これからの時代において重要になってくるプロフェッショナル人材。

 

人数に比例して売上が上がっていく労働集約型のビジネスはどんどん少なくなり、仕事の質が重要になってきた。

この時代において、特定の領域について詳しいプロフェッショナル人材が求められている。

 

 

プロフェッショナル人材とは

 

プロフェッショナル人材は定義にもよると思うが、経験やスキルがない一般な人がなかなか手を出せない領域の仕事を得意にしている人のことを私は呼んでいる。

 

私がIT業界にいるからIT業界におけるプロフェッショナル人材を紹介したいと思う。

IT業界のプロフェッショナル人材はエンジニア、デザイナー、マーケター、ディレクターなどになる。

 

ここに出てきたものは今までの経験やスキルが非常に大事になっている職業で、素人にはなかなか踏み入れられない領域。

この領域を出来る人のことを私はプロフェッショナル人材と呼んでいて、人材不足が起きている。

 

携帯のアプリやホームページ、webサービスなどIT系のサービスがものすごい伸びているのに、IT系のプロフェッショナル人材を志す人があまりにも少ないのだ。

この人材不足はある意味チャンスで、プロフェッショナル人材で必要なスキルをつければ、引っ張りだこになることを意味している。

 

 

プロフェッショナル人材になるメリット

 

年収が高くなる

 

プロフェッショナル人材になると年収が高くなる。

 

これからの時代はAIやロボットそして、発展途上国の台頭で少し学べばできるような仕事の価値はどんどん給料が下がっていく。

その一方で、プロフェッショナル人材の領域は少しの人材で莫大な利益をあげることができるから、結果を出せる人材には企業は高給を出す。

 

某IT企業では、優秀なエンジニアを採用するためにまだ新卒にも関わらず、年収2000万円のオファーを出している。

このような人材獲得競争が世界中で繰り広げられている中で、プロフェッショナル人材になることができれば、ビックリするくらいの高給を貰うことも可能だ。

 

自由な働き方が実現できる

 

プロフェッショナル人材になれば自由な働き方が実現できる。

 

最近のIT技術の進化によって、チャットワークやテレビ会議などオフィスで働く必要性がなくなってきた。

それに加えて、先進的で自由な考え方を持っている人がIT業界には多いから、在宅勤務のみで働いている人もいる。

 

また、政府が推進している働き方改革の中に複業や在宅勤務が含まれていて、この自由な働き方に加速されていくだろう。

 

労働者のニーズとしても「高い給料」よりか「自由な働き方」を求める人が増えていて、今までの雇用制度では優秀な人が取れなくなってきている。

 

こういった市場環境から見ても、プロフェッショナル人材になれば自由な働き方が実現できる。

 

 

 

プロフェッショナル人材のなり方

 

 

エンジニア

 

まず最初がエンジニアのなりかた。

 

今1番足りていないのがエンジニアで1番の高収入を期待できる。

また自分で開発ができるし、マネジメントの観点から起業にも役に立つ。

 

非エンジニアが起業をすると、エンジニアのマネジメントで失敗することが多いからね。

あとは、開発会社にぼったくられるケースもよくある。

 

エンジニアのなり方は無料でなる方法がある。

というのも、エンジニアが圧倒的に足りていないから、エンジニアを育てて人材紹介をするほうが効率的だったりするんだよね 。

 

実質無料で受けられるのが、ProEngineerポテパンキャンプ

プロエンジニアは就職率が96%とかだし、これからの人材不足を考えるとエンジニアはかなりおすすめだよね。

 

デザイナー

 

デザイナーは無料でなる方法は今のところはない。

 

だから、スクールに行くか独学でやるかになる。

僕がおすすめしているのは、セミナーに行きながら企業で働くこと。

 

デザインは勉強も大事だけど、実践のほうが大事だから働きながら学ぶのが1番なんだよね。

コスパよく学べるのはストアカだから、それを使ってみるのがおすすめ。

 

マーケター

 

マーケターになるには、実際に働くのが1番。

 

というよりかは、実務で広告運用だったり様々な経験をしないと難しい。

独学はほぼ無理といえるでしょう。

 

まず、働くのが大事だから新卒であればキャリセン就活エージェント、転職であればギークリを使って就職活動をするのがおすすめ。

 

コンテンツマーケやSEOだけなのであれば、自分でもできるからブログを解説して学ぶのもいいよね。