就活サークル入ってない・・・なにをすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動でよく聞かれるのが、学生時代頑張っていこと。

 

この学生時代頑張っていたことでよくある答えがサークルだ。

 

就職活動になるとなぜか副部長がめちゃくちゃ増えると話題になるわけだが、特に困る人はサークルに入っていない人だ。

 

サークルに入っていないと

 

「就活でサークルアピールできないけどどうしよう・・・」

 

ってなる。

 

学生時代頑張っていたことがなくって困っているわけだけど、サークルに入るよりかもっといいものがある。

 

それが・・・

 

長期インターンで働く

 

僕はサークルに入っていない人におすすめしているのが、長期インターンで働くことをおすすめしている。

 

いや、サークルに入っていても長期インターンで働くことをおすすめしている。

 

その理由はかなりのメリットがあるからだ。

 

 実績が作れること

 

長期インターンでは実績が作れるから、学生時代に頑張っていたことで大いにアピールができる。

 

というのも、長期インターンというのは社会人に近いような働き方をする。

 

営業、総務、人事、マーケティング、エンジニア・・・

 

様々な職種があり、既に社会人デビューしたような感覚になる。

 

特におすすめなのが、営業の長期インターンで一人で何百万円売り上げた、テレアポで1日何件とったなどわかりやすい実績を残すことができる。

 

この実績を面接で話せば、面接官としてもかなり感情移入をして聞いてくれる。

 

サークルで頑張ってある程度の実績残したって面接官からすると実感が沸かないから、どう評価していいかわからない部分もあるし、サークルや学生団体と仕事の厳しさってぜんぜん違うから、実際の営業で結果を残せればかなり高い評価になるよね。

 

お金が稼げること

 

お金が稼げることも大きなメリットだ。

 

長期インターンはアルバイトよりも難しくてスキルが必要な仕事を任されるケースがある。

 

その仕事の価値は高いから、高い時給を払われるケースも珍しくない。

 

長期インターンの募集の中には時給2000円からのものもあり、頑張ればかなり稼げる。

 

アルバイトでは頑張っても上がる時給はせいぜい数百円程度だが、長期インターンで結果を出せば千円以上のアップする可能性もある。

 

もちろん、長期インターン受け入れ先の財務状況や考え方にもよるが、自分でも想像し得ないくらい高い給料を貰えることもあるのだ。

 

社会に出てからも大いに役に立つ

 

長期インターンをやっておけば、社会人になっても大いに役に立つ。

 

既に仕事をしているからね。

 

特に同じ仕事であれば、一目瞭然で同期が四苦八苦している中でも自分は既に乗り越えていることだから、一歩も二歩も先に勧める。

 

先に進めているということは、上司や役員の目に止まり早くから裁量権のある楽しい仕事を任される可能性も高くなる。

 

違う仕事であっても長期インターンでの経験は多少なりとも生きる。

 

面接も得意になる

 

長期インターンをやっておくと就活の面接も得意になる。

 

長期インターンではたくさんの社員とコミュニケーションを取る機会がある。

 

自分の考えを述べたり、自社の製品を説明したり、今やっている仕事を説明したりとたくさんの説明する機会がある。

 

就活の面接でも自分のことを説明しないといけなくて、長期インターンで説明慣れしていると、面接でもかなり有利になる。

 

それだけではなく、社員と同じところで働いていると社会人の目線がわかるようになるから、面接の質問の意図とどんな回答が評価が高いかなんとなくわかるようになる。

 

就活のためにサークルを始めても、この能力はつかないから、長期インターンのほうが全然いいと思うよ。

 

そのまま就職も

 

長期インターンからそのままその会社で就職することもあり得る。

 

事実、僕も長期インターンからそのまま就職をした。

 

長期インターンの受入企業は、今までの働きぶりを見ていて、いい人だったら当然採用したくなる。

 

そもそも、新卒学生の採用は多額のコストがかけられているから、長期インターンから採用するのはコストパフォマンスがいい。

 

その上、既に働いているからミスマッチでの早期退職も防げるなど企業にとっても様々なメリットがある。

 

まずは相談をしよう

 

就活だけどサークルに入っていない・・・

 

と嘆く前に。

 

まずは相談をしよう。

 

現実を受け入れて、いいアドバイスをしてくれる人に会い対策を立てる。

 

以下の記事にも書いてあるけど、サークルに入っている、入っていない関わらず、プロに相談すべきだ。

 

就活はプロに相談すべき!おすすめの相談サービスまとめ

 

 

10年以上相談に乗っているベテランが多いくて無料で使えるキャリセン就活エージェントで相談するのがベターだろう。

 

 

キャリセン就活エージェントを使わないといけない理由。

 

 

社会に出てからも共通することなんだけど、考えている暇があったらとにかく行動しよう。

 

考えているうちに時間がたち、なにも出来ないで終わる。

 

こんな人は仕事ができない典型的な人。

 

サークル入っていないならサークル入っていない人なりの戦略を立てよう。

 

そのうちの1つが、僕が紹介した長期インターン。

 

就活は一人じゃ出来ないから、相談をして戦略を立てて、行動をしよう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す

*