で美容体験するのもいいし、自分にプチご褒美をする。

面接前の辛いことを想像するのではなく、終わった後の後の素晴らしいことを想像してみる。

 

それだけでも、行きたくないという気持ちもなくなってくるよね。

 

専門スキルをつける

 

この方法は、就職活動を一時期しなくてもいい。

 

それが、専門スキルを身につけること。

 

総合職ではなくて、専門スキルを期待されて採用されることを目指してみよう。

 

専門スキルをつけるとコミュニケーション能力がなくても企業からは重宝される。

 

おすすめの専門スキルは色々あるんだけど、コミュニケーション能力ない人におすすめなのがエンジニア。

 

エンジニアはコミュニケーション能力がない人に向いている職業とも言われている。

 

人とコミュニケーションを取らない分、集中してコードを書くことができるからね。

 

コードが友達という人もいるくらい。

 

もし、コミュニケーション能力に自信がないのであればエンジニアになるのもいいかもしれないね。

 

ProEngineerというサービスを使えば、無料でプログラミングが学ぶことができる。

 

中には誰もが羨むような人気企業からオファーがかかる人もいたね。

 

専門スキルをもつ人のことを僕はプロフェッショナル人材って呼んでいて、エンジニア以外にもおすすめなのがあるから、以下の記事を参考にしてみてください。

 

プロフェショナル人材のなり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*