門山宏哲、長谷川豊、田嶋要、大野隆は当選?落選?得票数は?千葉1区

2017年の衆議院議員総選挙。

 

またこの時期がやってきました。

千葉1区からは門山宏哲、長谷川豊、田嶋要、大野隆の4人が立候補します。

 

千葉1区から誰が当選して誰が落選するのでしょうか。

得票数はどのくらいなのでしょうか。

 

ご紹介します。

 

門山宏哲

 

千葉1区自民党から立候補する門山宏哲はどのような人物なのでしょうか。

 

門山宏哲は山口県生まれ千葉県育ちの53歳。

千葉市立緑町中学校、千葉県立千葉高校、中央大学法学部法律を学科を卒業。

 

平成2年に司法試験に合格し、平成5年に弁護士登録した。

2012年衆議院選挙で比例復活ではあるが初当選しました。

 

門山宏哲の政策は?

 

門山宏哲の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

門山宏哲は以下の8つの基本政策を掲げ、これに則った政策を行っていきます。

 

1.「自律」国家日本の創造

2.平和と繁栄を確かなものにする外交政策

3.将来にわたる成長のための経済政策

4.歳入と歳出のバランスの確保

5.教育の充実(「人は国家の要」)

6.格差の是正と全ての国民が安心して暮らせる社会の実現

7.地球環境問題への取組み

8.民主主義の基盤を守るための制度改革

 

 

防衛安保については日米同盟の深化、防衛力の整備を主張しています。

また、経済政策では法人税25%への減税やイノベーションの推進などを掲げています。

 

長谷川豊

 

千葉1区維新から出馬する長谷川豊はどのような人物なのでしょうか。

 

長谷川豊といえば、ブロガーになって炎上したりなど話題となっていた人物ですね。

その長谷川豊が生まれたのが1975年で現在42歳です。

 

奈良県奈良市出身で立命館大学を卒業しました。

卒業後はフジテレビアナウンサーとして、とくダネ!などを担当しました。

 

2010年にNY支局勤務になり、オバマ大統領に取材をしたり日米の教育問題を取材したりしていました。

長谷川豊の取材された動画もあるので、興味がある方は見てみてください。

 

 

 

フジテレビアナウンサー、そしてブロガーとしても有名だったので、千葉1区の候補者の中では知名度ナンバーワンでしょう。

 

 

長谷川豊の政策は?

 

長谷川豊の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

長谷川豊が1番に訴えているのが、教育、子供への投資です。

高齢者の人数、投票率が高い日本においてこの層に手厚くする政治が行われてきて、若者、子供に対する投資はあまりされてきませんでした。

将来の日本のために、子供への投資を訴えています。

 

他には、IR誘致による税収増、地方分権を進めていく方針です。

 

田嶋要

 

千葉1区希望の党から立候補する田嶋要はどのような人物なのでしょうか。

 

田嶋要は1961年生まれの56歳。

愛知県名古屋市生まれで、愛知県立旭丘高等学校、東京大学法学部を卒業しました。

 

卒業後はNTTや世界銀行などで働き、内9年は海外で過ごしました。

また、その間にペンシルベニア大学ウォートン・スクールでMBAを取得しました。

 

2003年に民主党から衆議院選挙で出馬し当選。2010年には経済産業大臣政務官を務めました。

田嶋要の過去の当選回数は5回で千葉1区から立候補した人の中で最多当選回数です。

 

田嶋要の政策は?

 

田嶋要の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

まず特徴的なのが、「活官僚」です。

旧民主党政権下で行われてきた、政治主導、脱官僚。

田嶋要によると今は脱官僚ではなく、優秀で巨大な官僚組織を活かしていく活官僚を訴えています。

 

また、議員定数の削減と国家公務員人件費改革を訴えています。

 

大野隆

 

千葉1区共産党から立候補する大野隆はどのような人物なのでしょうか。

 

大野隆は1969年に東京都中野区生まれで、明治大学政治経済学部卒業です。

大学卒業後に日本将棋連盟やキズナジャパン、CSSビジネスサポートなどで勤務しました。

 

2016年に日本共産党千葉県中部地区委員会で勤務をはじめました。

 

大野隆の政策は?

 

大野隆の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

大野隆が訴えいる政策は日本共産党が従来から訴えている、長時間労働ノー、賃金UP。

消費増税凍結、大企業、富裕層増税。

また、安保法案の廃案を訴えています。

 

当選?落選?得票数は

 

千葉1区から立候補する門山宏哲、長谷川豊、田嶋要、大野隆。

 

この4人の中で誰が当選、落選するのでしょうか。

また、得票数はどれくらいになるのでしょうか。

 

まずは前回の得票数を見てみましょう。

前回と今回立候補しているのが、門山宏哲、田嶋要の2人です。

 

 

田嶋要   84,755票 41.1%  民主党

門山宏哲  76,937票 37.3% 自民党

田沼隆志  26,332票 12.8% 次世代の党

吉田直義  18,182票 8.8%   共産党

 

 

前回自民党の追い風だった選挙でしたが、民主党から立候補した田嶋要が当選、門山宏哲は比例復活当選をしました。

 

今回の選挙もまた、門山宏哲、田嶋要2人の戦いとなるでしょう。

特に、希望の党から出馬する田嶋要の頑張りが千葉2区の当選、落選に大きな影響を与えるでしょう。

 

村井英樹、武正公一、小檜山清人、鳥羽恵は当選?落選?得票数は?埼玉1区

2017年衆議院議員総選挙。

 

国の命運を左右する時期がまたやってきました。

埼玉1区からは村井英樹、武正公一、小檜山清人、鳥羽恵の4人が立候補しました。

 

果たして、村井英樹、武正公一、小檜山清人、鳥羽恵の4人はどのような人物なのでしょうか。

この中から誰が当選して、落選するのでしょうか。

そして、得票数はどれくらいになるのでしょうか。

 

村井英樹

 

自民党から埼玉1区で立候補する村井英樹はどのような人物なのでしょうか。

 

村井英樹は1980年生まれの37歳。

今回、埼玉1区から立候補するのは村井英樹以外で5、60代なのでかなり若い候補です。

 

村井英樹は昭和55年に埼玉県浦和市で生まれます。

勉強がかなり出来る少年で中学、高校は海城、大学は東京大学です。

 

大学卒業後は財務省、農林水産省、ハーバード大学院に留学するなど様々な経験をします。

平成24年に村井英樹は初当選を果たし、平成28年には自民党最年少で党副幹事長を務めます。

 

かなりの大抜擢で、村井英樹は将来を期待された若手のホープで将来の総理大臣候補ともいえるほどのポテンシャルを持った人物です。

ちなみに、当選2回以下の若手議員の中で村井英樹は「メディア登場回数No,1」になるなど、メディアからも注目を集めている政治家です。

 

村井英樹の政策は?

 

将来が期待される村井英樹の政策はどのようなものでしょうか。

 

村井英樹の経済政策は、まずはアベノミクスによる経済成長で税収増を目指していきます。

安全保障、外交については、北朝鮮に「圧力」

日米同盟の強化によって、防衛力を強めていく方針です。

 

また子育て支援にも力を入れる村井英樹は、これまた若手のホープ小泉進次郎とともに「子育て支援抜本拡充」を問題提起しています。

 

武正公一

 

本命村井英樹の対抗馬として出馬するのが武正公一。

 

武正公一は希望の党から出馬します。

過去6回の当選経験があるベテラン議員で現在、56歳です。

 

武正公一は1961年に静岡県で生まれた後、1971年にさいたま市立木崎小学校に転入学します。

高校は県立浦和高校で1980年に慶応大学政治経済学部に入学、卒業 。1984年に松下政経塾に入ります。

 

1995年に埼玉県議に初当選し、2000年に衆議院議員になりました。

民主党政権時に武正公一は外務副大臣、財務副大臣などを経験しています。

 

武正公一の政策は?

 

武正公一の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

武正公一の政策は反アベノミクスです。

5年連続で実質賃金が横ばいになっているアベノミクスの見直しを提言しています。

その一方で、アベノミクスに対抗するような経済政策を打ち出せているわけではありません。

 

防衛、安保について武正公一は安倍政権下で行われた安保法制が情報公開されていないので、逆に日米同盟の深化を阻害すると語っています。

他には国民の知る権利や教育無償化を消費税で行うことを提案しています。

 

 

小檜山清人

 

埼玉1区から維新から立候補する小檜山清人はどのような人物なのでしょうか。

 

小檜山清人は58歳で東京都豊島区生まれです。

3歳から9歳まではロンドンとパリで過ごしました。小学生のときに小檜山清人はモテモテだったらしいです。

 

1981年に慶応大学文学を卒業。卒業後には以下のようなキャリアを歩んでいます。

 

西武百貨店→日本サーボ→和光交易→東京フレックス工業→日立製作所

 

小檜山清人の政策は?

 

小檜山清人の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

小檜山清人の政策について詳しく述べられているわけではありませんが、維新から立候補しているので維新の政策が小檜山清人の政策と考えていいでしょう。

また、小檜山清人は過去に7000万円の借金を背負った経験があり、国の歳出、歳入に関して厳しくチェックしたいみたいです。

 

鳥羽恵

 

埼玉1区共産党から立候補する鳥羽恵。

 

鳥羽恵はどのような人物なのでしょうか。

鳥羽恵は1959年生まれの58歳。

 

埼玉県見沼区で生まれて片柳中、浦和西高、東京YWCA専門学校社会福祉科を卒業しました。

現在鳥羽恵は3児の母でもあり、元保育士でもあります。

 

鳥羽恵の政策は?

 

鳥羽恵の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

鳥羽恵は日本共産党から立候補しているので反安倍政権、反アベノミクス、反安保法案、憲法改正反対の政策を持っていると考えていいでしょう。

自身の活動として、見沼区くらし子育て応援室長などもやっていて、鳥羽恵は子育て支援に力を入れていく方針です。

 

 

当選?落選?得票数は?

 

埼玉1区から立候補した村井英樹、武正公一、小檜山清人、鳥羽恵。

 

この4人の中で誰が当選して落選するのでしょうか。

前回の選挙結果、得票数を見るとわかりやすいので、そちらを見ていきましょう。

 

前回の選挙で今回も立候補しているのが、村井英樹と武正公一の2人です。

得票数は以下を見てみるとわかりますが、そんなに離れていません。

 

 

村井英樹 105,760票 46.9% 自民党

武正公一 82,857票   36.7% 民主党

松村敏夫 28,259票   12.5% 共産党

松本翔  8,492票  3.8%  社民党

 

 

自民党などの与党が半分の得票数、民主党などの野党で得票数が半数でした。

今回は、武正公一が希望の党で立候補するという大きな動きがあったので、予測はなかなか難しいでしょう。

 

個人的には村井英樹が40〜50%程度の得票数で当選すると予測します。

 

 

平将明、井戸正枝、難波美智代、青山昂平は当選?落選?投票数?東京4区

2017年衆議院選挙。

 

東京4区。

今回東京4区から平将明、井戸正枝、難波美智代、青山昂平の4人が立候補しました。

 

平将明、井戸正枝、難波美智代、青山昂平の4人はどのような人物なのでしょうか。

誰が当選、落選して得票数はどうなるのでしょうか。

 

解説していきたいと思います。

 

平将明

 

まずは平将明からご紹介してきます。

 

平将明は自民党の議員で1967年生まれの50歳です。

東京で生まれた後、早稲田実業中学に入学し、そのままエスカレーターで進学して早稲田大学法学部を卒業します。

 

卒業後は普通のサラリーマンとして仕事をこなし、大田青果市場仲卸の山邦に入社します。

小池百合子都知事が問題視した市場問題について実は詳しいのが、平将明なのです。

 

平将明は2000年に東京JC大田区委員会委員長になるなど様々な活動をした後に2005年に衆議院議員選挙に出馬。

議員になってからは、内閣府副大臣や経済産業大臣政務官、広報本部副本部長など様々な仕事をし、実績を残してます。

 

筆者の個人的主観ですが、平将明は自民党の中でもかなりしっかりとした議員です。

 

平将明の政策は?

 

平将明の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

平将明は自民党の議員なので、基本的には自民党と同じ政策になります。

その中でも、平将明の際立っている部分は規制改革やイノベーション。

 

今流れがきているドローンやフィンテック、シェアリングエコノミー、自動走行などを積極的に推進していく方針です。

また、現在数社で独占されている公共電波をオークションにかけることで3兆円の財源を生み出していくと平将明は主張をしています。

 

平将明は2017年の政策を動画であげているので、投票前に見て判断することをおすすめします。

 

 

 

 井戸正枝

 

平将明の対抗馬として出馬するのが立憲民主党の井戸正枝。

 

井戸正枝は1965年生まれの51歳。宮城県仙台市出身。

宮城県第二女子高等学校、東京女子大学文理学部史学科を卒業しました。

 

その後東洋経済新報社に入社。松下政経塾9期生です。

2005年民主党から兵庫県議会議員補欠選挙で初当選。2009年に衆議院議員総選挙に兵庫県1区から立候補して当選を果たしました。

 

井戸正枝は法の狭間に苦しむ人を支援するなどして、2015年には貧困ジャーナリズム大賞を受賞しています。

 

井戸正枝の政策は?

 

井戸正枝の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

井戸正枝が1番に考えていることは、安倍政権の打倒。安倍政権の暴走を止めることを重要視しています。

憲法9条改正反対、安保法制の反対を訴えています。

 

また選択的夫婦別姓制度を推進したり、河野談話の見直しを反対しています。

 

難波美智代

 

希望の党から東京4区で立候補する難波美智代。

 

難波美智代は神奈川県横須賀市出身です。

仕事は金融、外資系、ITベンチャー、秘書など様々なことを経験しました。

 

社団法人シンクパール代表理事でもあります。

2009年に初期の子宮頸がんになった経験からNPO法人子宮頸がん啓発協会を起ち上げました。

女性の地位向上や病気について深い理解があるのが、難波美智代なのでしょう。

 

難波美智代の政策は?

 

希望の党から出馬する難波美智代はどのような政策なのでしょうか。

 

難波美智代はまずホームページがありません。

解散総選挙が意外な時期でもあったために、政策を訴える間もなく出馬したのでしょう。

 

また、希望の党は小池職が強く難波美智代の意見も通りにくいことが予想されるので、基本的に難波美智代の政策は希望の党の政策だと考えていいでしょう。

 

希望の党の政策は以下のとおりです。

 

1 我が国を含め世界深刻化する社会分断を包摂する、寛容な改革保政党を目指す。
2 国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。
3 国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。
4 平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。

5 税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。
6 国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍でき る社会づくりに注力する

 

青山昂平

 

東京4区共産党から立候補する青山昂平はどのような人物なのでしょうか。

 

青山昂平は静岡県出身の26歳。

今回東京4区から立候補する他の候補者と比べても圧倒的な若さです。

 

中央大学の出身で日本共産党の都青年部員です。

 

青山昂平の政策は?

 

青山昂平の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

青山昂平は基本的に考え方が一致している日本共産党員なので、日本共産党が掲げている政策が青山昂平の政策と考えていいでしょう。

日本共産党の政策は反安倍政権であり、反アベノミクスです。

 

また、モリカケについては追求、憲法改正反対、専守防衛の維持です。

青山昂平に投票を考えているのであれば、日本共産党の政策を見ておくのがいいでしょう。

 

当選?落選?得票数は?

 

平将明、井戸正枝、難波美智代、青山昂平の4人の中で誰が当選して、落選するのでしょうか。

また、得票数はどうなるのでしょうか。

 

予想する上でわかりやすいのが、前回の結果。

前回東京4区から立候補したのは、平将明です。

平将明の得票数は以下にあります。

 

 

平将明 109,377票 50.3% 自民党

藤田憲彦 48,441票 22.5% 民進党

山本純平 38,925票 17.9% 共産党

犬伏秀一 20,108票 9.3% 次世代の党

 

 

前回の選挙では平将明が約半分の得票数で当選しました。

強い平将明を倒すのには、野党共闘が必要不可欠ですが、今回も立憲民主党から井戸正枝、日本共産党から難波美智代が出馬する予定で票が割れることでしょう。

 

筆者個人的な予測では平将明が当選すると予想をします。

 

平将明、井戸正枝、難波美智代、青山昂平の4人が立候補した東京4区。

果たして誰が当選して、落選するのでしょうか。

辻清人、松尾明弘、鳩山太郎は当選?落選?得票数は?東京2区

2017年衆議院選挙。

 

また、国の命運を左右する国政選挙の時期がやってきました。

その中で注目されているのが東京2区。

 

東京2区から辻清人、松尾明弘、鳩山太郎の3人が立候補します。

果たして辻清人、松尾明弘、鳩山太郎の中で誰が当選して落選するのでしょうか?

 

そして得票数はどれくらいになるのでしょうか。

まずは3人の候補者について簡単にご紹介をして、選挙結果予測をご紹介します。

 

辻清人

 

まずは自民党から立候補する辻清人。

 

辻清人は昭和54年生まれの38歳。

4歳でカナダ・バンクーバーに移住をして17歳までカナダで過ごした国際感覚豊かな方です。

 

17歳で帰国した後に京都大学に入学。その後起業家輩出企業と言われているリクルートを経て、コロンビア大学公共政策大学院を修了しました。

ビジネスも政治も真剣に取り組んでいました。

 

東日本大震災後に帰国をして、平成24年に立候補して初当選。

過去2回衆議院選挙で当選をしています。

 

辻清人の政策は?

 

辻清人の政策はどのようなものなのでしょうか。

 

まず前提として辻清人はコロンビア大学の公共政策大学院を出ているだけではなく、ワシントンDCのシンクタンクやアメリカの国際問題研究所で外交や経済などを研究した経験がありかなりの政策通です。

 

海外で長く暮らしている辻清人は、日本のよさを痛感しているので「日本を愛する心」この志を持ち、政治家になりました。

 

参照:辻清人ホームページ

 

 

その志に加えて、今まで研究をしてきた経済や外交をてこにして日本を再建したいと考えています。

かなり抽象的な表現を重ねていますが、辻清人は自民党員なので基本的には自民党のマニフェストを見て政策を判断していくといいでしょう。

 

松尾明弘

 

辻清人の対抗馬として出馬するのが松尾明弘。

 

松尾明弘は立憲民主党から今回東京2区で立候補します。

昭和50年東京の世田谷区に生まれます。中学受験をして、私立武蔵中学に入学。

 

私立武蔵高校を卒業後に東京大学法学部を卒業しました。

卒業後はNTTに入社して、IT企業に転職をして、平成15年に社長に就任しました。

 

その後、司法試験に合格をして松尾千代田法律事務所を設立ししました。

松尾明弘は辻清人と同様、ビジネスの世界で頑張ってきた人です。

松尾明弘の政策は?

 

松尾明弘の政策はどのようなものでしょうか。

 

松尾明弘は安全保障については、「専守防衛に徹し、近くは現実的に、遠くは抑制的に、人道支援は積極的に」と専守防衛を訴えています。

憲法については人権、統治機構改革について積極的に議論をしていくとのことです。

 

子育てについては旧民主党政権が掲げていた子ども手当てを掲げています。

 

参照:松尾明弘ホームページ

 

 

鳩山太郎

 

3人目は鳩山太郎。

 

鳩山太郎はあの元総務大臣鳩山邦夫の息子。

親から受け継いだものがあり、その部分は他の候補者より有利といえるでしょう。

 

鳩山邦夫は1974年生まれで早稲田大学政治経済学部卒業。

早稲田大学卒業後は総務大臣の秘書官などを務めました。

 

鳩山太郎の政策は?

 

鳩山太郎の政策はどのようなものなのでしょうか?

 

鳩山太郎の政策は調べても見つからず、希望の党の政策や綱領のみが公表されています。

元総務大臣の息子といえど、小池百合子代表の影響力が強く、希望の党の政策=鳩山太郎の政策と考えていいでしょう。

 

希望の党の政策は以下のとおりです。

 

1 我が国を含め世界深刻化する社会分断を包摂する、寛容な改革保政党を目指す。
2 国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する。
3 国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする。
4 平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する。

5 税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す。
6 国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍でき る社会づくりに注力する

 

 

得票数予想

 

 

東京2区から立候補をした辻清人、松尾明弘、鳩山太郎の中で誰が当選、落選するのでしょうか?

そして、得票数はどうなるのでしょうか。

 

わかりやすいのが、前回選挙の結果なので、前回の得票数を見ていきましょう。

前回東京2区から立候補して今回も立候補するのが辻清人のみです。

 

東京2区2014年得票数

 

辻清人   103,954票 42..6%

中山義活  58,407票   23.9%

大熊利昭  44,450票 18.3%

石澤典明        32,296票 13.2%

犬丸勝子         4668票    1.9%

 

 

前回の総選挙では1位の辻清人が2位のダブルスコア近い大差をつけて当選をしています。

 

果たして辻清人、松尾明弘、鳩山太郎の中で誰が当選して、落選するのでしょうか。

投票まであと少しです。

 

 

 

山内崇、木村次郎、三国佑貴は当選?落選?北海道3区。予想。結果

2017年10月22日投開票の衆議院総選挙。

 

今回の総選挙は野党第一党の民進党が事実上の解党で、投票前から既に波乱が起きています。

自民党と希望の党、立憲民主党の3極の戦いとなりました。

 

青森3区での選挙戦はどうなるのでしょうか。

青森3区ではは希望の党が山内崇(やまうちたかし)、自民党が木村次郎(きむらじろう)、幸福実現党の三国佑貴(みくにゆうき)立候補します。

 

今回、青森県定数4だったのが3に減らしたために激戦が予想されます。

果たして、山内崇、木村次郎、三国佑貴の中で誰が当選するのでしょうか。

 

今回の選挙について調査したので、この記事で青森3区の当選、落選の結果予想をご紹介します。

 

山内崇

 

希望の党から出馬する山内崇。

 

当選、落選の前に山内崇がどんな人なのでしょうか。

 

参照:山内崇公式WEBサイト

 

 

山内崇は青森県弘前市出身で父親は元衆議院議員の山内弘で世襲議員で62歳です。

生まれてから高校まで青森県で過ごした後に、立教大学に入り上京します。

 

大学で学んだあとは、青森県に入り、企画部、農林部で経験を積み約15年。

青森県を退職して、青森県議会議員になります。

 

その後、2010年9月に民主党青森県連幹事長になるなど、実績を積んでいきます。

山内崇が所属している民進党は事実上解党をしたため、希望の党に公認申請。

 

希望の党の第一次公認に山内崇が認められたために、青森3区から出馬することになる。

 

 

山内崇は政策は?

 

気になるのはやはり山内崇の政策。

 

リベラルで反安保法案を訴えてきた民進党の青森県議会議員だった山内崇が希望の党から出馬することに関して疑問を持っている人も多いことでしょう。

 

2015年7月に行った街頭演説で山内崇は安保法案の強行採決について、「強行採決してまで衆議院を通してしまう政治は止めなければ」反対の姿勢を示していました。

 

弘前市では、党県連幹事長の山内崇(第4区総支部長)と副代表の今博がマイクを握った。
山内幹事長は「(安保関連法案は)国民の8割が説明不足と思っている。憲法違反の法律を(議員の)数が多いからといって、強行採決してまで衆議院を通してしまう政治は止めなければ」と訴えた。

引用:山内たかし公式webサイト

 

 

山内崇は安保法案に反対なのではなくて、強行採決に反対なのでしょうか。

いずれにしても、これから説明責任は求められるところでしょう。

 

 

安保以外で重要なのが、経済。

 

経済について山内崇はアベノミクス失敗、消費増税賛成の立場でした。

希望の党は、まだ経済政策を示していないのでアベノミクスの立場についてはわからないが、消費税については希望の党の考え方と山内崇の考え方が異なっている部分です。

 

 

消費税10%先送りに反対する政党がないにもかかわらず、国民の信を問う必要がどこにあるのか。国会に諮って先送りすればいいだけのことを、あえて解散総選挙を行う。そこに大義はないし、本当の意図は政権延命のためのリセットとしか思えない。
アベノミクスがうまくいかなくなったのならば、立て直す対策を講じるのが本筋ではないか。やっていることが姑息である。

引用:山内たかしホームページ

 

 

木村次郎

 

自民党から出馬する木村次郎はどんな人なのでしょうか?

 

木村次郎は名前の通り木村太郎の弟です。

あっ、トランプ大統領の当選を当てた木村太郎ではないですよ。

 

木村太郎は小泉内閣で防衛庁副長官や安倍内閣でふるさと担当内閣総理大臣補佐官になるなど活躍をしていました。

しかし、木村太郎はすい臓がんになり2017年7月25日に亡くなりました。

 

木村次郎は兄の死去もあり、青森3区から立候補することになりました。

毎日新聞では、木村家の意向を尊重して検討するとしていた。

 

木村次郎氏は青森県藤森町出身の49歳。

青森県立の弘前高校出身で大学は中央大学。

1991年に青森県に入庁をしている。

 

木村次郎氏は兄木村太郎氏の強力の地盤を受け継ぐことになる。

 

木村次郎の政策は?

 

木村次郎の政策はどうなのでしょうか。

 

木村太郎氏の死去に伴っての立候補で木村次郎氏は無名なので、まだどのような政策を打ち出していくのか明らかになっていません。

 

ただ当選しても1年生議員になるので、安倍総理の意向と地元の意向を考えながら、政治を行っていくことになるでしょう。

 

三國佑貴

 

幸福実現党の三國佑貴(みくにゆうき)は当選するのでしょうか?

 

三國佑貴は32歳ととにかく若い。

山内崇は62歳、木村次郎が49歳なので、若手のホープといえるでしょう。

 

三國佑貴は青森県弘前市出身で県立弘前高校を出ています。

 

参照:幸福実現党ホームページ

 

大学は日本大学商学部。

卒業に幸福の科学に入局します。

 

幸福実現党は宗教法人幸福の科学が母体です。

まだ若くてこれからの三國佑貴の政策は幸福実現党の政策と考えていいでしょう。

 

幸福実現党の政策は、以下のとおりです。

 

①安全保障

 

憲法9条を改正して、国防軍を保持。

スパイ防止法の制定。

日米同盟の強化。

防衛費倍増。

 

②経済政策

 

消費税減税5%、法人税10%台

大胆な金融緩和、規制緩和

電波オークションの導入

 

③宗教立国

 

 

幸福実現党の政策は安倍政権が進んでいる道を更に強くするものといえるでしょう。

 

更なる大胆な金融緩和、軍拡、スパイ防止法。

宗教色がある幸福実現党ですが、安倍政権が頼りない、もっと保守になれと思っているのであれば、三國佑貴に投票するのも1つの選択肢かもしれません。

 

 

山内崇、木村次郎、三國佑貴は当選、落選?

 

 

山内崇、木村次郎、三國佑貴の中で誰が当選、落選するのでしょうか?

 

参考になるのが前回の選挙。

前回の選挙での得票数を見てみましょう。

 

ちょっと選挙区は違いますが山内崇と木村次郎の兄木村太郎が出馬した2015年。

得票数は以下の通りです。

 

 

木村太郎 79,156

山内崇  38,106

 

 

木村次郎の兄木村太郎がダブルスコアの大差で当選しています。

前回の総選挙は自民党の追い風があったのもありますが、それにしてもかなりの大差です。

 

希望の党から山内崇が出馬するといっても、小池百合子人気は東京ほどないので順当にいけば木村次郎が当選、山内崇、三國佑貴が落選になるでしょう。

 

青森3区の投開票日は10月22日です。

みなさん、選挙に行きましょう。